松本まりかの年収は?結婚して子供はいる?高校生の頃にFFのリュックの声優をしていた?

松本まりかさんは1984年9月12日生まれ、東京都中野区出身。 家族構成は父親、母親、兄の4人家族。 小さい時は東京都中野区に生まれ、すぐに千葉に転居し小学校4年生の頃に都内に戻ってきています。 小学校は不明ですが小学校4年生までは千葉に小学校、それ以降は都内の小学校に通っていたでしょう。 かなり裕福な家庭に生まれ育った松本まりかさん。 テレビで母親の若い時の写真を披露した際、美人すぎてスタジオが騒然としました。 祖父が資産家で中野区に複数の土地をもっていて中野区の初めてのビルもこの資産家の祖父が建てたもの。 しかし裕福であるにも関わらず、祖父は孫である松本さん兄弟を厳しく育て、クーラーや暖房をつけなかったんだそうです。 そのほかにスキー場につれていき上級コースを滑らされたり、海に行っては海に投げ込まれたり、はちゃめちゃだったそうですが、そのおかげで体が丈夫に育ったんだとか。 中学校は不明。中野区のどこかでしょうけど、詳細は分かりません。 中学時代は本人が自覚するほどとにかくモテまくった。無敵、無双状態だったそうです。「中野美女四天王」なんてよばれていたとか。 モテたことも凄いですが、当時は物凄くスカウトされ多い時は1日10回以上スカウトから声をかけられました。 当時は芸能界に興味はなかったものの、あまりにもスカウトが来るので試しに芸能界に入ってみることに。 しかし仕事はあまり決まりません。なぜならもともと芸能界に興味がなくやる気もないんです。 それは仕事関係者からするとよく分かるのでしょう。やる気のない空気やオーラが会ったのかも。 高校は東京都杉並高校。 高校1年生のときに「六番目の小夜子」で女優デビューを果たしています。 高校生の頃は仕事が多く、みんなからの期待値も高い状態。別のドラマ「秘密倶楽部 o-daiba.com」では宮崎あおいさん、ベッキーさん、栗山千明さんなど現在芸能界で活躍中の女優、タレントを差し置いてヒロインとして起用されました。 その他にもファッション誌「ピチレモン」にレギュラーとして起用されるなど大活躍だった松本まりかさんは仕事と学業をしっかり両立し、留年することなく卒業しました。 その後は大学に進学することなく芸能活動を続けています。 しかしその後は仕事が減り、一緒にドラマ出演していた宮崎あおいさんや栗山千明さん、バラエティ番組で活躍するベッキーさんを見て焦りを感じていたんだとか。 そんな松本まりかさんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:石田汀花(いしだまりか) 生年月日:1984年9月12日 出身地:東京都中野区 身長:160cm 血液型:B型 職業:女優、タレント、ナレーター、声優 所属事務所:A-team 活動期間:2000年〜 33歳のときに転機が! 高校卒業以来なかなか活躍できずにいた松本まりかさん。 同期に活躍していた他の人はどんどん活躍していくのを見ていると悔しさや焦りを感じていました。 それでも腐らずにコツコツ仕事を続けていると33歳のときに転機が訪れます。 ドラマ「先に生まれただけの僕」 この作品で注目を集めると翌年のドラマ 「ホリデイラブ」 で女優としてブレイクすることに。 あざとかわいいという彼女の代名詞は、このドラマがきっかけになっています。 以降インスタグラムのフォロワーが爆増したりCMやテレビドラマに出演することが多くなった。 諦めうことなく頑張ってきたことがやっと認められたんでしょうね。 ■結婚しているの?子供はいるの? そもそも結婚していませんし、子供もいません。 今年で37歳になる松本まりかさんですが、子供がいないどころか結婚しておらず彼氏もいない状態らしいです。 これだけ美人で可愛いのに相手がいないとなるとかなりの闇を感じますね。 日本人女性の平均的な結婚年齢は30歳と言われていますが、その年齢になっても結婚できていない人にはそれなりの原因があります。 よく言われる「結婚できない女性」の特徴がこちら↓↓↓ ・出会いがない ・束縛が強い ・趣味に没頭している ・身なりを気にしなさすぎる ・我が強い ・ネガティブすぎる […]

桑子真帆の年収は?2020年の第71回NHK紅白歌合戦で内村光良さんと共に総合司会を務めるアナウンサー。今回の衣装はどんな感じ?身長はどれくらい?結婚してるの?

