メンタリストDaiGoの年収は?DaiGoはいじめられていた?!人生を変えた壮絶ないじめ体験とは?!


メンタリストのダイゴ(DaiGo)さん、最近はテレビへの出演が激減していて、少し心配になりますよね。

ところがダイゴさん、涼しい顔をして実はものすごい大金を稼いでいるようですよ!!

今回はそんなダイゴさんの気になる年収を徹底調査しました!!



■プロフィール





ダイゴ(本名:松丸 大吾)さんは1986年11月22日生まれ、千葉県出身です。

高輪高等学校を卒業後、一浪して、慶應義塾大学理工学部物理情報工学科に入学し卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程中退しています。

本人は高校時代、大学は東京大学しか目指しておらず、現役時、一浪時と東京大学しか願書を提出していませんでしたが、一浪時は母親がこっそり慶應義塾大学にも願書を出しており、本人も受験し合格したそうです。

入学直後も日々挫折感を味わっていたが、周りの大学生と同じことをしていては駄目になると悟り、それから図書館にこもるようになり、そこでメンタリストになるきっかけを得ることとなったと言います。

現現在はテレビの露出こそ少なくなりましたが月に2冊本を出版していたり、企業のコンサル、講演会、本の出版、ニコニコ動画、いろんなところで活躍しています!



■ダイゴの人生を変えた壮絶ないじめ体験とは?!





ダイゴさんは8年間という長い期間をいじめられながら過ごしてきたそうです。

そのいじめの内容というのもあまりにも酷く、

「トイレの個室でバケツの水をかけられるのは、1方向であればバケツの重みで動きが見えるのでかわせるのですが、3方向から来ると、どうやってもかわせないんですよね。それをやられた後の授業は、1人だけ体操服で受けてました。」

「画鋲をシューズに入れられる時、かかとの部分に両面テープで張ってるだけだとそんなに痛くないし、すぐ治るけど、シューズのつま先の方に入れられると、シューズを履く時につま先をとんとんってしますよね?あの時に親指の爪と皮膚の間に入ってめちゃくちゃ痛いんですよ。しかも場所的に蒸れるので、なかなか治らない。」

というあまりにおぞましいものだったようです・・。

しかも、いじめは生徒達だけでなく、教師も一緒になってやってきたと言います。

そして、いじめられ過ぎていくうちに「自分はいじめられてもしょうがない人間なんだ。」と思うようになり、抵抗する気力すら起きなかったそうです。

そんな中、人生が激変する出来事が起こります。

今までは自分の悪口とかをひたすら言われてきたダイゴさん、その日は母親の悪口を言われたそうです。

母親っ子だったダイゴさんは頭に来て、そのときはたまたま図画工作の時間で、近くにナタがあり、それをその悪口を言った生徒めがけて投げつけたのです。

しかし、ハンドボール投げが5メートルもとばないダイゴさん。

近くの壁に当たり、そのまま終わったそうです。

それから2週間は学校を休み、またこれからいじめられると思っていたが違いました。

誰一人いじめてこなかったそうです。

でも、それもそのはず、本気で怒らせたらいじめた側は何されるかわからないですから。

そして、気付いたそうです。

「自分が自ら行動し、変われば、こんなにも世界がかわるのか。」と。

自ら行動し、変わることで見える世界が変わったと実感したダイゴさんは、自分の全て変えていきます。

太った身体を痩せた身体にし、クラスで下から3番目の成績をクラスで上から3番目の成績に、そしてメガネからコンタクトに変えるなど、いじめられていた時の自分と真逆に変えていきました。

そして、また更に見える世界が変わっていったそうです。

以下は、ダイゴさんの言葉です。

「今の私があるのは、あのいじめのおかげ。いじめられていなかったら、今頃普通の人生を歩んでいた。 だから、いじめてきた人達には本当に感謝している。 もしその人達に会ったら、『あなたのおかげで、あなたが生涯かけて稼ぐお金と同じくらいの金額を、僕は1年で稼ぐことができています』って伝えますね。まあ、1発かましますけど。笑」

人生激変とはまさにこの事ですね!



■ダイゴの驚愕の年収!!





壮絶ないじめから一転した人生を歩みだしたダイゴさん。

『あなた(いじめ加害者)が生涯かけて稼ぐお金と同じくらいの金額を、僕は1年で稼ぐことができています』と言っていますが、一般的なサラリーマンの生涯年収は3億円と言われています。

しかしダイゴさん、豪語するだけのことはありました!

なんとダイゴさんの年収は 6億円!!という驚きのものでした!

では一体どのようにしてその年収を得ているというのでしょうか?気になる年収の内訳を調べてみました。

企業コンサルの収入

メンタリズムを生かして恋愛のマッチングサイトのコンサルをしたり、あらゆる分野の企業からのコンサル依頼に対し、1社あたり月間で100万円という金額でお仕事を引き受けているそうです。

もし、常に何社かコンサルを継続して行えば、それだけで一月でサラリーマンの年収をあっという間に稼いでいることになります。

講演料の収入

依頼された内容に合わせ、内容を必ず変えて講演しているというダイゴさん。その講演料がなんと1回あたり破格の300万円以上といいます!

なぜそんなに高額なのか?という質問に対し、「本気の案件しか受けたくない。金額が高いほど、学びが大きい。」という事らしいです。

受ける側の意識を上げるには、本気度を上げるにはやはり受講料を高額に設定することで自己投資のできる本気の人だけが集まり、結果的に、実績が出るということになるんだと思います。

動画サイトの広告収入

ダイゴさんのYouTubeチャンネルにはなんと154万人のチャンネル登録者がいます(2019年9月20日現在)。

そのためYouTubeの広告収入はおそらく毎月300万円~500万円程度稼いるのではないかと予想しています!

そして、ダイゴさんはほぼ毎日動画を配信し、「後半をニコニコ動画で配信しますよ。」とニコニコ動画のチャンネル登録(有料で500円/月額)に促しています。

YouTubeで広告収入を得つつ、さらなる次のビジネスへ自然に誘導するダイゴさん。

そして、そのダイゴさんのニコニコチャンネルは月額540円で、ほぼ毎日の生放送を見ることができ、更に今まで放送された動画が700本以上見放題ということで、既に会員数が10万人を超えており、単純に計算するだけで、5000万円以上になります。

そして、ニコ動には再生回数により報酬が発生する仕組みもあるようなので、何れにしてもかなりの金額を稼いでいることがわかります!

印税収入

なんとダイゴさん、2週間に1冊出版しているという凄まじいペースで本を出版しています。

1週間で1冊出版すると、年間で48冊となり、普通なら10%程度の印税を16%もらっているそうです。

本の印税に関しては具体的にどのくらいの金額になるかわかりませんが、おそらく、年間数千万円はくだらないと思います!



■まとめ





ダイゴさんは現在はテレビをほぼ引退した形になっていますが、唯一無二のパフォーマーとして自分がテレビで活躍するより『DaiGoメンタリズム』を誰もが使えるようにするためのセミナーを開いたり、本を書いて広めるなどの活動に重きを置きたくて引退したようです。

しかし、いつかまたあのスゴ技をテレビで披露しお茶の間を衝撃に沸かせてほしいものです!



コメント