伊野尾慧の年収は?ミルクフェイスがたまらない!?そのテキトー王子と言われる性格とは!?

伊野尾慧さんは1990年6月22日に埼玉県入間市に生まれています。 家族はお父さんとお母さんと妹さんとの4人家族です。 伊野尾慧が子どもの頃はよく女の子に間違えられたそうです。 お父さんはは卓球で全国大会に出場したことがあるほどの実力で、伊野尾慧さんも中学時代卓球部に所属していました。 しかし小学校~中学校時代は運動は苦手だったそうで、卓球部でも幽霊部員でした。 幼い子がテレビ番組で歌い踊る姿を見て「ボクも出てみたい」と思い、母親に頼んで小学3年生の時にジャニーズ事務所へ履歴書を送りましたが、返事が来たのは小学5年生になってからでした。 2001年10歳でジャニーズ事務所に入所しています。 所属してからは、ジャニーズJr.のユニットのmint・J.J.Expressなど、多数のユニットに参加していました。 Hey!Say!7のメンバーに選ばれなかった時は、悔しさのあまりお母さんに相談したところ「悔しい気持ちはきちんと伝えた方がいい」と言われ、ジャニー社長に伝えに行ったそうです。 2006年7月、期間限定ユニットKitty GYMのメンバーに選ばれ、山下智久さんらとともにフジテレビ系列『女子バレーボール ワールドグランプリ2006』のスペシャルサポーターを務めました。 その後Kittyとしても活動します。 2007年9月24日、Hey! Say! JUMPのメンバーとなりました。 高校は東洋高校を卒業しています。 芸能活動がしやすい高校に進学しなかったのは、仕事以外の友達が欲しかったからだそうです。 しかし、Hey!Say!JUMPとしてデビューすると友人がいなくなったと、かなりつらい高校時代を過ごしたことを雑誌で語っています。 高校に行く意味も卒業する意味も見出せませんでしたが、母親に「本当にそうか?」と問われ、高校卒業資格を取って大学に行けば高校に行った意味もあると考え、高校2年の時に大学進学を決めました。 2009年1月5日、横浜アリーナで開催されたHey! Say! JUMPのコンサートで、明治大学理工学部建築学科にAO入試で合格したことを発表しました。 仕事が少なかったので毎日大学に通えたそうです。 4年後の2013年、同学科を卒業。 そのミルクフェイスにデヴィ夫人もメロメロ! そんな伊野尾慧さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:伊野尾慧(いのお けい) 愛称:伊野ちゃん、伊野尾ちゃん、慧くん、慧ちゃん 生年月日:1990年6月22日 出身地:埼玉県入間市出身 血液型:A型 職業:歌手、俳優 活動期間:2001年- ■‌発言がテキトーで「テキトー王子」! 伊野尾さんは大所帯のグループの中で写真撮影などでも中心ではなく端の方にいる事が多かったそうです。 テレビ出演でも画面から見切れることがたまたま多く、そんな様子を見たファンからは「見切れアイドル」なんて言われたこともあります。 9人いるグループの中では5,6番手でいわゆる“2列目のメンバー”という存在でしたが、2015年『24時間テレビ』内で深夜に生放送された「3世代ジャニーズ 真夏の生男子会しやがれ」のなかで、岡田准一さんが「いつも眠そうで、かわいくてムカつく」などと発言したことをきっかけに注目されるようになりました。 亀梨和也さんや大倉忠義さん、滝沢秀明さんなどの同事務所の先輩他、千原ジュニアさんからも「かわいい」「家賃とか払ってあげたい」と絶賛されています。 デヴィ夫人もファンであることを公言しています。 2015年、舞台『カラフト伯父さん』で舞台初主演を果たしました。 2016年4月からフジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』の木曜スペシャルサポーターに就任するとともに日本テレビ系のバラエティ番組『メレンゲの気持ち』初の男性MCとして務めることになりました。 2017年5月映画『ピーチガール』で映画初出演にして初主演。 そのブレイク振りがファンの間で“伊野尾革命”と話題になりました。 女性顔負けのミルクフェイスで、小動物のように大きな垂れ目が特徴で“おねむ男子”と呼ばれています。 その場の空気で“適当”にトークしてしまう“テキトー発言”から「平成の高田純次」「テキトーイケメン」「テキトー王子」と評されたりしています。 そのテキトーぶりのエピソードがいくつもあります。 コンサートMC中、「真夜中のシャドーボーイ(曲名)」を間違えて「真夜中のチェリーボーイ」と発言。 撮影のために自分が持ってきた辞書なのに「これはなんの本なんだー?」と言ったりしています。 また幼稚園の運動会では、みんなが本気で走っている中、一人だけニコニコしながら保護者に手を振って歩いていたそうです。 伊野尾慧さんは適当な発言ばかりして、周りの笑いを誘います。 例えばインタビューで「好きな女性の服装は?」と聞かれた、伊野尾慧さんは、 その質問にインタビュアーの人が着ている服装をそのまま答えたそうです。 […]

手越祐也の年収は?新型コロナウイルス感染拡大阻止のステイホームを破り活動無期限自粛!?その破天荒な性格とは!?