桑子真帆さんは1987年5月30日生まれ、神奈川県川崎市出身です。 家族構成は父親、母親、姉の4人家族。 小さい時や小学校の時の情報がほとんどありませんでした。NHKアナウンサーですからCMに出ることがなければメディアへの露出が少ないのも当たり前なんですけどね。 どこかの女子アナウンサーのようにアイドル的な扱いを受けることも少ないので安心して観ることも出来るでしょう。 あまり前に出てこない桑子真帆さんですが「好きな女子アナランキング」ではTOP10に入るほど人気は高いため歳を重ねるごとに人気と実力が伴ってきているでしょう。 中学は鴎友学園女子中学校。 高校は東京都鴎友学園女子学校。 中学高校共にブラスバンド部所属していたようですが、それ以外の情報は特にありませんでした。 大学は東京外国語大学 ロシア東欧過程。 大学ではチェコ語を先行。楽器が好きで「ブラジル研究会」というサークルに参加し、サックスや打楽器など担当していました。 学生時代の趣味は鉄道旅行。この頃からNHKのアルバイトをしたことがるんだとか。 NHKのアナウンサーを目指すきっかけは小学校時代に観た「クローズアップ現代」に出演していた国谷裕子さんに憧れたから。 好きな食べ物はアメリカンドック。聞き手は左。 桑子真帆さん自身のモットーは「素直でいること、感謝の気持を忘れないこと」 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:桑子真帆(くわこまほ) 愛称:くわこおねえさん、まほりん、くわまほ 生年月日:1987年5月30日 出身地:神奈川県川崎市 身長:158cm 血液型:A型 職業:NHKアナウンサー 勤務局:NHK放送センター 活動期間:2010年〜 アナウンサー試験を受けたにはNHKだけ。 特にマスコミ関係にこだわりがあったわけではありませんから、NHK以外では他方で求職活動をしていました。 2010年に見事NHKに入社することが出来、最初はNHK長野放送局で3年間所属しました。その後NHK広島放送局で2年間所属した後に、2015年に東京アナウンス室に移動となります。 地方アナウンサー時代は特に目立った露出はなかったものの、2015年に東京で勤務するようになり全国的に認知されることが多くなりました。 「ブラタモリ」でタモリさんのアシスタントとして番組に出演するようになってからは、大御所に対しても堂々とした物言いや立ち振舞が視聴者にウケ、その年から「好きなアナウンサー」TOP10に選ばれるほどになりました。 現在の担当番組 ・NHKニュースおはよう日本 ・大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる紀行 ・NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園 ・たけしのその時カメラは回っていた ■2020年NHK紅白歌合戦で内村光良さんと共に総合司会! 2019年は和久田麻由子アナウンサーがNHKアナウンサーとして総合司会を務めましたが、今年はコロナウイルスの影響で無観客での番組進行になります。 選考理由としてはいくつか噂されています。 ・桑子真帆さんのほうが過去2回総合司会を努めているため経験値が多い ・2015年から2017年に「好きなアナウンサー」TOP10に選ばれるほど人気が高い ・大物芸能人とも関わることが多く、対応能力が高いと判断された。 その他の要因もあるでしょうけど、無観客での開催という異常な状態でも対応できる能力があると判断され抜擢されたと考えると桑子真帆さんは相当能力が高いんでしょうね。 プライベートがよく分かっていないにもかかわらず好きなアナウンサーに選ばれるということは、そういう事を喋らないように気をつけつつも番組が盛り上がるにはどうしたら良いか、をよく知っていてそのための行動や発言が出来るからかも知れませんね。 自分の守るべきところはしっかり守りつつも攻めるべきはしっかり攻める、戦略的な事が得意かも。 一番になることはないけど常に高い人気と異常事態や大物芸能人に対応出来る器用さ、生まれ持った美しさに加えて高い知能と楽器を楽しむことが出来るセンスなど、どんな教育を受けたらこんな人が育てられるんでしょうね。 ■今年の衣装は… 前回の紅白歌合戦の総合司会の時はデコルテを露出したシャンパンゴールドのドレスで登場。 桑子真帆さんは基本的に朝の番組に出ることが多く、衣装も落ち着いていて露出の少ない物が多かったため、男性ファンからは熱烈な視線が注がれたんだとか。 この画像、衣装は反則!! 桑子真帆さんの画像を検索して出てくるのはこの画像。 パット見はグラマラスに見えますが、男の目は悪いですからね。実際にはネックレスがあってそれがまっすぐ垂れ下がっているので谷間に見えてしまいます。 桑子真帆さんには失礼ですが、そんなに… また身長を知りたがる人多いですが、158cmと日本女性の平均的な身長です。公式には発表していないようですが多くの芸能人と共演してその人と並んでいるとある程度の身長は予想できますね。 ■2018年に離婚。現在はフリー 男性の方、狙いましょう。 […]

miletの年収は?彼女の名前の読み方はミレイ!2020年に初の紅白歌合戦出場。年齢はいくつ?

