橋本奈々未(乃木坂46)の年収は?全国模試1位!?引退後の現在は何してる?





橋本奈々未さんは1993年2月20日に北海道で生まれています。

家族構成は、お父さん、お母さん、橋本奈々未さん、4歳年下の弟さんの4人家族です。

お母さんは「怜奈(れいな)」と名づける予定でしたが、友人が先に使用してしまったため、父親が「なな」という名にこだわり「奈々未」と名づけました。

お父さんはとても厳しい人で、箸の持ち方などのマナーをしつけられたとか。

また、本気で怒るときには「奈々未さん!」とさん付けするのが怖かったそうです。

お母さんは教育熱心で、幼稚園児時代から平仮名や掛け算を習い、基礎学力を叩き込まれました。

そんな橋本奈々未さんの実家は、とても貧乏だったようで生活は苦しかったようです。

水道やガスが止まることもあったそうです。

小学生の頃は、 伝記を読むのが趣味でした。

中でも、”ガリレオ・ガリレイ”と”徳川家康”の伝記が好きだったそうです。

小学4年生の時全国模試で1位を獲得しています。

すごいですね。

その頃の将来の夢は公務員、弁護士でした。

小学6年生の時、身長が163センチあったことから小学校のバスケットボールクラブに所属し、レギュラーで出場しています。

橋本奈々未さんの出身中学校は、旭川市立永山中学校です。

中学生時代はバスケットボール部の副部長を務めました。

中学校を卒業後、北海道旭川西高等学校へ進学し、バスケットボール部のマネージャーを務めます。

高校2年生の夏、そのバスケットボール部がインターハイに出場した時に、生まれて初めて北海道を出ました。

また当時から臭覚が鋭く、驚いたことに部員のTシャツを汗の臭いで嗅ぎ分けることができたそうです。

高校時代は現役看護婦でありながらシンガーソングライターとして活躍する瀬川あやかさんと同級生で親友でした。

高校卒業後は、空間デザインを学ぶために、上京して武蔵野美術大学に進学しています。

親に頼りたくないという思いから、大学の学費や生活費を自己負担として節約して生活していました。

大学1年生の夏、ロケ弁欲しさに、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションを見つけ、応募しています。

2011年8月21日乃木坂46の1期生オーディションに合格しました。

アイドル業もお金のため!
そんな橋本奈々未さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:橋本奈々未(はしもと ななみ)
愛称:ななみん
生年月日:1993年2月20日
出身地:北海道旭川市出身
血液型:B型
職業:歌手、女優
活動期間:2011年-      


■両親に家を購入!







2011年乃木坂46の1期生オーディションに合格後、暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は前列でした。

オーディションは事前練習なしで受験し、面接官の「得意な動きをしてください」というとっさの求めにブリッジを披露しています。

2012年2月22日乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。

2012年5月2日乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務めています。

2013年1月13日乃木神社で成人式を迎えました。

2013年4月7日『BAD BOYS J』(日本テレビ)のテレビドラマにヒロインの由本久美役でレギュラー出演を開始しています。

2013年4月8日『ZIP!』(日本テレビ)の「川柳女子」のコーナーにOL役としてレギュラー出演を開始。

2013年7月8日『SUMMER NUDE』(フジテレビ)の月9ドラマに石狩清子役で出演。

2014年仕事上の都合で通学が困難になり、美術大学を中退。

2015年3月23日ファッション誌『CanCam』の専属モデルに起用されます。

2015年8月28日初のソロ写真集『やさしい棘』を発売。

写真集は週間推定売上2万607部を記録し、2015年9月7日付のオリコン週間ランキングのBOOK総合部門で4位、写真集部門で1位を獲得。

2016年10月17日乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」で初のセンターを務めることが発表されました。

2016年10月20日『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で2017年2月20日を目処に乃木坂46を卒業し、芸能界から引退する意向を表明します。