手越祐也さんは1987年11月11日に神奈川県横浜市に生まれています。 一人っ子です。 中学校は明治大学付属中野中学校を卒業しています。 明治大学付属中野中学校は偏差値70くらいの難関校です。 卒業生には西田敏行さん、津川雅彦さん、坂口憲二さんなどがいます。 手越祐也さんは、もとも芸能界には全く興味がありませんでしたが、、昔から歌はずっと好きでした。 中学2年生のときにカラオケで「うまいね」とほめられたことをきっかけにもっと歌がうまくなりたいと思うようになり、両親に頼み込んで、月に4回だけボイストレーニングに行かせてもらうことになりました。 そこで家でもできる練習法を教わり、家でも1人で練習を続けていたとのことです。 その後、母親の友達に勧められて軽い気持ちでジャニーズのオーディションを受けたはずが、準備万端のオーディション生を見るうちに踊れない自分が悔しくなり、わずか30分の練習で差を埋まられないことがわかっていても、休憩時間もダンスを一生懸命練習し続けました。 そのかいあってか、オーディションは特に合否が言い渡されたわけでもなく受かった実感はありませんでしたが、そのまま雑誌の撮影を受けたことで受かったらしいことがわかったそうです。 2002年12月1日、15歳でジャニーズ事務所に入所。 わずか10か月後の2003年9月15日に男性アイドルグループ・NEWSのメンバーに選ばれます。 NEWSのメンバーに選ばれた時は高校1年生で、芸能活動が多忙でした。 そのことから学業と仕事との両立が可能な堀越高等学校に転入。 転校していきなり学力テストが学年2位の点数を取りました。 卒業までどんなに仕事が忙しくても学年10位以内の成績を保ったそうです。 2005年12月、映画『疾走』で初主演。 2006年早稲田大学人間科学部人間情報科学科(通信教育課程)にAO入試で合格。 2006年2月16日に堀越高等学校を卒業。 11月には増田貴久さんとヴォーカルユニット、テゴマスを結成します。 2007年11月24日放送のフジテレビ系単発テレビドラマ『しゃばけ』でドラマ初主演を果たしました。 早稲田大学は2010年春4年生になった時に、学業と仕事が両立できず、「アイドル業を120%やりたい」という理由で中退しています。 中退した時は「悔しかった。それでも2010年に仕事を休んでいたら今の自分はいない。だから後悔していない。」と語っています。 悪気のない自己中と言われる! そんな手越祐也さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:手越祐也(てごし ゆうや) 生年月日:1987年11月11日 出身地:神奈川県横浜市出身 血液型:B型 職業:歌手、俳優 活動期間:2002年- ■‌新型コロナウイルスで外出自粛中の飲み会で避難の矢面に! 手越祐也さんはお母さん、おばあさんと愛犬パピオンと暮らしています。 手越さんはお母さんが30歳の時に産んだ子供です。 お母さんはスノボ―やサーフィンなどもこなせるスポーツ万能な女性です。 母子家庭で、お父さんとは離婚していたと言われています。 お父さんは野球の名門立教大学の野球部のエースだったそうです。 職業はタクシーの運転手をしていたようです。 2015年7月アイドル誌「Myojo」のインタビューで2015年1月にお父さんが亡くなったことを告白しています。 NEWSの17枚目のシングル「KAGUYA」のリリース日の1月7日のことでした。 倒れた翌日に急逝してしまったとのことで、最期に会うこともできなかったそうです。 お葬式では喪主を務めた手越さんは、お父さんが好きだったNEWSの曲をメドレーで流しました。 お父さんが悲しまないように努めて明るくしました。 式の最中「さくらガール」がかかったら、おばあさんが「この曲が好きで、いつも歌ってたよ。」と教えてくれました。 6月14日にお父さんが来るはずだった東京ドームでのライブでは、天国に向けて「さくらガール」を歌ったそうです。 「歌い終わって天を指さして言ったんだ。『親父、届いた?』」と語っています。 手越祐也さんの実家は横浜市都筑区南山田町にあります。 2009年に両親にプレゼントしたもの。 1億1千万円の豪邸で、弱冠22歳の大学生の時に7年のローンで購入しました。 土地が200平米で5000万円、建物が6000万円です。 手越祐也さんの性格は、非常にポジティブ思考で、「地球でトップ3に入るぐらいポジティブ」という言葉が既に手越さんのキャッチフレーズとなっています。 「落ち込むのは時間のムダだって思ってるから、一人で悲しみに暮れるぐらいなら無理してでも友達と会って騒ぐ。そうすれば、自然とポジティブになっていくから」と自身の考えを示しています 。 その一方で、人見知りな一面もあります。 […]

増田貴久の年収?手越の活動無期限自粛を受けて謝罪!?その優しさが反映された歌声とは!?