魅力的な歌声のmiletさん。 自分のことはあまり語らない彼女。2019年からドラマの主題歌を務めるなど露出が目立ってくると、その歌声と美しいビジュアルに貴方も惹かれたでしょう。 1995年生まれで、出身は東京都。 家族構成は不明。 2018年から本格的に音楽活動を開始。同年10月にはイヴ・サンローランのイベントに出演し注目を集めることになった彼女ですが、幼い頃からクラシック音楽に触れる環境にありました。 兄の影響でシガー・ロスやビョーク、ブンブンサテライツ、アジアン・カンフー・ジェネレーションなど幅広く音楽を楽しんでいました。 小学校の頃から楽器を習い音楽大学を目指すほど音楽の魅力の虜になるとともに、映画の音楽についても興味を持つように。 始めは音楽の勉強をしていたが、映画音楽の勉強をしているうちに映画についての興味が強くなり、最終的には映像関係の勉強ができる大学に進むことになりました。 音楽に力を入れて活動するようになったのは2017年ころから。 他のアーティストの曲をカバーしたデモテープをソニー・ミュージックの関係者に聞いてもらうことが出来ました。 たまたま知り合いがソニー・ミュージックの関係者と繋がっていたから。結構運がいいのかも知れませんね。 デモテープから聞こえてきた歌声は関係者の耳に入り込み、彼らの脳内をジャックしたでしょう。 2018年からはレコード会社に紹介されたRyousuke”Dr.R”AaKaiさんとともにセッション形式で作詞作曲することに。 メジャーデビューは2019年3月6日。ONE OK ROCKのToruさんプロデュースの楽曲「inside you」でデビューし圧倒的な歌唱力で聞く人を魅了し、11の音楽配信サイトで1位を獲得しました。 同年8月にはテレビドラマの「偽装不倫」のエンディング曲「us」をリリースすると7つの音楽配信サイトで1位を獲得。 2020年6月3日には全18曲を収めたアルバム「eyes」をリリースするとオリコンランキングで初登場1位、Billboard JAPAN”HOT ALBUMS”で2週連続1位を獲得するなど、今激アツの最高のアーティスト。 そんなmiletさんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:不明 生年月日:1995年?月?日 出身地:東京 身長:約160cm 血液型:不明 職業:歌手 所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ レーベル:SME Records 活動期間:2018年 好きな食べ物:グミ 松岡茉優さんと同い年 プライベートなことは公表していないものの出身地や生い立ちは分かってきていますが、みんなが気になるのは一体何歳なのか? 実は2019年5月に松岡茉優さんがmiletさんインタビューをしたことで明らかになりました。 松岡茉優さんが1995年生まれの25歳。同い年であれだけの歌唱力と表現力があり、デビューから2年目で紅白歌合戦に出場するほど爆速なスピード感は恐ろしい。 ■milet(ミレイ) アルファベットだけで読むのはかなり難しいでしょう 名前の由来はまだ不明。 検索してみるとフランスの19世紀の画家「ジャン・フランソワ・ミレー」や無農薬野菜のウェブサイト、フランスのアウトドア用ファッションブランド、小惑星、マーシャル諸島の一部のミレー島、アイルランドの神話に登場するミレー族などが出てきます。 芸術や神話はmiletさんのイメージと近いので、この内のどれかを参考にしたのかも知れませんね。 ■大ヒットしたinside youとusの歌詞 inside you Where you’re going まだ明けない 夜は 愛想を尽かして 期待はもうしない あなたはもういない 凍りついた声 誰も溶かすことできずに ただ広がるspace 青いままのflames 遠く消える テールライト 照らして […]

菅田将暉の年収は?父親はどんな人?米津玄師とコラボした歌『灰色と青』コラボするきっかけとは?