引退理由は家庭の経済状況が変わり、弟の大学費用も免除され、母親から「無理しないで好きなことをしてください」と言われたからだそうです。

2016年11月9日乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」の収録曲「ないものねだり」で初のソロ曲を務めました。

2017年2月20日ソロ写真集『2017』(小学館)を発売。

24歳の誕生日である2017年2月20日にさいたまスーパーアリーナで開催された『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE~橋本奈々未 卒業コンサート~』を以てグループから卒業し、芸能界を引退しました。

橋本さんは引退後、ソニーのスタッフとして働いているという噂があります。

2018年の[Japan Expo]にソニーのスタッフとして「=love」(イコラブ・指原莉乃さんのプロデュースによるアイドルグループ)の運営に携わっていたというフランス人女性からツイッターが寄せられていますが、公式の運営から「橋本奈々未に関するツイートを消して欲しい」という要請があったそうで、本当のところは分かっていません。




まっすぐな性格から、だれに対しても、何に対しても、どんな場面でも、常にそのもの自体の本質を見抜こうという姿勢で立ち振る舞っていて、その姿に多くのファンが魅了されています。

その一方で、アイドルとしての姿としては、近寄りがたいような雰囲気を醸し出しでしまったため、孤立感のあるアイドルとして扱われることもありました。

クールな外見とは裏腹に、恥ずかしがりやだったりお茶目な一面もあるようで、幼稚園のころはなかなか自分を出せなくて、クラスのいじめっ子の女子に意地悪されていたそう。

デビュー後には、自身の性格について「芸能界に向いていない」と語っています。

まっすぐゆえにあらゆるものに対して愛情が深く、特に家族への愛が深いです。

芸能界に入った理由は自分の生活や弟の学費のためと語っており、両親に家を購入したりと、とても親孝行な姿に、引退後の現在も惹かれるファンが多いようです。

好きな男性のタイプについては、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京)にて、“理想の”男性に求める5つの条件を発表しています。「黒髪ボブ」「スウェットとかトレーナー」「背筋がある人」「冷たそうな目」「京都デート」の5つを挙げています。

趣味は、読書、バスケットボール観戦、散歩、長風呂。

地元の北海道旭川市が作品にたびたび登場する村上春樹の作品を好んでおり、「ノルウェイの森」は何度も読み返しています。

他にも幅広いジャンルの本を読みます。

特技は、臭覚、けん玉、ホイッスルを吹くこと。

犬並みの嗅覚を持ち、乃木坂46のメンバーを臭いでかぎ分けることができるそう。

他にも、色彩検定、珠算検定、語彙・読解力検定の資格を持っており、アロマテラピー検定、料理検定などの取得も考えています。

また、大学時代には美大だったこともあり、photoshopやIllustratorの経験があります。

好きな食べ物はエスニック系、海鮮、果物、生肉(特にレバ刺し)、ラーメン。

■橋本奈々未さんの年収は?






橋本奈々未さんの年収はいくらくらいだったのでしょうか。

推定年収は1200万円です。

普通のOLをしていたら稼げない額の年収で、これで弟さんの学費を出したり、ご両親に家を購入していたりしていたのでしょうね。

きっと橋本さんのことだから、堅実に貯蓄をして引退後に備えていたのでしょうね。





いかがでしたか?

橋本奈々未さんは実家が経済的に苦しく、芸能界に入ったのも自分の生活や弟さんの学費のためと語っていますが、アイドルへの執着が薄く、さばさばしているようです。

しかし、ご両親に家を購入したり、弟さんの学費を出したりできて、アイドルとして働いた甲斐がありましたね。

幼少の頃から英才教育を受けて、才能豊かな橋本さんのことですから、芸能界を引退して普通の女性になっても きっといろいろと活躍されていくことでしょう。

グッドラック!

(出典)
(ウィキペディア)
(トレンドニュースどっと東京)
(芸能人有名人学歴偏差値.com)
(タレント辞書)
(SHOW HOLIC)


コメント