増田貴久さんは1986年7月4日に東京都練馬区に生まれました。 家族は、両親と貴久さんとのお姉さんの4人家族です。 3歳から水泳をはじめ、小学校では6年間サッカークラブに所属するなど、まさに「スポーツ少年」でした。 ジャニーズには、お姉さんの友達の「弟がいるならジャニーズに…」との提案で、応募することになりました。 実は、オーディションが、ちょうどサッカーの試合日と重なってしまいました。 前日までジャニーズに応募したこと、オーディションがあることを知らされていなかったそうで、お母さんやお姉さんから知らされた時には「サッカーの試合があるから行きたくない」と断ったのだそうです。 しかし、お母さんから「サッカーの試合行っても出ないよ!」と言われ、さらにお姉さんからは「バスケットボールあげるから…」とお願いされ、そうかと思いオーディションへ参加することとなります。 ちなみに、サッカー少年だったのに、なぜバスケットボール?と思う方もいるかもしれませんが、中学からはバスケ部に転向しているんです。 増田さんが泥だらけになってサッカーをしていたある日、バスケ部の友達が、増田さんの好きだった子と外へ水を飲みにきていた光景を目の当たりにし、その爽やかさに心を動かされ、バスケ部に転向したと語っています。 それだけの理由ではないのかもしれませんが、お姉さんの「バスケットボールあげるから…」という言葉につられたという見方もあります。 1998年11月8日にオーディションを受けて小学6年生の時にジャニーズ事務所に入所しました。 同期に亀梨和也さん、赤西仁さん、中丸雄一さん、塚田僚一さん、藤ヶ谷太輔さんがいます。 ジャニーズJr.として活動を始め、1か月後にはKinKi Kidsのバックダンサーとして東京ドームのステージに立ちました。 2003年9月15日、NEWSが結成され、メンバーとして活動を開始しました。 2004年にはジャニーズJr.内ユニット・Kis-My-Ftにも一時所属していました。 2006年11月からは同じNEWSのメンバーである手越祐也とユニット・「テゴマス」(tegomass)を結成し、並行して活動を行っています。   その優しい歌声でファンをうっとりさせる! そんな増田貴久さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:増田貴久(ますだ たかひさ) 愛称:まっすー 生年月日:1986年7月4日 出身地:東京都練馬区出身 血液型:O型 職業:歌手、俳優 ■‌思いやりのある優しい性格で、人気者! 増田さんの歌声には「たくさんの癒しをもらっている」というファンの声が聞かれそう。 Jr.時代に出演したドラマ「3年B組金八先生」のメンバーとカラオケに行ったときに、初めて人前で歌ったのだとのことです。 ジャニーさんに「YOUの声おもしろいよ」と声の良さを褒めてもらったことがあり、「歌を歌ったほうがいい」と言われてこともあります。 自分の歌が人に評価される経験はなかったという増田さん。 そんな増田さんにとっては、そんなジャニーさんの言葉が「歌を頑張ろう」という気持ちにさせてくれたと言えるのではないでしょうか。 そうしたエピソードはやがて2006年のテゴマスとしてのデビューにもつながっていきます。 「手越との出会いがあったからこそ、ここまで歌うことに本気になれた」と語っていたこともありました。 NEWSとしてはもちろん、そこにテゴマスとしての活動を通して、増田さんの歌に対する思いがより強くなっていったのかもしれません。 増田さんの歌声を初めて聴いた手越さんの第一印象が、「声質がいいなぁ…」だったそうです。 歌唱力はもちろんですが、そこに増田さんならではの声質があるからこそ、魅力あふれる歌になるのでしょうね。 声の色や表情がとても良く、たまらなくいい!と言うファンも多いのではないでしょうか。 歌声に詰まった魅力、描き出される世界観は、聞く人をうっとりとさせるのです。 増田さんという人物そのものが、いるだけでホッとする「安心感」「心地よさ」に溢れていますが、歌声もまた、優しく寄り添い包み込んでくれるような温もりに溢れています。 増田貴久さんは、そのファッションセンスが高く評価されていて、2010年頃からNEWSのライブ衣装を手掛けています。 また、2016年にはジャニーズの後輩グループHey!Say!JUMPの衣装デザインも手がけています。 増田貴久さんの好みの女性のタイプは、目が大きくて可愛い子。 内面は、優しくて性格の良い子が好きで、気が強い方が好きだそうです。 優柔不断なタイプはあまり好きではないとのこと。 きちんと自分の意見を持ってる女性がタイプ。 また、増田さんは一目惚れする事が多く、女性に最初に会った時に見るのは全体の雰囲気で、長い髪の毛をアップにしているところを見るとドキッとするそう。 増田さんはかなりの潔癖症としても知られているので清潔感があることもポイントです。 増田貴久さんは運動神経が抜群で、中でも水泳と短距離走が得意です。 また、腕立て伏せが1分間に100回出来ます。 それ以外にもピアノ・習字・英会話・水泳・サッカーの習い事の経験があり、中でも水泳は3歳からやっており、ライフセーバーの資格も持っています。 2020年4月8日新型コロナウイルスの影響による非常事態宣言発令中に、手越祐也さんが酒席に参加していたとの報道がされ、批判を浴びていました。 再三にわたる“ステイホーム破り”で手越さんはジャニーズ事務所から芸能活動の無期限自粛を通告されました。 NEWSの増田貴久さんと手越祐也さんののユニット“テゴマス”がレギュラー出演するMBSラジオ『テゴマスのらじお』(毎週水曜 後11:30)の中で、きのう26日に手越が活動自粛となったことを受け、メンバーの増田貴久さん、小山慶一郎さんと加藤シゲアキさんも急きょ出演し、それぞれが謝罪の言葉を述べました。 […]