菅田将暉さんは1993年生まれ、大阪府箕面市出身。 家族攻勢は父、母、弟2人の5人家族です。 小さい時は、女の子みたいにめちゃめちゃ可愛くて近所の人気者でした。虫が大好きで近くの公園や自然の中に入って虫を捕まえたり、カマキリとバッタを戦わせて遊んでいたそうです。 2匹を戦わせているとカマキリが勝っていたそうですが、当たり前ですよね笑。バッタは武器がないんだからカマキリのカマにやられちゃいます。 子供は時々酷いことしますよねー。 小学校は箕面市立西小学校。 当時は運動やスポーツが大好きで好きな科目が体育。地元のサッカークラブ『グリーンフルミネンセFC』に所属していました。 ポジションはトップ下かボランチ、日韓W杯の世代でベッカム選手に憧れていたんだとか。 同サッカークラブの1年後輩には2020年現在『V・ファーレン長崎』の亀川諒史(かめかわまさし)選手も所属していました。 当時から絡みがあったらしく、小学校の時からずば抜けてうまかったそうです。 現在も交流があり、連絡を取るようになったきっかけが2016年のリオデジャネイロオリンピックU−23日本代表がテレビに写りカメラが亀川選手を写した時に菅田将暉さんから連絡を取りました。 亀川選手を呼ぶときの愛称は『カメ』 中学校は箕面市立第一中学校。 中学に上がってもサッカーは続けていましたが、同時にピアノと水泳も習い始めました。 すべて自分からやりたい!と言ってから始めていたので親が強制的にさせたわけではありません。 しかし、やるからには中途半端にするのは嫌な性格の菅田将暉さん。一度始めたなら目標を立てて水泳ならバタフライができるようになるまでやる、ピアノならある楽曲が弾けるようになるまでやる。 目標を自分に設定しながら取り組んでいました。 ところが毎日毎日習い事をしていると、時々逃げたくなる時があるようで。 たまに習い事をサボって友達と遊んでいましたが、ここでお母さんが登場します。 『あんた!なにしてんの!?ほら!習い事行ってきなさい!あんたが自分でやりたいって言ったんでしょ!』 なんて言われながら連れ戻されることがあったんだとか。 高校は大阪府立池田高等学校。 この時はアメリカンフットボール部に所属していました。 池田高等学校のアメフト部の歴史は古く、創部から70年を誇る老舗の強豪チーム。 ポジションはクオーターバック(司令塔的ポジション)アメフトを始めたきっかけは人気漫画の影響らしく、記述はありませんがおそらく『アイシールド21』 当時週刊少年ジャンプで人気の作品で漫画やアニメも大人気で世代的にもぴったりですから。 高校時代はめちゃめちゃモテた 菅田将暉ファンなら知っているエピソードかもしれませんが、高校時代のある時の事。 学校の教室で昼寝をしていた菅田将暉さん。 ちかくで携帯のカメラの『カシャ』っという音が聞こえてきた。なんだろうと思って起き上がるとそこには学校の女子生徒が集まってきていました。 2008年には自身が応募した第21回ジュノンボーイ・コンテストに応募するとファイナリストにまで選ばれました。 アメフトで活躍し、ピアノが弾けて、経済的にも裕福で、イケメンでジュノンボーイのファイナリストに選ばれる。 モテて当然でしょう! ところがあまりにモテすぎたため、軽度の女性恐怖症になり積極的に関わることはしなかったようです。 芸能界を目指すきっかけはジュノンボーイ落選? 2008年、菅田将暉さんが高校2年生の時に応募し最終選考にまで残ったものの、受賞を逃しましたがジュノンボーイに出場したことがきっかけで、現在の事務所『トップコート』に所属することになりました。 その後の活躍については下記に記述しますね。 そんな菅田将暉さんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:菅生大将(すごう たいしょう) 愛称: 生年月日:1993年2月21日 出身地:大阪府箕面市 血液型:A型 身長:176cm 職業:俳優、歌手 所属事務所:トップコート 活動期間:2009年~ 2009年9月 仮面ライダーWの主演決定!初出演が初主演となったシンデレラボーイ 事務所に所属することが決まってからはマネージャーとともにテレビ局や雑誌の編集部など各所に挨拶をして回っていました。 ある日、挨拶回りで訪れた東映本社の関係者に『仮面ライダーのオーディションがあるんだけど受けてみないか?』と誘われて急遽オーディションを受けることになりました。 オーディションを受けにきていた応募者は約2000人ほどでしたし、急な参加だったので正直何も準備していませんでしたが、なんと一発合格し主演に大抜擢されることに。 このときまだ高校2年生でアメリカンフットボールの部活もしていましたが、俳優活動に専念するために引退することに。 同時に高校も中退しているので、学歴としては高校中退になってしまいますね。 この決断は菅田将暉さんにとって大きな決断であり、人生でこれまで泣いたことないくらい泣いてしまったそうです。 […]

