北原里英(AKB48)の年収は?うなぎいぬって本当!?初恋の人は?

北原里英さんは1991年6月24日にお母さんのの実家近くの岐阜県内の病院で生まれました。 体重は2840グラム。 家族構成はお父さん、お母さん、北原里英さん、弟さんの4人家族です。 愛知県の自宅で育ちました。 子供の頃はとにかく元気で活発な女の子で、大病も怪我もせず健康的に成長しています。 家が自営業だったため、誰にでも笑顔で駆け寄っていくような、今とは違い愛想の良い性格でした。 幼稚園のお遊戯会では主役を務めるなど、昔から人前に立つのは好きでした。 初恋はタクミくんですが、なんで好きになったのかも全然覚えていません。 本当の初恋は小4で、面白くてハンサムだった同級生の翔くんです。 席も近くて、いつも一緒に遊んでいました。 中学生になると、さらに格好良く成長し、みんなに憧れられる様な存在になりました。 自分は見る目があったと、自己満足に浸っていました。 小学校3~4年の頃に視力が落ち、メガネをかけたら、ひどくブサイクになったので視力回復センターに通ったりしています。 中1の時にコンタクトに変えます。 部活はハンドボール部に所属。 苦手な球技でしたが、あえて挑戦してみたかったとのことです。 強豪校だったので練習はきつかったですが、部活に明け暮れた中学時代は、人生の黄金時代でした。 中学時代は人を笑わせることが大好きで、オリエンタルラジオのネタを友達と完コピしていたという楽しいエピソードもあります。 目立つことや、人を笑わせることが好きな女の子だったようです。 高校生になり、女の子に目覚め、真っ黒に日焼けした自分を見つめ直すようになります。 部活もインドアの吹奏楽部に入部し、パーカッションを担当していました。 大きな目とたらこ唇でうなぎいぬと呼ばれて! そんな北原里英さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:北原里英(きたはら りえ) 愛称:きたりえ 生年月日:1991年6月24日 出身地:愛知県一宮市出身 血液型:A型 職業:歌手、女優、アイドル 活動期間:2008年- ■新潟の女になりました! 高校1年生だった2007年に「AKB48 第2回研究生オーディション」に合格しました。 オーディションの歌唱審査の時に歌った曲は、エヴァンゲリオンの主題歌『残酷な天使のテーゼ』。 しかし「最初の“神話にな~れ~♪”のところで声が裏返ってしまいました」と語っています。 2008年に上京。 上京してからは、指原さん(大分県出身)、大家志津香さん(福岡県出身)、元研究生の冨田麻友さん(香川県出身)、元SKE48の中西優香さん(愛知県出身)と共に1か月半生活していた時期があります。 特に大家さんとは約2年間にわたりルームメイトで、「東京の家族」と呼ぶほどの仲。 2010年時点は隣同士に住んでいました。 また、この5人は自分達のことを「地方組」と呼び合っています。 上京して学校も転校し、転校後は堀越高校トレイトコースに入学。 堀越高校とはいえ、全日制の高校に通うことは難しくなっていき、日出高校の通信制へと編入します。 高校卒業後も大学進学はしていませんが、当時のAKB48の人気はうなぎ登りだったので、とても通う余裕はなかったでしょう。 2008年7月には正式メンバーに選ばれ、10月には10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバーにも選ばれ、以降18thシングル「Beginner」までの全シングルで選抜メンバー入りを果たすなど、かなり多忙な日々だったようです。 2008年3月1日、チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演における楽曲「純情主義」のバックダンサーでデビュー。 10月22日、10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入りを果たし、以後18thシングル「Beginner」までの全シングルで選抜入りします。 2010年2月17日、15thシングル「桜の栞」で初のフロントメンバーに選ばれ、2ndアルバム『神曲たち』でも通常盤ジャケットのフロントメンバーに選ばれました。 8月13日放送開始の『学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!』では、ホワホワ役で声優デビュー。 2011年1月21日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』の2日目公演アンコールにて、大島優子さん・指原莉乃さん・横山由依さんとユニット「Not […]