新庄剛志の年収は?2020年に現役復帰を目指したトライアウトの結果は…!現役時代の伝説や現在の状況など




1972年1月28日生まれ、長崎県下県郡美津島町出身で福岡県福岡市南区育ち。

家族構成は父親、母親、姉の4人家族です。

小学校は福岡市立長丘小学校。

小さい時は裕福な家庭ではなかったものの庭石運びや他の仕事の手伝いしていくうちに自然と身体能力が鍛えられていたんでしょう。

この頃からスポーツ万能で小学校低学年の時はサッカーを始めていて、小学校2年生のときからソフトボールをはじめました。

小学校5年生のときには自ら部員を募集し少年野球チームを作る活動をしていてエースで4番を努めていました。現在商品プロデュースやアーティスト活動をしていますが、自分から何かを作るのが得意だったことが分かりますね。

中学校は福岡市立長丘中学校。

中学の時には軟式野球部で主力選手として活躍していましたが特に目立った成績は有りませんでした。

チームが全国大会に出場する際にわざとメンバーから外されるようなこと有りましたが、監督いわく「試練を与えた」

何の試練か分かりませんが当時から肩や足の速さなど並外れた身体能力だったことも有り、チームのメンバーが新庄剛志頼みにならないようにチーム全体のレベルアップのためにわざとベンチ入りメンバーから外したと考えることも出来ますね。

高校は福岡県西日本短期大学付属高校。

硬式野球部に所属しており高校3年生の1989年の夏の甲子園の福岡予選では決勝進出まで勝ち上がりました。

新庄さんはエースで4番、あと1勝すれば甲子園進出でありましたが一歩届かず準優勝。

しかし新庄さんの身体能力の高さ、野球センスはプロの目に止まっており試合があればプロのスカウトがチェックしに来ていました。

新庄さん自身高校生の時から「プロ野球選手になる」と公言しており、高校3年生卒業後は阪神タイガースに入団する流れに。

ちなみに阪神タイガース入団時の契約金は2800万。高校生が貰う金額とは思えませんね。現在はどれくらいもらっているんでしょう?

気になる年収を徹底調査しました!!

■プロフィール





本名:新庄剛志
生年月日:1972年1月28日
出身地:長崎県下郡美津島町
身長:181cm
血液型:A型
職業:タレント、実業家、画家、商品プロデューサー、クリエイターなど
所属事務所:ZE MANAGEMENT
活動期間:1990年〜
阪神タイガースの1軍戦手として出場したのは1991年9月10日の東京ドームでの巨人戦の9回表。第だとして出場しタイムリーヒットを放ち、初打席初ヒット初打点を記録するという素晴らしいスタートを切りました。

外野手としてのイメージが強い新庄さんですが始めは内野手として出場しており外野手として出場したのは1992年の7月ころから。

それ以降は外野手としてレギュラーに定着しました。

新庄剛志が伝説を残し始めるのはもう少し先の話…

メジャーリーグにも挑戦し日本人で初のワールドシリーズを経験するなど、素晴らしい人生を歩んでいる新庄さん。

まずは2020年のトライアウトの件から触れていきましょう。

■現役復帰を目指したトライアウトではどの球団も…





2020年

プロ野球ファンの中で大きなニュースが入ってきました。あの伝説のエンターテイナー「新庄剛志」がプロ野球界に戻ってくるかも知れない。

このNEWSには賛否両論の意見がありました。

「面白そう!」「楽しみ!」「プロ野球が盛り下がっている今、また盛り上げてほしい」「注目度が上がればプロ野球を目指す子どもたちが増えるかも」

など良い意見がある一方で

「絶対に無理」「プロ野球をなめている」「50近いおっさんが活躍できるわけがない」「自分に酔っていないか?」「こいつを取る球団なんかない」

など否定的な意見も多く上がりました。

ある現役選手はこうツイートしています



143キロのボールに当てるのも凄いですがその後の走塁や身のこなしを観ても、50歳近い人間の動きじゃないですよ。

第4打席ではレフトへのタイムリーヒットを放っていますが、他の選手と同じくらいの打球の速度。

考えてほしいのですが例えば高校生の時にバリバリ部活で活躍していた人が10年後同じような動きできますか?それだけ足がついていきますか?体が動きますか?その前に体型は変わっていませんか?