早川信行(千鳥ノブ)の年収は?嫁はクラスのマドンナ⁉︎ツッコミのクセは『強い』じゃなく『スゴイ』理由

ノブさんは1979年12月30日生まれで、岡山県井原市出身です。 実家の家族構成は、父親、母親、お兄さんが二人、本人は末っ子。5人家族です。 出身小学校は井原市芳井小学校。 少年野球をやっており、ポジションはセカンドでした。 小学生の時からテレビが大好きで、卒業式の文集に書いた将来の夢は『日本テレビの社長』。 実家が東京ドーム20個分の山を所有しており大地主であり、そこの山の中に入っては山菜をたくさん撮って遊んでいたそうです。 マツタケが取れることもあったとのこと。 成績優秀であり、クラスからの人気も高かった。 中学校進学し、生徒会副会長に選ばれるほど。 中学生時代のノブさんはとっても真面目で生徒会副会長を努めていました。 出身中学校は地元の芳井町立芳井中学校(現在は井原市立中学校) 相方のダイゴさんに会うのは高校時代です。 ダイゴさんは当時不良だったのに対し、優秀で真面目な生徒会副会長のノブさん。 高校時代に出会った彼らはどのように仲良くなったのでしょうか? 高校時代に出会ったノブさんとダイゴさん。1年の時に同じクラスになり早速意気投合 出身高校は岡山県立笹岡商業高校。 高校生の体育の授業から仲良くなりました。 学校の体育祭ではダイゴさんが応援団長を務め、副団長をノブさんが務めていまいした。 仲は良かったがコンビを組んでお笑いとしての活動をすることはありませんでした。 ノブさん自身は当時からお笑いに興味があったが『自分には無理だろう』と諦めており、そのまま就職の道に進みました。 後にダイゴさんとコンビを組んで『千鳥』として大ブレイク!そんな『ノブ』こと早川信行さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:早川信行(はやかわ のぶゆき) 愛称:ノブ 生年月日:1979年12月30日 出身地:岡山県井原市 血液型:A型 職業:お笑い芸人 活動期間:2000年ー   ■ダイゴさんに騙されて芸能界入り!それでもM-1グランプリで決勝進出 ノブさんとダイゴさんは高校の同級生ですが、この時にはコンビを組んでいません。 お二人が卒業したのはおそらく1998年(平成10年) ノブさんはその後、大学に進学することなく就職しています。 就職先は広島県福山市のシャープの福山工場でした。 そこで営業マンとして勤務していましたが、ダイゴさんからお笑い芸人をやろうと誘われたのは二十歳の頃。 ダイゴさんはノブさんを誘う際 『自分は大阪でピン芸人として売れている。お前は俺と一緒に漫才をやるだけで売れるんやで』 という、ほぼ詐欺師的な誘い方に乗ったそうです。 その誘いに二つ返事で承諾し、務めていたシャープの福島工場へ辞表を提出し退職しています。 ちなみにシャープの工場で勤務した場合の年収はボーナス含め約300万程度です。 2000年に千鳥結成!2003年にはM-1グランプリ決勝に出場し大きな注目を集めた 誘われ方はどうあれ、こんな短期間で結果が出せるのはすごいですよね! 単純に天才なのか。ちなみに同期には あるある探検隊のレギュラーや、インパルス、ロバート、森三中、椿鬼奴など今でもテレビで活躍している芸人さんが多く、当時から競争率は激しかったと思われます。 クセが『強い』ではなく『すごい』のは理由があった コンビ結成当初から漫才のネタで相方のダイゴさんが変な歌い方をするのに対して『今までにないツッコミ』を模索していました。 『アレンジ強いな!』『べろべろの酔っ払いか!』『路上ライブのミュージシャンか!』など色々試していました。 そのなかで『クセがすごいな!』とツッコんだところ、ダイゴさんが大笑いしたんです。 そこでノブさんはこう思いました。『クセが強い』はあっても『クセがすごい』という言葉は存在しない。 今までに無い言葉だけど意味はしっかり通じるし、実際に相方は笑っている。ナゼか?面白いからだ。 その後、『アメトーーーーク!』に出演した際初めてその言葉を発した際、会場がドッと笑った。 2016年に同番組の流行語大賞にも選ばれ、彼らを代表するツッコミフレーズになりました。 ■ノブの奥様は学校のマドンナ 高校時代のノブさんはモテモテで、バレンタインデーにはチョコを渡しにくる女子が行列を作っていたほどでした。 […]

石破茂の年収は?自民党総裁選に惜しくも敗れる!防衛庁長官は軍事オタク!?