加藤シゲアキの年収は?自分を見つめ直して小説家デビュー!?梅干し漬けが趣味!?

加藤シゲアキさんは広島県広島市で生まれ、2歳から大阪府、10歳から神奈川県横浜市で育ちました。 子どもの頃から芸能界に興味があったことと、ピアノを弾いていた香取慎吾さんの姿を見てかっこいいと憧れたこともあり、母親がジャニーズ好きの友人に相談して、小学4年生の時にジャニーズ事務所に履歴書を送っています。 事務所から連絡が来たのは小学6年生の時でした。 オーディションを経て入所したものの、中学受験を控えていてすぐに長期の休暇を願い出ることになりました。 受験後事務所に連絡しますが、スタッフから生意気だと思われ、ジャニー喜多川さんに取り次いでもらえませんでした。 しかし諦めずにジャニーさんに直接電話したところ、理解してくださり、当時慶應義塾大学に通っていた嵐の櫻井翔さんを紹介してくれたとのことです。 そして無事に青山学院中等部・高等部に進み、事務所でレッスンを開始します。 日本テレビ系『怖い日曜日 友達のJ君』でドラマ初出演。 2003年11月7日に「NEWSニッポン」(『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソング)でNEWSとしてCDデビューします。 2004年5月12日「希望~Yell~」(『アテネオリンピックバレーボール世界最終予選』イメージソング)でNEWSとしてメジャーデビューを果たします。 2010年3月に青山学院大学法学部を卒業。 4月9日から放送開始のテレビドラマ『トラブルマン』で連続ドラマ初主演。 2008年には『こんなんやってみました』で舞台初出演。 小説家としてデビュー! そんな加藤シゲアキさんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:加藤成亮(かとう しげあき) 愛称:シゲ 生年月日:1987年7月11日 出身地:広島県広島市生まれ、大阪府出身 血液型:A型 職業:歌手、俳優、小説家 活動期間:1999年- ■‌自分を見つめなおして、小説を書き始める! 2011年11月22日、活動名を「加藤成亮」から「加藤シゲアキ」に変更し、『ピンクとグレー』で小説家としてデビューすることを発表。 翌2012年1月28日に同書を発売し、デビューを果たし、ジャニーズ初の小説家となりました。 2013年11月25日発売の第2作『閃光スクランブル』、2014年発売の第3作『Burn. -バーン-』までの3作品は、東京の渋谷および芸能界を舞台とした内容となっています。 2015年3月からは『白熱ライブ ビビット』の金曜レギュラーとなり、コメンテーターを務めて、さらに活動の幅を広げました。 2016年1月に『ピンクとグレー』が映画化され、『傘をもたない蟻たちは』も連続ドラマ化されました。 2017年には『ピンクとグレー』の翻訳版が台湾、香港、マカオで発売されました。 2018年6月7日未成年に飲酒を強要したという報道に関連して厳重注意処分となっています。 2020年自身の短編小説「染色」を舞台化し、脚本家デビューしました。 加藤シゲアキさんが、小説家になるきっかけとなった言葉があります。 このままではいけない、何か仕事をもらいたいという思いから、2010年末に事務所へ掛け合いに行ったときに、事務所の人から、「自身の魅力は何か?」という問いが投げかけられました。 それに対して返答に詰まってしまったと言います。 これが仕事に対する見方・考え方の変えたきっかけの一つであったと言えるかもしれません。 自己を見つめなおす中で行きついたのが、「小説を書きたい」という思いでした。 それを事務所の人へ伝えたところ、締め切りを提示されました。 2011年の2月ごろから死に物狂いで執筆を始めたという加藤さん。 1か月半~2カ月で初稿を書き上げたというから驚きです。 それで生み出されたのが『ピンクとグレー』という長編の小説です。 そのまま出版まで決まってしまいました。 「小説を書きたい」という思いが結実しました。 新人賞募集作品のなかでもレベルが高く、「文学ファンにも受け入れられる」と出版社の担当者に評価され、後に映画化もされました。 そして、2作目、3作目…とつながっていきます。 誰かに才能を見出してもらったのではなく、自身を見つめなおすなかで才能を開花させていった加藤シゲアキさんの人間としての成熟度がわかります。 国語が大の苦手だったという加藤さんですが、高校3年生で選択した「国語表現」という授業が、作家になる原点だったと言えるようです。 「原稿用紙2枚で『かくれんぼ』について説明しなさい」といった課題など、たくさんの文章を書いていくなかで文章力が鍛えられました。 自分の書いた文章を周囲に評価される喜びを味わったことで、自分自身の魅力に気づかされたということがあるかもしれません。 加藤シゲアキの好みのタイプの女性は、考え方がしっかりしている女性です。 精神年齢が自分より上で上品な女性が好きとのこと。 以前出演した番組で、女性の好きな仕草について「例えば薬剤師さんとか、歯科助士さんが昼の時間になった時に、その制服のままちょっと大きめの財布を持ってコンビニに行くみたいな」と独特な回答をしています。 […]