特にプロスポーツ選手が引退したあとはほとんど力士並みに体が大きくなってしまいます。

その原因は現役選手時代と同じくらい食べるからなんです。食べるのは同じでもそれを消化するほどの運動はしないので自然と体が大きくなっちゃうんです。

しかし新庄剛志選手の現在の姿を観ると分かりますが、現役時代と殆ど変わっていません。

現役復帰を目指したのはお姉さんを元気づけるため

心情さんには2歳上のお年さんがいて小さいときには文武両道の才女であり偏差値70以上の難関高校に通っていましたが、現在は難病と闘病中とのこと。

ただの目立ちたいが為の挑戦ではなく身内を元気づけるための挑戦だったことを知ると、一層新庄剛志という男の人間味を感じますね。

■現役時代の数々の伝説



新庄剛志といえば今までの野球選手像を大きく塗り替えた野球選手でありエンターテイナーですよね。

有名な話では阪神タイガース時代に試合の最終回で敬遠の為に大きく外したボール球を無理やりバットに当ててサヨナラ勝利を導いたり、北海道日本ハムファイターズ時代にはオールスターに選ばれた際にユニフォームに胸に自分の名前に変更したり、黄金のバットを使用したりと見る人の心に残るスタープレイヤーでした。

派手なパフォーマンスが多い印象の新庄剛志さんですが、プロス野球選手としての身体能力も高いことを忘れてはいけません。

ここで新庄剛志さんが今までに残してきた伝説を振り返ってみましょう。

敬遠の球をヒットしサヨナラ勝利

1999年の巨人戦。試合は4対4の同点、12回裏、ワンアウト1,3塁でバッターが新庄選手。

当時絶好調の新庄選手と対戦するのは危険と判断した巨人バッテリーは敬遠を選択。ピッチャーはストライクから大きくハズレたボールを投げるがそこは新庄剛志のバットの範囲内!!



これがサヨナラヒットとなり阪神タイガースの勝利を掴みました。

この時新庄さんは監督に対してアイコンタクトで「打っていいか?」と合図したそうで監督もそれに返答したという話があります。

オールスター史上初のホームスチール

2004年のオールスターゲームの第2戦

ピッチャーが投球しバッターは空振り、ボールはキャッチャーミットへ。

キャッチャーはボールをピッチャーに返しますがそのときにサードランナーの新庄選手が!!!



実はこの時新庄選手は相手ベンチに対してアイコンタクトをしていたそうで「いっていいか?」と合図したところ、ベンチにいたセ・リーグの選手たちが「いけ!いけ!!」と返事したことで生まれたプレーだと言われています。

粋なエンターテイメントですねー

着れる服が少なくなるからウェイトトレーニングはしない

おしゃれが好きな新庄剛志さんは野球選手でありながらファッションショーに出演したり、モデルを務めることもある幅広く活躍するスター。

あまりウェイトトレーニングをしないこと有名な彼ですが、その理由が似合う服が少なくなちゃうからしない、そうです

■新庄剛志の年収は?





新庄剛志さんの現在の年収は

約5000万円

Jawinのイメージキャラクターを努めています。イメージキャラクターの年収の相場が500〜1500万。

新庄剛志さんクラスの実績と知名度があれば上限いっぱいの1500万をもらってもおかしく有りませんね。また、VIDAN「加圧シャツシリーズ」のCM出演もされていて、CM1本の相場が3000万程なので合計で5000万くらいの年収があってもおかしくないはず。

2020年は行っていませんが、アーティスト活動をして個展を開いたり商品のプロデュースを手掛けたりCD作成、ファッションショー出演、ファッション誌掲載、映画製作、本の執筆、ラジオ番組出演などプロ野球選手だったとは思えないほど幅広い活躍をしていますので、知らないどこかで大きく稼いでいても不思議じゃないですね。

現在もバリ島に住んでいてそこそこの年収がある噂はありますがどうなんでしょうね。

■まとめ





小さい頃から身体能力が高く人一倍の行動力が有り自分で人数を集め野球チームを作る実行力がある新庄さん。

抜群に野球センスで小学校からエースで4番を務めるスター選手であり阪神タイガースに入団してからも持ち前のスター性を十分発揮して活躍し、伝説を残し始めました。

2000年にFA権を取得しシーズンオフにフリーエージェント宣言をすると、誰も予想していなかったメジャーリーグのニューヨーク・メッツに移籍することになりました。

その後ニューヨーク・メッツ→サンフランシスコ・ジャイアンツ→ニューヨーク・メッツとわたり歩き、2004年に日本ハムファイターズに入団し2006年に引退しました。

MLBではそれほど年収は高くなかったもののそれ以上の経験ができたでしょう。

引退したあともタレント活動やプロデュース業、モデルなどたくさんのことに挑戦している姿を見ると勇気づけられますね。

今回のトライアウトの結果は残念な結果になりましたが、形を変えてプロ野球に関わる仕事をやるかも知れないので今後の動向もチェックしていきたいと思います。

記事が面白いなと思ったら友達に教えたり、シェアしてくれると嬉しいです。
最後まで『芸能お金図鑑』を読んでいただいてありがとうございました。

出典
Wikipedia
ヒーローキャスティング
芸能人有名人学歴偏差値.com
nobicom
スポーツ情報

コメント