石破茂さんは昭和32年(1957年)2月4日東京都で生まれています。 出身は鳥取県八頭郡八頭町郡家です。 石破茂さんのお父さんは官僚で、その時は建設事務次官として務めていましたが、翌年の昭和33年(1958年)には鳥取県知事に就任しています。 お父さんの石破二朗さんは、茂さんが生まれた時、48歳でした。 シャイな方だったのか、自身の高齢を恥ずかしく思って、茂さんが生まれた病院へあまり行きたがらなかったそうです。 そこで、秘書の高岩さんという男性が代理として病院へ通っていたところ、病院側に「高岩さんが茂さんの父親」と間違えられたことがあったとのこと。 お母さんが国語教師だったため、小学校の頃は毎晩1時間くらい、偉人伝の朗読をさせられていたという。 お母さんが曽祖父金森通倫さんから続くキリスト教徒であったため、教会附属の幼稚園に通い、18歳のときにプロテスタント系では日本最大の組織である日本基督教団に属する鳥取教会で洗礼を受けています。 鳥取大学附属小・中学校、慶応義塾高等学校を経て、昭和54年(1979年)3月、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。 慶大2年在学中に、全日本学生法律討論会で第一位になった実績があります。 昭和54年(1979年)4月に、石破茂さんは三井銀行(現在の三井住友銀行)に就職することになります。 配属は東京都中央区にある本町支店で、日本橋の問屋街を自転車で廻り、中小企業の経営を体当たりで学んだ経験もあるそうです。 昭和56年(1981年)には、父・二朗さんが病気で逝去してしまいます。 その後、二朗さんの友人だった田中角栄氏からの薦めがあって、石破茂さんは政界入りを志したといいます。 「納得と共感の政治」という石破ビジョンを掲げるが自民党総裁選に落選! そんな石破茂さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:石破茂(いしば しげる) 生年月日:1957年2月4日 出身地:鳥取県八頭郡八頭町出身 血液型:B型 職業:政治家       ■アイドル、軍事、鉄道オタク! 1983年1月に株式会社三井銀行退行。 1986年7月旧鳥取県全県区より全国最年少議員として衆議院議員初当選(第38回総選挙)。 1991年には「政治改革を実現する若手議員の会」を結成しています。 1993年の宮澤喜一内閣不信任決議では、与党の一員でありながら賛成票を投じました。 その後自民党から役職停止処分が出たため自民党を離党。 1994年には新進党結党に参加しています。 1995年に小沢一郎さんが新進党の党首になると安全保障政策が違うと失望し、1996年の総選挙を前に新進党を離党し、無所属で出馬し、過半数を超えるトップ当選を果たします。 1997年3月に自民党に復党して、2000年の第2次森喜朗内閣で農林水産政務次官に任命されました。 2002年の第1次小泉純一郎内閣で、防衛庁長官に任命され初入閣を果たすと、アメリカ同時多発テロ事件の発生による有事法制の制定や、陸上、航空自衛隊のイラク派遣に取り組んでいます。 2007年の福田康夫内閣で防衛大臣に任命されました。 麻生内閣では農林水産大臣を務めますが、09年の総選挙で鳩山由紀夫内閣が発足して農水相を退任しています。 2009年の自民党総裁選では立候補せず、谷垣禎一総裁の下で自民党政務調査会長を務めています。 2012年の自民党総裁選の時は5人が乱立しましたが、1回目の投票で石破さんがトップの199票(地方票165、国会議員34)でしたが、過半数に達していないため決選投票になりました。 2回目の投票は国会議員だけの投票でした。 石破さんは55票上積みして89票を獲得しましたが、108票を獲得した安倍晋三氏に敗れています。 安倍総裁の下で、自民党幹事長に起用され、2012年の総選挙、2013年の第23回参議院議員通常選挙の陣頭指揮を執りました。 2014年の第2次安倍改造内閣では、紆余曲折があり、最終的に内閣府特命担当大臣と地方創生担当大臣に任命されています。 2016年の第2次内閣改造で「いつまでも続く政権はない。次は誰かがやらないといけない」と大臣を退任しました。 2018年9月自民党総裁選に出馬、安倍首相と一騎打ちになりましたが、及ばず敗れています。 そして2020年9月1日、8月28日の安倍首相の退陣表明を受けて、自民党総裁選挙に正式出馬を表明しました。 「納得と共感の政治」という石破ビジョンを発表しています。 総裁選の結果は、主要派閥の支持を受けた菅氏が圧倒的な勝利を収めた一方で、2位争いは、地方票でリードした石破氏を議員票で岸田氏が逆転する形となりました。 総裁選に立候補した3氏の得票数は、届け出順に以下の通り。 石破茂氏 =68票(議員票 26票/地方票 42票) 菅義偉氏 =377票(議員票 288票/地方票 89票) 岸田文雄氏=89票(議員票  79票/地方票 10票) 趣味は、料理(カレーには自信あり)、読書(特に漱石、鴎外、井上靖、五木寛之、福井晴敏)、遠泳。 好きな食べ物はカレー(大学時代は4年間カレーを食べつづけた)とコロッケ。 高校時代からアイドル歌手グループキャンディーズの大ファンであり、中でもミキ(藤村美樹さん)がお気に入り。 […]

岸部四郎の年収は?最盛期には1億8000万円の年収!?散財に散財を重ね自己破産!?

