松井珠理奈(SKE48)の年収は?2020年秋に卒業コンサート!?その勝負強さとは!?





松井珠理奈さんは1997年3月8日に愛知県に生まれています。

家族は、ご両親と一人っ子の松井珠理奈さんの3人家族です。

松井珠理奈さんの出身小学校は、愛知県の春日井市立山王小学校です。

松井さんはご両親に厳しく育てられたそうで、そのためか礼儀正しさは業界内でも定評があります。

子どもの頃から活発な女の子でした。

運動神経がよく、スポーツも得意で小学校時代はドッジボールクラブに所属していました。

小学3年生の頃からはヒップホップダンスを始めています。

小学校時代は学級委員を何度も務めたことがあり、当時から責任感が強かったと思われます。

松井珠理奈さんは、小学校入学前から「可愛い服をきた女の子が魔法を使うアニメ」が好きだったといい、ステッキのおもちゃや衣装でなりきって遊んでいたそうです。

ドラマ『ROOKIES』(TBS系)などの学園ドラマが好きだったという松井珠理奈さん。

8歳の頃にみたドラマ『瑠璃の島』(日本テレビ系)の成海璃子さんを見て女優に憧れたそうです。

年齢が近い成海さんが主演しているのを見て、『自分もこういうふうになりたいな』って思っていたと明かしています。

小学校6年生の時、2008年7月31日に『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2,670名、最終合格者22名)しました。

出身中学校は春日井市立知多中学校、高校は私立の菊華高校です。

菊華高校は2012年に新設されたスポーツアクトコースに入学。

その名の通りスポーツと芸能コースです。

芸能活動を考えて、芸能コースを選びました。

芸能活動に専念するためか、大学へは進学していません。

2008年10月5日の「SKE48チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演で選抜メンバー16名の一人としてデビュー。

11歳228日で、AKB48 10thシングル表題曲「大声ダイヤモンド」に選抜入りします。

元AKB48の奥菜奈美さんが持つシングル選抜メンバー選出最年少記録を更新しました。

中学1年生の時にはAKB48の12枚目シングル「涙サプライズ」で前田敦子さんと共にセンターを務めています。


世界選抜総選挙で1位を獲得!
そんな松井珠理奈さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:松井珠理奈(まつい じゅりな)
愛称:じゅりな、じゅりたん、おじゅり、じゅりぼう
生年月日:1997年3月8日
出身地:愛知県出身
血液型:B型
職業:歌手、女優、アイドル
活動期間:2008年10月5日


■アンチに負けない芯の強さ!







2009年以降「ヘビーローテーション」「フライングゲット」などのAKB48の代表曲の多数に選抜メンバー入りしています。

2010年発売のSKE48の3rdシングル表題曲「ごめんねSUMMER」、SKE48の4thシングルの表題曲「1!2!3!4!ヨロシク」では松井玲奈さんとダブルセンターポジションを務めています。

2010年の「マジすか学園」でドラマ初主演。

2011年1月12日の深夜ドラマ「モウソウ刑事!」で初主演。

ファッション雑誌「ラブベリー」6月号より同誌の専属モデルを務めています。

2011年の「WAYA!」で映画初主演。

2012年2月4日高校入試に合格したことを発表。

松井珠理奈さんは2012年3月24日に期間限定でAKB48チームKを兼任することが発表されますが、4月6日に体調不良で休養します。

4月14日に、日本ガイシホールで開催されたコンサート「SKE48春コン2012(SKE専用劇場は秋までできるのか?」で14日ぶりに復帰。

コンサート1曲目には、ソロ曲「枯葉のステーション」を歌っています。

6月1日AKB48劇場で行われたチームK 6th Stage「RESET」公演に初出演。

AKB48チームKとしての活動を本格的に開始。

5月から6月にかけて、高校1年の時にAKBの総選挙で初のトップ10入りとなる9位となりました。

10月31日に発売のAKB48の28thシングル「UZA」では、大島優子さんとダブルセンターを務めました。

2013年9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』で優勝し、初めて単独でのセンターポジションを担当することとなりました。

2014年9月9日初写真集『Jurina』(集英社)を発売。

10月22日(21日深夜)に放送された『AKB48のオールナイトニッポン』において、AKB48チームKの兼任を解除し、SKE48専任となることを発表。

12月24日AKBチームKとしての活動を終了(兼任解除)。

2016年の「死幣」で連続ドラマ初主演を果たします。

2017年12月、ドラマ「豆腐プロレス」およびプロレスの広報活動が評価され、2017年度プロレス大賞特別賞を受賞。

21歳の時2018年5月から6月にかけて実施された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』において念願の1位を獲得しました。

