清水富美加の年収は?人気絶頂だったにも関わらず月収は5万円だったって本当?!清水富美加の「幸福の科学」出家への経緯とは?現在は何をしているの?

2017年までテレビ業界で大活躍していた清水富美加さん。 明るく、常に笑顔いっぱいの彼女はブレイクしてからはドラマやバラエティ番組に引っ張りだこでした。 しかし、2017年に宗教団体『幸福の科学』での電撃出家を発表。 その後、発売された暴露本には移籍前の芸能事務所「レプロ」の衝撃の給料実態が掲載され、大きな話題を呼びました。 現在は千眼美子(せんげんよしこ)という法名で芸能活動を再開されています! そこで、今回は清水富美加さんの当時の気になる年収や宗教団体「幸福の科学」への入信の理由を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:清水富美加(しみず ふみか) 芸名:千眼 美子(せんげん よしこ) 生年月日:1994年12月2日(25歳) 出身地:東京都 身長:162㎝ 血液型:A型 1994年、三姉妹の末っ子として東京都で生まれた清水富美加さん。 2007年、東京都世田谷区の公立小学校を卒業後、日大三中に進学します。 2008年、中2の夏に、レプロエンタテインメント(以下、レプロ)のマネージャーに渋谷で声をかけられスカウトされ、芸能界へ入ります。 2008に『レプロガールズオーディション2008』に出場し、グッドキャラクター賞を受賞。 その翌年にファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルになりました。 清水富美加さんが注目されることになったのは、特撮ヒーロードラマ『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日)に出演がきっかけでした。 女子高生役として登場した清水富美加さんの可愛さが人気を集めました。 一方で高校は堀越高等学校に進学するも、『仮面ライダーフォーゼ』の仕事があまりにも忙しく単位が取れないので、通信制の高校に転校します。 それからはさまざまなドラマやバラエティ番組などに引っ張りだこ。 特に2015年に放送されたドラマ『まれ』(NHK)でのヒロインの同級生役は、憎まれ役だったにも関わらず好評で、多くの人の心に残りました。 人気絶頂だった2017年2月、突如、日刊スポーツが清水富美加さんの『芸能界の引退』と『幸福の科学での活動専念』を報道されます。 清水富美加さんはこのころに、体調不良を理由にさまざまな番組やイベントを降板しました。 すでに制作が終わっていた映画も清水富美加さんが出演している場面を差し替えたり、まだ撮影中だった作品の新しいキャストを探さなければいけなかったりなど多方面で混乱が生じ、批判の声も多く上がりました。 同月に清水富美加さんは幸福の科学の法名『千眼美子』で活動することを発表し、騒動の経緯や自らの気持ちを赤裸々に語った著書『全部、言っちゃうね。 本名・清水富美加、今日、出家しまする。』を出版。 5月には幸福の科学を通じてレプロとの専属契約終了と、幸福の科学が運営する新しい芸能事務所『ARI Production(アリ・プロダクション)』の設立が発表され、清水富美加さんが所属することも明かされました。 現在は千眼美子となった清水富美加さんは芸能活動を再開しています。   ■清水富美加の年収は?人気絶頂だったにも関わらず月収は5万円だったって本当?! 「なぜ、仕事がたくさん舞い込んでいる時にこういうこと(所属事務所との契約解除)になったのか」ということに対して清水富美加さんは 「いまやめないと、本当に死にそうだったから」 と明かしています。 しかし、清水富美加さんが「死にたい」と思い始めたのは、契約解除よりずっと前だそう。 芸能活動を始めて、水着の仕事をするようになった15歳の頃だったと言います。 水着で撮影される仕事が嫌だったのは本当のようで、水着の仕事は「嫌です」といってあったにも関わらず「もう決まっているから」とマネージャーにいわれ、泣く泣く撮影にのぞんだそうです。 しかし、契約解除の最大の要因はレプロ側から突きつけられた厳しい労働条件が原因のようです。 清水富美加さんがブレイクするきっかけとなった特撮「仮面ライダー」の仕事は早朝から深夜まで撮影していたそうですが、その時の清水富美加さんの手取り月給はなんと・・4万5千円だったそう・・・。 若い頃から金銭感覚を狂わせることのないよう、新人時代は給料が低く設定され、その代わりに食事付きの寮などでバックアップするというケースは芸能事務所にはあるそうです。 そのため清水富美加さんの所属事務所だけ特別に給与体系が低いということにはならないという意見もあるようです。 しかし、当時の清水富美加さんはデビュー3年目だったようで「1ヶ月、休みなく働いても給料5万円だった」と主張していました。 この事が本当であれば、死物狂いで働いて、たった5万円の給料を見た時の失望感や会社への憎しみが生まれるのは当然のことだと思います。 そんな富田富美加さんですが、2017年の清水さんの年収は・・1,500万円!と驚愕のものでした! この年収はブレイクを果たした2015年以降の実績が反映されていたようです。 これはNHK連続テレビ小説「まれ」への出演で知名度が急上昇し、バラエティーやCMなどでもマルチに活躍していた時の実績です。 これまで「奴隷給料」として同情を引いてきた清水富美加さんですが、1,500万円もの収入がありながら、一体何に不満があったというのでしょうか? 1,500万円の年収をもらっていた当時、清水さんはフジテレビ系「にじいろジーン」のメーンMCのほか、数々の番組に出演し、主演映画も複数抱え、イベントにも引っ張りだこな状態な上、さらにCMも2本抱えていたという、まさに「売れっ子」でした。 芸能活動でもっとも高額の収入と言われるCM出演ですが、売れっ子芸能人ともなれば、1本当たりのギャラは2000万円前後と言われています。 これらの仕事からはじき出される、清水富美加さんが稼ぎ出した総額は1億円以上とと言われています。 […]