岸部四郎さんは1949年6月7日生まれで、京都府京都市の出身です。 9人兄弟の4番目に生まれています。 お父さんは元憲兵でしたが遊び人で、4畳半の部屋に親と兄弟9人が住んでいました。 妾と妾の子供も同居していたようで、母親違いの兄弟もいらっしゃいます。 最終学歴は中学卒業ということで、中学は京都府立近衛中学校を卒業されています。 中学卒業後は、印刷会社に就職。 後に退職しバンドボーイとなります。 タイガースのデビュー後にしばらく音楽面でのアドバイザーを務めた後、メンバーと渡辺プロダクションの援助で1968年(昭和43年)7月アメリカへ渡り、留学の名目で『ミュージック・ライフ』の音楽特派員として活動。 1969年(昭和44年)3月、タイガースから加橋かつみさんが脱退したため、兄・一徳さんからの電話によって呼び戻され、新メンバーとなりました。 加橋さんの後釜としてギターを担当するも、加入当初は実際には弾けず、弾く真似をしていたそうです。 また、タンバリンを演奏したり、加橋さんのヴォーカルパートを引き継ぎます。 岸部さんの加入により、タイガースもユニフォームをいつも着るのを止めたり、ステージのレパートリーではフォークソングやハードロックを取り入れるなど積極的にイメージチェンジを図り、それまでの「白馬に乗った王子様」的なアイドルのイメージより徐々に脱却。 敢えて積極的に近畿方言を話し、また当時のアイドルではタブーとされていたメガネを着用、そして司会を担当したステージでは軽快なトークを披露することで次第に好評を得た岸部さんは、その気さくなキャラクター性が受け入れられ単独でのTV出演をも果たしました。 ステージでは主に『花の首飾り』『ホリデイ』などそれまで加橋さんがソロを担当していた曲に加え、ドノヴァンなどのフォークソングも得意としています。 また1970年(昭和45年)には岸部一徳さんとのユニット「サリー&シロー」名義でもアルバムを発表。 この頃には、ある程度のリズムギターおよびタンバリンができるようになっており、1970年(昭和45年)8月22日の田園コロシアムに於けるコンサートや、1971年(昭和46年)1月24日の日本武道館に於ける解散公演では、実際に演奏しているのが確認されます。 離婚の慰謝料、連帯保証人、骨董に浪費で自己破産 そんな岸部四郎さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:岸部四郎(きしべ しろう) 生年月日:1949年6月7日 出身地:京都府京都市出身 血液型:A型 職業:歌手、俳優、タレント 活動期間:1969年-2013年       ■『西遊記』の沙悟浄役で人気を博す! タイガースの解散後にアメリカで知り合い交際を続けていた1歳年上の女性と結婚。 1971年(昭和46年)、ブレッド&バターに合流した後、当時所属していた渡辺プロ(現:ワタナベエンターテインメント)のザ・ピーナッツ、天地真理さんなどのステージで司会や、当時ブームとなった青春ドラマ等の俳優として活動。 1978年(昭和53年)、テレビドラマ『西遊記』(日本テレビ系列)に沙悟浄役で出演し、人気を博します。 『西遊記』収録の休憩時間、「俺は1億円持っている」と共演していた夏目雅子さんを口説いていたとのこと。 一方、ロケの仲間内で食事をしても、芸能人として先輩にあたる左とん平さんや堺正章さんばかりに勘定を払わせるなど「ケチ」で当時から有名であったそうです。 1984年(昭和59年)10月から、沢田亜矢子さんの後任として『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系列)の司会を務めます。 最初の妻との間に2人の子供がいますが、1986年離婚。 生来貯金が苦手なうえに、お人好しの性格で連帯保証人を次々に引き受けた事、自身も浪費癖があった事、また事業欲から無謀な挑戦(ヘリコプターのヘリコミューター、アメリカのディスコ買収等)を繰り返した事などで借金が雪だるま式に増えてしまい、税理士に調べてもらった結果、借金が1億円に膨らんでいたことが発覚(週刊女性のインタビュー記事によると実際は4億2000万円、『大御所ジャパン!』によると事業失敗で約20億円)。 自己破産に至りました。 その影響で、1998年(平成10年)4月6日に突如『ルックルックこんにちは』を自主降板し、所属事務所からも解雇され、芸能活動自粛を余儀なくされました。 一方、漫画家の青木雄二さんは一連の騒動について、「岸部の年収があれば破産の必要は無かった」と対応に疑問を呈しています。 翌年3月に破産宣告を受けます。 当時、他人の連帯保証が主因として、一種の被害者と報道されることが多かったですが、元々骨董のコレクションに傾倒し、破産以前に発売された雑誌『太陽』で「俺の目利きはかなりの物。コレクション売ったら購入価格以上になる。億はつかったけどこれは資産」、「骨董に嵌って破産するような奴は馬鹿」とコメントするなど、浪費癖が目立っています。 破産後に『文藝春秋』に寄せた手記でも、骨董品収集が破産の原因になったことを告白しており、自らの責任によるところも大きいです。 ちなみに、現在も「あまり貯金をしていない」とテレビ番組などで語っています。 自己破産以降、その自虐的な出来事を売り物にして、バラエティ番組に出演することが多くなります。 この頃から岸部さんは「貧乏キャラ」として再ブレイクし始めます。 2002年に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)では、1回の出演で計4回落とし穴に落ちる企画が放送され、落ちた落とし穴の中から「オレを誰や思うてんねん! 元金持ちやぞ!」「もう、カネしかないなあ!」との「迷言」を吐くなど、新たなキャラを開花させました。 2003年(平成15年)に脳内出血で倒れ、緊急入院。 生死の境をさ迷うも一命を取り留め、その後退院しました。 この後遺症で視野狭窄を患い、右目の視野が3分の1しかないことを自身のブログで告白しています。 2005年(平成17年)、ドラマ『電車男』に主役の伊藤淳史さんの父親役で出演した頃から、旧芸名「岸部シロー」も使うようになっています。 彼が詐欺師役で出演したドラマ『クロサギ』の最終話では、かつての自己破産経験を思わせる台詞を発しています。 2007年(平成19年)4月6日、14歳下の再婚の妻が心臓発作により急死。43歳没。 亡くなられた奥様との間にお子さんはいなかったとのこと。 奥様が亡くなるまでは、奥様と二人で仲良く暮らされていたようです。 この頃から、岸部四郎さんの主な面倒は兄の岸部一徳さんがみていたみたいです。 […]

菅義偉の年収は?猛烈に働いた大学時代!?冗談が言えない堅物!?

