知念侑李の年収は?お父さんがオリンピックの銅メダリスト!?その甘えん坊の性格とは?





知念侑李さんは1993年11月30日に静岡県浜松市に生まれています。

家族は両親とお姉さんとの4人家族です。

お父さんは、バルセロナオリンピック体操団体銅メダルの知念孝さんです。

すごいですね。

お母さんはジャズダンスの先生で、お姉さんはG-Rocketsのダンサーです。

スポーツ万能の家族ですね。

知念侑李さんは、体操銅メダリストのお父さんの運動神経を継いで、4歳の頃からバク転ができたそうです。

小学校は浜松市立和田小学校を卒業。

中学は浜松市立天竜中学校に入学しますが、東京へ移ったため杉並区立宮前中学校に転校し、卒業しています。

3歳のころからダンスを習い、嵐のコンサートで大野智さんがソロで踊っていたのを見て感動し、ダンスを仕事にしたいと思うようになりました。

2003年9歳の時に、ジャニーズJr.のオーディションを受けました。

同日、オーディションを受けた中には、のちのメンバーとなる有岡大貴さんもいました。

その日はちょうど香取慎吾さん主演の映画『NIN×NIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』のオーディションがあり行くように言われます。

しかしダンスをやりたいと思っていたため映画のオーディションには乗り気でなく、「ぼく眠いから行きたくない」と泣きながらお母さんに訴えますが見事合格し、映画初出演を果たしました。

同年テレビドラマ初出演で初主演となった『七子と七生 〜姉と弟になれる日〜』が平成16年度文化庁芸術祭優秀賞受賞を受賞しました。


人懐っこく甘えん坊!
そんな知念侑李さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:知念侑李(ちねん ゆうり)
愛称:ちぃ
生年月日:1993年11月30日
出身地:静岡県浜松市出身
血液型:AB型
職業:歌手、俳優
活動期間:2003年-


■お父さん譲りの運動神経で‌バク転が得意!








2006年、2学期の終わりに静岡から東京へ引っ越し、ジャニーズJr.内ユニット・Kitty Jr.に所属。

その後2007年4月からのKAT-TUNの全国ツアーに合わせて結成された期間限定ユニットHey! Say! 7のメンバーに選ばれます。

KAT-TUNのバックダンサーを務めていた時に、山田涼介さん、中島裕翔さん、有岡大貴さん、髙木雄也さんと共にジャニー社長に呼ばれ、「YOUたち今日からこれだよ」とホワイトボードに書かれたHey! Say! 7というグループ名を見せられました。

TBS系アニメ『ラブ★コン』の主題歌に起用された「Hey! Say!」で8月1日にCDデビューを果たしました。

ユニットは当初は同番組で主題歌が流れる9月までの期間限定とされていましたが、同ユニットに新たなメンバー5人を加えて発展させたHey! Say! JUMPが結成されることになりました。

同年11月14日に「Ultra Music Power」でCDデビューしました。

Hey! Say! JUMPは当時高校生だった年長メンバー・Hey! Say! BESTと当時小中学生だった年少メンバー・Hey! Say! 7の2つに分かれても活動することが決まり、知念さんはHey! Say! 7に所属します。

2009年6月、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんと中山優馬さん w/B.I.Shadowとともに7人組ユニットNYC boysを期間限定で結成。

しかし第60回NHK紅白歌合戦に出場が決まり、世間の認知度が上がったことから期間限定が解除され、ユニットの活動継続が決定され、2010年4月にはそのうちの知念さん、山田さん、中山さん3人でNYCとしてシングル「勇気100%」をリリースします。

メンバーの山田さんとともにHey! Say! JUMPとNYCの2つのグループを掛け持ちすることになります。

2012年2月17日Hey! Say! JUMPの山田涼介さん、中島裕翔さんとともに堀越高等学校を卒業。

同年7月 – 9月期の日本テレビ系テレビドラマ『スプラウト』で、連続テレビドラマ初単独主演を果たします。

この『スプラウト』と『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』の演技により、雑誌『TVnavi』の読者が選ぶ「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012」の最優秀新人賞[男優]を受賞しました。