中丸雄一の年収は?ヤンチャな子供だった!?帝王と言われるその発言とは!?

中丸雄一さんは1983年9月4日に東京都北区赤羽に生まれています。 家族は、両親と雄一さんと妹2人です。 小学校は北区立浮間小学校、中学は北区立浮間中学校を卒業。 北区の地元の学校に通っていて受験はしていません。 小学生の時はヤンチャで、よく悪さをしてお父さんにいつも怒られていたそう。 小学校5、6年生の時の出来事ですが、自宅で髪の毛の脱色をする『ブリーチ剤』を見つけた中丸雄一さん。 『脱色したら女の子にモテる!!』と考えた中丸さんはブリーチ剤で髪の毛を脱色してしまったそうです。 しかし仕事から帰ってきたお父さんにアッと言う間に見つかり、その日のうちに坊主頭にされてしまったとのことです。 高校は北豊島工業高校を卒業しました。 有名な卒業生には仲代達矢さんがいます。 中丸さんがジャニーズ事務所入所したのは1998年11月8日、中学校3年生の時。 文化祭でダンスする中丸さんに感動した同じクラスの女子が勝手に履歴書を用意し、『後はハンコを押すだけだから!押して!』と迫り、押しの強さに負けてハンコを押し、応募しオーディションを受けました。 オーディションでは、質問コーナーでチョット目立ってやろうと考えた中丸さん。 手を上げて『ジャニーズは顔が良くないと合格できないんですか?』と質問したところ、。ジャニー喜多川さんは『YOUは自分のことどう思っているの?』と質問を返しました。 それに対し『中の下』と答えた中丸さん。 そんな中丸さんに対しジャニーさんは『YOUは中の上だよ』と答え、合格を伝えたそうです。 ちなみに同期には亀梨和也さん、増田貴久さん、藤ヶ谷太輔さんがいます。 ジャニーズJr.時代は主にKink kidsのバックダンサーを務めました。 しかし大ヒット曲「フラワー」のバックに選ばれず、家でテレビで見た悔しさを、Jr時代の思い出として語っています。 その後、堂本光一さん専属のバックダンサーとして、2001年にKAT-TUNを結成し、2006年3月22日にシングル、アルバム、DVD同時発売でデビューを果たしました。 子供の頃はヤンチャ坊主だった! そんな中丸雄一さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:中丸雄一(なかまる ゆういち) 愛称:ゆっち 生年月日:1983年9月4日 出身地:東京都北区出身 血液型:O型 職業:歌手、俳優 活動期間:1998年- ■‌もくもくと勉強して早稲田大学を卒業! 中丸雄一さんは24歳の時に、早稲田大学人間環境科学科に入学しています。 高校を卒業してから6年も経って大学に進学しようと思ったのは、社会人になってまともに大人と会話できないと感じたからなんだそうです。 環境問題に興味があったこともあり試験のない早稲田大学eスクール(通信教育課程)を選びましたが、卒業率は40~50%と早稲田大学で最も厳しいコースです。 午前中は授業の動画を見たりレポートを作成したりと、午後からKAT-TUNの活動をして5年で卒業しました。 通学したのは入学式と卒業式だけだったそうですが、卒業式にショックなことが明らかになりました。 卒業式に行くと中丸雄一さんはひとりぼっちだったのに、周囲は仲良く話をしていたんだそうです。 話を聞くと入学したときにテレビ電話で同級生とあいさつをした後、中丸雄一さんを除く他のクラスメイトはオフ会を開いて何度も会っていたことが分かりました。 誰も中丸雄一さんに連絡を取る人がおらず、仲間外れにされていたことがわかりました。 芸能活動で忙しいだろうと気を使って連絡しなかったんだろうと中丸雄一さんは思っているそうですが、5年間も自分の知らないところで同級生たちが会っていたことを知ってショックだったろうと思います。 その間、中丸雄一さんは1人でめちゃくちゃ勉強したおかげで成績は優秀でした。 卒論は『黒人音楽のグローカリゼーション~ヒップホップ文化の伝播と変遷課程をふまえた今後の展開についての考察~』で3万7千文字にも及ぶ大作です。 内容は黒人音楽が国を渡りその土地で独自の発展を遂げていくことについての研究で、教授にとっても初めてのことだと「僕も学ばせてもらいました」と語り、評価はなんと最高のA+でした。 2008年8月、自らが構成・演出を担当したソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間』を開催しました。 2009年に『RESCUE〜特別高度救助隊』でドラマ初主演。 2011年4月3日から放送開始の日本テレビ系列の日曜朝の情報番組・シューイチのコメンテーターに就任します。 2017年、テレビ東京系ドラマ『マッサージ探偵ジョー』に主演し、ソロとして主題歌「お疲れサンクス」を担当。 またテレビ朝日系バラエティ『世界ルーツ探検隊』が開始、地上波ゴールデン番組で初MCを務めました。 中丸雄一くんは2人の妹さんがいて、妹思いの優しいお兄さんです。 まだ学生の妹さんの帰りが遅く、心配して帰宅まで寝ずに待っていたりしたこともあります。 また進路についての相談を受けて「お前はお前らしくいたらいい」とアドバイスをしたりしました。 丸山さんの性格ですが、基本的に真面目ですが、発言に関してははっきりと物を言うことで知られています。 自身のソロアクトライブ『中丸君の楽しい時間』の質問コーナーでは、「中丸くんのことが忘れられなくて、他のことに集中できない時はどうしたらいいですか?」というファンからの質問に、顔色ひとつ変えず「忘れてください。僕のことが忘れられなくて集中できないって僕のせいじゃないですよね?あなたの集中力のなさが問題ですよね?」と答えたりしています。 その真面目さとズバッと言う性格にユーモアをプラスしてファンをバサバサと斬っていく「中丸節」がファンから愛され、「帝王」と呼ばれています。 […]

