長嶋茂雄の年収は?現在の年齢は?好きな歴史上の人物は?妻は東京オリンピックのコンパニオン!?




長嶋茂雄さんは1936年2月20日に千葉県印旛郡臼井町に、兄1人姉2人の4人兄弟の末っ子として生まれています。

生家は農家でしたが土地を貸し、お父さんは臼井町役場の収入役や助役として働いていました。

幼少時代東急フライヤーズの大下弘や大阪タイガースの藤村富美男のプレーに魅了され野球選手を志すようになります。

子供の頃は阪神ファンだったとのこと。

小学4年生からお兄さんの影響で野球を始めました。

当時は終戦間もないということもあって道具が揃えられず、お母さんのお手製のボールとグラブで、初めて握ったバットは青竹を割ったものでした。

小学校6年生の時にお兄さんが所属していた地元の青年野球団のハヤテ・クラブに入団します。

中学校は、臼井二町組合立中学校に入学し、野球部に入部します。

1951年4月には地元の名門千葉県立佐倉第一高等学校に進学。

2年から4番打者を担いますが、高校時代はほぼ無名でした。

南関東大会に千葉代表校として出場。

第1回戦熊谷高校との試合では敗れたものの、6回表に高校公式試合自身唯一の本塁打を放ち、その飛距離が350フィート(約107m)と特大だったため、野球関係者から注目を集めることになりました。

プロ野球からスカウトが来ましたが、お父さんが進学を希望し、読売ジャイアンツからのプロ入りオファーを長嶋さんに知らせないで断っています。


何事もあきらめずに続ける長嶋さん
そんな長嶋茂雄さんの気になる年収を徹底調査しました!!




■プロフィール





本名:長嶋茂雄(ながしま しげお)
愛称:ミスタージャイアンツ、ミスタープロ野球、ミスター、チョーさん、燃える男など
生年月日:1936年2月20日(2020年3月現在で84歳)
出身地:千葉県印旛郡臼井町(現千葉県佐倉市)出身
血液型:B型
職業:元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督、読売ジャイアンツ終身名誉監督、日本プロ野球名球会顧問、ジャイアンツアカデミー名誉校長




■天覧試合9回裏でサヨナラホームラン!





立教大学野球部推薦入学順位2位で合格。

1954年立教大学経済学部に進学。

同年6月にお父さんが急逝しています。

お母さんが行商などをして家計を支えることになりました。

立教大学では杉浦忠投手(南海ホークス)、本屋敷錦吾内野手(阪急ブレーブス、阪神)とともに「立教三羽烏」と呼ばれ、1956年の春季リーグ戦と1957年の秋季リーグ戦で首位打者を獲得する活躍を見せました。

読売ジャイアンツから説き伏せられ、お母さんが在京の球団を希望したこともあって、入団します。

契約金は当時最高額の1800万円、年俸は200万円でした。

三冠王というのは、首位打者、最多本塁打、最多打点の3つのタイトルを獲得することですが、長嶋茂雄さんは1958年には本塁打王と打点王の二冠を達成しています。

惜しくも首位打者争いは2位となり新人での三冠王には届きませんでした。

1959年には昭和天皇が試合を観戦するというプロ野球史上初の天覧試合が行われました。

巨人対阪神で、お互い譲らず4対4で迎えた9回の裏、昭和天皇の観戦は21時15分まで決められていてそれまでに決着がつかなかったらどうするかと関係者が頭を悩ませていましたところ、 長嶋さんが9回の先頭打者でサヨナラホームランを打ち、約束の3分前に決着をつけました。

ここぞというみんなが打って欲しいと思っている時に、打てるというのが長嶋さんのすごいところですね。

1974年中日が20年ぶりのリーグ優勝を決めて、巨人のV10が消えた日、とうとう長嶋茂雄さんが引退表明をしました。

「我が巨人軍は永久に不滅です!」というのは有名な言葉です。

2013年に国民栄誉賞を受賞。


■座右の銘は「快打洗心」!





長嶋茂雄さんは自身の性格については「セッカチですが、物事を放り出すことはありません。投げ出さずに一歩ずつコツコツ物事を続けるのは習い性になっています。 毎日少しずつでも物事を積み上げ、最後まであきらめない」と述べています。

座右の銘は「快打洗心」。

飛田穂洲の「一球入魂 快打洗心」から借りたもので、現役時代のサインにはこの言葉を添えることが多かったそうです。

監督時代のサインには快打を取り「洗心」あるいは洗まで取り「心」という言葉を添えていました。

好きな歴史上の人物は二宮尊徳(金次郎)で長嶋家の庭には二宮金次郎の石像があります。

「豪雨被害のニュースを新聞で読み、テレビで見て溜息交じりで庭に目をやると金次郎が目に入る。その姿に奮い立つのです。」と語っています。

1964年10月報知新聞社の「ON五輪をゆく」という企画で東京オリンピックのコンパニオン数人と対談をした際に、その中の一人西村亜希子さんに一目ぼれし、同年11月26日に婚約。

翌1965年1月26日に結婚し、2男2女をもうけています。

長男長嶋一茂さんはプロ野球選手からタレント。

次女長嶋三奈さんはスポーツキャスター。

次男長嶋正興さんは自動車レーサーから環境活動家になっています。



■長嶋茂雄さんの年収は?





長嶋茂雄さんの年収はどのくらいだったのでしょうか?

1958年 23歳の時の年俸は180万円。

1972年 36歳の時の年俸は4920万円。

1974年も4920万円。

この4920万円というのが長嶋茂雄さんの最高年俸となっています。

現在の価値にすると1億円くらいとのことです。

現在の年収はいくらくらいでしょうか。

現在は読売ジャイアンツの終身名誉監督で、株式会社読売巨人軍の専務取締役の役員報酬があります。

その役員報酬が年収1億円とのことです。

これだけあれば、ゆとりの老後が送れますよね。すごいですね。


■まとめ





いかがでしたか?

長嶋茂雄さんの何事も放り出さずに、コツコツと物事を続ける粘り強い性格が偉大な記録を作ったのですね。

その生き方は多くの人の心を惹きつけ続けていると思います。

「あきらめずに続けること」で運が開けてくるということを学ばせていただきました。

どうぞお体お大事になさってご活躍くださいね。

(出典 ウィキペディア)
(出典 偉大なスポーツ選手.com)

コメント