2014年、『超高速!参勤交代』で10年ぶりに映画単独出演し、映画は第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞しています。

2016年、映画『金メダル男』で内村光良さんとダブル主演を果たします。

2017年公開の映画『忍びの国』で憧れの先輩である大野智さんと初共演しました。

両親とお姉さんが体操選手であったこともあり、自身も「体操に携わる仕事をしたい」と思っていたところ、2017年世界体操競技選手権(カナダ・モントリオール、2017年10月2日 – 10月8日)の中継放送『世界体操 カナダ・モントリオール2017』(テレビ朝日)の番組プレゼンターに起用されました。

お父さんが体操教室を開いていることから、子どもの時から体操にはなじみがあり、コンサートでもたびたびバク転を披露していますが、『世界体操』のプレゼンターに選ばれ、事前番組で見事な跳馬、あん馬、ゆかの演技を披露しました。

その後、2018年、2019年と3年連続でプレゼンターやメインキャスターを務めます。





知念侑李さんの好みの女性のタイプは、よくしゃべり、よく笑う人、明るくて話が合う人、甘えさせてくれる人、お姉ちゃんタイプの人、話しかけやすい雰囲気を持っている人、サバサバしている人です。

外見については、ショートカットの子に魅力を感じる、ファッションは清楚かつ、カジュアルで派手じゃない服装が好きと語っています。

このように具体的な好みをいろいろ挙げる一方で、知念さんは常々「結婚願望はない」と話しています。

知念侑李さんは人なつっこい性格のようですが、人見知りの部分も持っていたりと、接する人によるのかもしれませんね。

また、Hey!Say!JUMPのメンバーに対しても一番年上の薮さんを「宏太」と呼び捨てにしてみたり、山田さんの事を「涼介は僕の財布」と言ってみたりこんな小悪魔的なところもあるようです。

20代になった現在でも他の8人のメンバーからとにかく可愛がられており、甘えることが許されています。

実際、10代の頃は髙木雄也さんや有岡大貴さんなどの膝の上に乗ったり、膝枕で寝てしまったりしていたそう。

また岡本圭人さんと歩いている途中、知念が疲れて眠くなってしまい、岡本さんがおんぶしたこともあったとのこと。

山田涼介さんは知念さんと同い年にも関わらず、10代の頃からいろいろ面倒を見ています。ちなみに知念さんは山田さんのことをスマホの連絡先に「財布」と登録しています。

知念侑李さんは基本的には無趣味でしたが、最近では動画撮影やゲームをするようになりました。

動画撮影をするようになったきっかけは、もともと自身が動画サイトをよく見ていて、自分もできるのではないかと思ったことだそう。

メンバーの山田さんには「何が楽しいのかさっぱりわからない」と言われていますが、撮影より編集作業が楽しいそう。

メンバーの楽屋での風景もよく撮影しており、いつの日か、コンサートで使われる映像の制作にも関わりたいという夢があります。

知念侑李さんの特技は、ジャズダンスとバク転です。

母親がジャズダンスの教師をしていたことから3歳でダンスを始めています。

ジャニーズに入所後ももちろんそれは生かされており、覚えも非常に早いです。


■知念侑李さんの年収は?






知念侑李さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

推定年収は700万円だそうです。

ジャニーズ事務所の給料の決め方は年功序列だそうです。

ジャニーズ事務所に入った順番で基本給が決まるとのことです。

これからジャニーズに長くいれば、給与もどんどん伸びていくでしょうね。





いかがでしたか?

身長が低いせいか、グループの中で可愛がられる知念侑李さん。

おんぶしてもらったり、膝枕で寝てしまったりと、まるで子供のようにメンバーに甘えて許されるキャラはお得ですね。

その甘えん坊の性格が、知念さんの魅力の一つでもあります。

これからもその魅力が歌に演技に反映され、幅広く活躍されることを期待しています。

(出典 ウィキペディア)
(出典 SHOW HOLIC)
(出典 YOUジャニ)
(出典 芸能人有名人学歴偏差値.com)

コメント