上田竜也の年収は?作詞作曲も手がけちゃう!?ボクシングに熱中!?

上田竜也さんは1983年10月4日に、神奈川県に生まれています。 お父さんが転勤が多く、沖縄で幼稚園、小学校は福岡、和歌山、最終的には埼玉県に引っ越しています。 兄弟は2歳年上のお姉さんがいます。 子供の頃は習い事が多く、習字、そろばん、英会話、水泳、ピアノ、絵、学習塾に通っていました。 小学校は川越市立古谷小学校、中学は川越市立東中学校を卒業。 高校は芸能人も多い昭和第一高校を卒業しています。 同じ高校の卒業生には、佐藤浩市さん、Mr.Childrenの鈴木英哉さん、V6の坂本昌行さんがいます。 中学3年生でジャニーズ事務所に入所しているため、入学当時はすでにジャニーズJrとして活動していました。 埼玉の中学校を卒業した後は、活動のしやすさを考えて都内の高校に進学したようです。 また、高校3年生の時にはKAT-TUNを結成。 仕事を中心とした高校生活を送っていました。 大学へは進学していません。 実家は大富豪だという噂もあります。 家に螺旋階段があるとか、テレビが8台あるとか、ペットはゴールデンレトリバーを4匹飼っているとかいう情報があることから、かなり裕福な家だと思われます。 ジャニーズ事務所には、テレビで踊っている今井翼さんを見て「カッコいいなぁ」と思い、両親を説得し、自ら履歴書を送りました。 オーディションは坊主頭で受けました。 その姿を見たジャニーさんが坊主姿を気に入り合格。 1998年6月15歳でに入所しました。 同期には福田悠太さん、長谷川純さん、五関晃一さん、松崎祐介さん、辰巳雄大さん、亀梨和也さん、中丸雄一さん、増田貴久さん、塚田僚一さん、藤ヶ谷太輔さん、越岡裕貴さんがいます。 ギターで作詞作曲も手がけちゃう! そんな上田竜也さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:上田竜也(うえだ たつや) 生年月日:1983年10月4日 出身地:神奈川県出身 血液型:B型 職業:歌手、俳優 活動期間:1998年- ■‌ボクシングはプロボクサーの資格を目指すほど! 2009年、舞台『ロミオとジュリエット』で初主演をつとめます。 この時、共演の小林涼子さんと噂になっています。 舞台発表に2人で手をつないで来たことが話題になりました。 2人で一緒にいるところをフライデーされています。 このことから上田竜也さんと小林涼子さんが熱愛関係にあった可能性は高いと思われます。 2011年10月期のTBS系ドラマ『ランナウェイ〜愛する君のために』の出演に際して、役づくりのため髪を丸刈りにしています。 プロ意識が高いですね。 2016年4月に生放送されたTBS系のバラエティ特番『オールスター感謝祭’16 春』内で実施されたイベント企画「赤坂5丁目ミニマラソン」にて初優勝します。 さすがボクシングで鍛えた体、スポーツマンですね。 2017年10月期に『新宿セブン』で連続ドラマ初主演をつとめ、ソロで主題歌「未完成のアンサー」も担当しました。 2019年4月6日 – 4月11日、トニー賞最優秀振付賞にもノミネートされた舞踏家のホフェッシュ・シェクターさんが振付・音楽を手掛けた『ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット』の日本初公演で主演を務めました。 上田さんのマンガ好きは知られており、漫画は本棚から溢れ出ていて床に積み重なっていて、500~600冊ほどあるそうです。 また漫画で埋め尽くされた部屋にピアノがありKAT-TUNの曲を練習したりしています。 上田さんは、ピアノの腕前をコンサートでよく披露したりしています。 上田さんはピアノだけでなく、ギターで作詞作曲をすることもあります。 主演をつとめたドラマ「節約ロック」ではギターを弾きました。 上田さんと言えば「ボクシング」というイメージがあります。 2007年頃から熱中して練習しているうちに上達し、2012年のドラマ「ボーイズ・アンド・ラン」で天才ボクサー役を演じました。 プロボクサーの資格を目指すほどで、真剣に練習していましたが、タイミングが合わず年齢制限を過ぎてしまいプロボクサーの資格をとることはできませんでした。 その他、総合格闘技のファンでもあり、2019年12月31日にフジテレビ系で放送された『RIZIN.20』にもゲスト出演しました。 上田さんの好きな食べ物はお寿司、野菜、甘いものだそうです。 野菜が好きというのは健康的ですね。 […]