菅義偉さんは1948年12月6日生まれで、秋田県雄勝郡秋ノ宮村出身です。 家族はご両親と、2人のお姉さん、義偉さん、弟さんで、4人兄弟の長男です。 お父さんの菅和三郎さんは、元南満州鉄道の職員で、当時は花形産業の仕事に就いていました。 待遇も良く子宝にも恵まれて、順風満帆の日々だったようです。 ところが、終戦を迎えて生活環境は一変してしまいます。 家族が味わった苦労からお父さんは、お米だけに頼るのではなく、違う農作物にも目を向けるとして、イチゴの栽培を始めたのです。 「秋の宮いちご」のブランド化に成功して、その後町議会議員などを務めます。 お母さんやお叔父さん、お叔母さんは元教員で、お姉さん2人も高校教諭になりました。 菅義偉さんの出身小学校は雄勝町立秋ノ宮小学校(現:湯沢市立雄勝小学校)です。 家と小学校までは約100mほどしか離れておらず、そのため、友達がいつも押しかけてきたそうです。 とくに月刊冒険王の漫画を読みたくて毎月配達される日は家の前に友達が大勢待っていたそうです。 菅義偉さんは、とても優しい性格の少年で、開封後は友だちに優先で貸し出していたんだとか。 菅義偉さんの出身中学校は雄勝町立秋ノ宮中学校(現:湯沢市立雄勝中学校)。 菅義偉さんは運動神経抜群で、中学時代は野球部に所属しています。 1番打者で守備はサードでした。 スイングフォームが独特で、よく監督に指導されていたそうですが、構えを指導されても、自分のやり方を変えようとしない程の頑固者だったそうです。 独自のスイングを貫けたのは、ちゃんと結果を出せていたからと当時の野球部仲間がおっしゃっています。 結局、監督も指導を諦めたそうですが、現在の性格は既に出来上がっていたようですね。 高校は秋田県立湯沢高等学校に進学し、第3学年では進学組に所属していました。 高校卒業後、「東京へ行けば何か変わるかもしれない」という思いで、農業大学を勧めた父親に反発し上京したものの段ボール工場で働いています。 秋田県にいた頃と変わらない状況を打開すべく、働いて貯めたお金で授業料が一番安かった法政大学法学部政治学科に入学。 法政大学に入学後、ガードマン→新聞社の雑用→カレー屋などのアルバイトをかたっぱしからやっています。 学業とアルバイトで忙しいのに、空手部に所属して副主将を務めています。 三段まで昇格しています。 根性があったんですね。 卒業後は建電設備株式会社(現:株式会社ケーネス)に入社しました。 嘘がつけず、冗談もない堅物! そんな菅義偉さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:菅義偉(すが よしひで) 愛称:令和おじさん 生年月日:1948年12月6日 出身地:秋田県雄勝郡秋ノ宮村出身 血液型:O型 職業:政治家       ■大学時代は空手部で、三段の腕前! <市会議員> 1975年、政治家を志し、法政大学を通じて第57代衆議院議長中村梅吉秘書の紹介により衆議院議員小此木彦三郎氏の秘書となり、11年間務めます。 1983年、小此木氏の通商産業大臣就任により大臣秘書官に就きました。 1987年、横浜市会議員選挙に出馬し、初当選。 市議を2期務めます。 横浜市政に大きな影響力を持っていた小此木氏の死後、当選回数たった2回だけで小此木氏の代役として秘書時代の人脈を活かして高秀秀信市長から人事案などの相談を受けるなどの活躍をし「影の横浜市長」と呼ばれました。 <衆議院議員> 1996年、第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬し初当選。 竹中平蔵総務大臣の時に総務副大臣として情報通信、郵政を担当します。 2006年、自由民主党総裁選挙で再チャレンジ支援議員連盟の立ち上げに参加し、安倍晋三氏を擁立する原動力となります。 9月発足の第1次安倍内閣で総務大臣(郵政民営化担当大臣を兼務)に任命され、また12月には内閣府特命担当大臣の補職辞令を受けました。 2007年、第21回参議院議員通常選挙敗北を受けた内閣改造で、安倍氏が菅氏の内閣官房長官起用を模索しましたが、直前に菅氏に事務所費問題が発覚し実現せず、自民党選挙対策総局長に就任。 選挙対策委員長に古賀誠氏が就任すると、古賀氏に手腕を買われて副委員長として衆院選対策に引き続きあたることになります。 2009年、古賀氏が辞任後、選対委員長代理として総選挙を取り仕切ることになります。 第45回衆議院議員総選挙で5選。 2010年、自民党国会対策副委員長及び広報本部本部長代理に就任。 2011年、自民党組織運動本部長に就任。 2012年、自由民主党総裁選挙に先立ち、甘利明氏の協力を得て安倍晋三元総理の総裁復帰を画策して、麻生太郎氏まで引き込んで安倍氏を総理にします。 […]