7月7日体調不良のため、活動を当面休止するとグループの運営会社が発表します。

9月6日SKE48劇場で行われた劇場公演において82日ぶりにファンの前に登場し、活動を再開しました。

10月25日配信開始の「センチメンタルトレイン 完全版」ではセンターを務め、完全復帰を遂げました。

2019年4月18日から上演される『SKE48版「ハムレット」』の主人公・ハムレット役で、舞台初出演。

9月25日体調不良のため休養することを発表。

10月21日活動再開を発表。

11月21日仕事復帰を報告。

2020年2月7日SKE48劇場で行われた『チームS 6th Stage「重ねた足跡」』公演でSKE48からの卒業を発表。

9月26日・9月27日に日本ガイシホールで卒業コンサート、10月5日に卒業公演を開催予定。





好きなタイプ 松井珠理奈さんの好みのタイプの男性は、何事にも一生懸命な人です。

その他には、楽しむときは楽しむ、やるときはやる、というけじめのつけられる人とのこと。

昔はGACKTさんがタイプでしたが、プロレスにハマってからはプロレスラーのオカダカズチカさん、棚橋弘至さんのような男性を好んでいます。

松井珠理奈さんの性格はSKE48の女王といわれるだけあり、ひたすらに真っ直ぐで、パフォーマンスでも運動会でも勝負事はどんなことでも勝ちにこだわる性格です。

そのため、総選挙の順位が振るわなければ悔し涙を流し、リレーで負けただけでも大号泣しています。

デビュー当時は、鬼軍曹として名高い牧野アンナさんのレッスンにて、「この中でいま本気でパフォーマンスをしたと胸を張れる奴はいるか?」と尋ねられ、他のメンバーが恐怖で立ちすくむ中、11歳だった松井珠理奈さんは一人だけ真っ直ぐ手を挙げる芯の強さを見せました。

牧野アンナさんは「たしかにお前はそうだな」と彼女を認めたそうです。

松井珠理奈さんの現在は後輩のために時間を掛けてダンスを教えたり、SKE48の先頭に立ち、その人生を掛けて引っ張っていく姿がよく見られています。

実際には甘えん坊なところもあり、同期の元メンバー大矢真那さんや松井玲奈さんなどによく甘える姿が見られたり、篠田麻里子さんや小嶋陽菜さんなどを姉のように慕っています。

松井珠理奈さんの趣味はプロレス、料理、ダンスです。

松井珠理奈さんの特技はテーブルクロス引きです。

その他には近年は作詞を手掛け、AKB48の「大声ダイヤモンド」「RIVER」「希望的リフレイン」や、SKE48の「Escape」などの作曲を手掛けた井上ヨシマサさんと共に楽曲制作をすることもあります。

松井珠理奈さんは当時11歳の時に2008年10月22日、AKB48のメジャー10作目のシングル「大声ダイヤモンド」にて、青天の霹靂ともいえる大抜擢をされましたが、そのことが多くのアンチと呼ばれる敵を作ることになってしまいました。

他の先輩メンバーと並んでの握手会の際に彼女だけ握手してもらえなかったり、骨折していたことを隠して活動していた時も「サボって遊んでいる」と言われたり、眼の疾患のために眼帯をして音楽番組に出演した時も「一人だけ目立とうとしている」と揶揄されたり、これまで計り知れないほどの数の罵詈雑言を浴びてきました。

その度に「もう自分はいないほうがいいのかもしれない」と思い卒業を考えたこともありました。

しかしある日、自宅にて松井珠理奈さんのお母さんが何も言わずにパソコン画面を見せてきて、「どうせ嫌なことが書かれているのだろう」と思いながら見てみると、そこには多くのファンからの応援コメントがあり、それから彼女はアンチに負けず、ファンのために頑張ろうと決心したそうです。

そのため、現在では昔の自分のようにアンチに苦しめられている後輩メンバーの存在を知ると立場の違いや他グループであることは関係なく声を掛けたり、食事に連れて行ったりしています。


■松井珠理奈さんの年収は?






松井珠理奈さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

推定年収は2600万円だそうです。

SKE48の活動の他に、テレビドラマ、映画、CM、自身の写真集を出すなど多岐に渡った活躍がこの収入を生み出しているのですね。





いかがでしたか?

真っ直ぐな性格で、負けん気の強い松井珠理奈さん。

じゃんけん大会で優勝したり、総選挙で1位を獲得したりとその勝負強さが感じられます。

アンチにも負けず、ファンの応援を武器に頑張ってくださいね。

応援しています。

(出典 ウィキペディア)
(出典 タレント辞書)
(出典 ディアナイト)
(出典 BIGLOBEニュース)
(出典 芸能人有名人学歴偏差値.com)

コメント