安田章大の年収は?マザーテレサと言われるその性格とは?病気やけがを乗り越えて!

安田章大さんは1984年9月11日に兵庫県尼崎市に生まれています。 兄弟はお姉さんがいます。 お父さんの職業はペンキ屋さん、ペンキ屋を経営しています。 安田章大さんも、お父さんのペンキ屋を継ぐことを考えたこともあったそう。 お父さんがペンキ屋さんと言えば、ビートたけしさんもそうですね。 1997年9月嵐の相葉雅紀(当時ジャニーズJr.)のファンであったお姉さんが勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送ってしまいます。 本人は乗り気ではありませんでしたが「どうせ受からんから行くだけ行ってきたら?」という母親の言葉に反抗しオーディションを受け、ジャニーズ事務所に入所。 同期に錦戸亮さん、丸山隆平さん、大倉忠義さんがいます。 Jr.時代は主に関西ジャニーズJr.の中心であった渋谷すばるさん、横山裕さん、村上信五さんのバックで活躍し、同期メンバーで組まれたユニット「BIGWEST」にも参加します。 後に内博貴さん、丸山隆平さんらと共に「V.WEST」というバンド形式のユニットを結成し、ギタリストで活動します。 V.WESTではリーダーも務めていました。 このグループがとても人気となり、冠番組やCMにも出演、さらにはZeppOsakaで単独コンサートも開催するほどになります。 しかしメンバーであった2人がジャニーズ事務所を退所したため、ドラムにリズム感の良い大倉忠義くんが推薦されました。 2002年に関ジャニ∞が結成され、2004年9月22日に「浪花いろは節」でCDデビューを果たしました。 ジャニーズJr.時代には、「辞めたい」と悩んだこともありましたが、ファンレターに励まされ思いとどまったそう。 当時は、ファンから直接ファンレターを受け取る場が設けられており、雨の日でもファンが待っていてくれることに「ありがたいなって。ぬくもりがめっちゃ伝わってきました。」と語っています。 また、ジャニーズJr.時代も俳優としてドラマに出ており『七人のサムライJ家の反乱』『怖い日曜日』『ショコラ』に出演しています。 優しい性格で、めっちゃいいやつと評判! そんな安田章大さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:安田章大(やすだ しょうた) 愛称:ヤス、ヤスくん、章ちゃん 生年月日:1984年9月11日 出身地:兵庫県尼崎市出身 血液型:A型 職業:歌手、俳優 活動期間:1997年- ■‌ジャニーズのマザーテレサ! 2006年12月13日 – 15日に大阪松竹座にてソロコンサートを行いました。 2008年2月10日 – 26日まで一人舞台『818』を公演。 一人五役に挑戦しました。 2009年3月16日 – 4月19日主演舞台『カゴツルベ』を東京・大阪で公演。 2011年7月9日 – 8月1日主演舞台『トラストいかねぇ』を東京・大阪で公演。 2012年7月期のドラマ『ドラゴン青年団』で連続ドラマ単独主演します。 2013年11月 – 映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』で単独初主演で登場。 関ジャニ∞の下積み時期については「ただただ、社長に感謝です。お客さんが入らへんのわかってて(舞台を)やらせてくれた」、「踏ん張れたのは、上3人(横山さん、渋谷さん、村上さん)が引っ張ってくれた事が大きい」と話しています。 2017年2月上旬に脳腫瘍の一種『髄膜腫(ずいまくしゅ)』の摘出手術を受けました。 2018年4月9日に立ちくらみで転倒し、背中と腰に全治3か月の骨折を負います。 4月15日に行われたメンバーの渋谷すばるさんの脱退についての会見を欠席し、理由は「打撲」と説明されていましたが、実際は骨折していました。 安田章大さんの性格ですが、「精神年齢がメンバーの中で一番大人」。 横山裕さん、丸山隆平さんによると優しい性格だそうです。 渋谷すばるさんもラジオにて「自分が犬になったら誰に飼ってもらいたいか?」というお題に対して、「絶対安田!とりあえず自分が犬になったら安田のところ行く!あんな優しい人間に会ったことがない。」と話していました。 錦戸亮さんは風邪を引いた時、「寒い、寒い」と言っていたら自分のジャケットを安田さんがさりげなく貸してくれたと話しています。 ファンがどんどん増え、騒がれることが増えてもファンにはいつも笑顔で対応するそうです。 村上信五さんや大倉忠義さんからは、「嫌な思いをしたことがない。」「あいつはジャニーズ界のマザーテレサや。」と言われています。 […]

丸山隆平の年収は?みんなをあっと言わせるそのおもしろエピソードとは!?父親譲りの筋肉隆々の肉体!?

丸山隆平さんは1983年11月26日に京都府に生まれています。 お父さんとお母さんと11歳年下の妹さんと、13歳年下の弟さんがいて、5人家族でした。 お父さんの丸山貴弘さんは有名な人で、なんとボディービルダー。 ボディービルダーの大会では2005年に3位、2012年には優勝し“ミスター京都”に輝きました。 お母さんもボディービルダーで、食事はいつも大盛りだったそう。 ところがご両親はその後離婚し、お父さんは再婚しています。 お相手は25歳年下の一般女性で、2歳の子どもを連れて再婚。 丸山隆平さんよりも6歳も年下だそうです。 きっかけは、京都で行われた隆平さんのファンのためのお茶会。 ということは隆平さんのファンをお父さんが取っちゃったということになりますね。 その女性は社会人のアメフトチームのマネージャーをしていたことがあり、マッチョな男性が好みだとか。 丸山隆平さんは、新しいお母さんと弟ができたことを喜んでいるそうです。 丸山さんは、中学は京都市立西院中学校、高校は京都高等工芸学校を卒業しています。 京都高等工芸学校は京都府宇治市にある美術専門の高校で、現在は京都芸術高校という名称になっています。 大学へは進学していません。 丸山さんはジャニーズ事務所には2度オーディションを受けています。 1996年9月22日に両親の勧めでオーディションを受けます。 オーディションの後に数人とともに呼ばれ雑誌の取材を受けて、アイドル雑誌にも掲載されました。 呼ばれたメンバーの中には渋谷すばるさんもいました。 その後半年間何の仕事にも呼ばれなかったため落ちたと思い、「まだいけるやろ」と親がもう一度履歴書を送り、1997年9月6日に2回目のオーディションを受けました。 しかし、ジャニー喜多川さんに「YOU受かっているのに何でここにいるの?」と言われています。 その時のオーディションには安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さんがいました。 ボディービルダーのお父さんの影響で筋肉隆々! そんな丸山隆平さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:丸山隆平(まるやま りゅうへい) 愛称:丸、丸ちゃん 生年月日:1983年11月26日 出身地:京都府出身 血液型:A型 職業:歌手、俳優 活動期間:1996年- ■‌グループのムードメーカでそのお茶目な行動が目を引く! 当時、関西ジャニーズJr.はあまりお仕事がなかったので合格後もすぐには目立った活動はありませんでしたが、2001年3月に結成されたバンド形式のグループV.WESTのメンバーに選ばれ、ベースを担当することになります。 その後、関西ジャニーズJr.の初期メンバーだった横山裕くん、村上信五くん、渋谷すばるくん(通称三バカトリオ)、関東でも人気を得ていた錦戸亮くん、V.WESTがひとつになり2002年、関ジャニ8が発足されました。 2004年「浪花いろは節」でCDデビューする際に「関ジャニ∞」としてCDデビューを果たしました。 2006年12月18日 – 20日に、大阪松竹座で初のソロコンサートを行いました。 2011年1月16日 – 2月23日『ギルバート・グレイプ』で舞台初主演。 2011年12月21日公開の『ワイルド7』で映画初出演。 映画のために大型二輪免許を取得しました。 2012年2月27日 – 3月1日『O-PARTS〜オーパーツ〜』でテレビドラマ単独初主演しました。 2012年7月『ボーイズ・オン・ザ・ラン』で連続ドラマ初主演。 2014年10月『地獄先生ぬ〜べ〜』でゴールデンタイムの連続ドラマに初主演。 2015年4月『サタデープラス』のメインMCに就任。 2017年、『泥棒役者』で映画単独初主演しました。 丸山さんは関ジャニではムードメーカーを担っています。 丸山隆平さんと言えばギャグとノリです。 言われれば全力で応えてくれるし、言われなくても全力で応えるのが丸山隆平さんです。 丸山隆平さんにはオモシロすぎる数々のエピソードがあります。 […]