佐々木希の年収は??渡部と「最強カップル」になれる理由とは??意外な交友関係も?!ハーフと言われる原因は?

抜群の美貌と、柔らかな雰囲気から男女を問わず人気を集める佐々木希さん! 結婚、そして現在は第一子妊娠中とプライベートも絶好調です! そんな佐々木希さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になるギャラを徹底調査しました!! ■プロフィール 佐々木希さんは1988年2月8日生まれ、秋田県出身です。 2005年、秋田フォーラスに出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたときに、『週刊ヤングジャンプ』の全国縦断素人美少女発見グラビア「ギャルコンJAPAN」のスタッフが偶然見かけ写真撮影。 「ギャルコンJAPAN」初代グランプリとなりました。 2006年、女性ファッション雑誌『PINKY』の『第2回プリンセスPINKYオーディション』で、応募4,290人の中からグランプリを受賞。 これをきっかけに芸能事務所に所属することになった佐々木さんは、ショップ店員を退職して上京しました。 この後は、モデル活動をしながらテレビにも多数出演。 2008年1月の『PINKY』3月号では初めて単独表紙を飾り、同年2月から「爽健美茶」のCMに杏さん、すみれさん、VANESSAさんと共演して全国版CMデビューを果たしました。 また、同年9月には東京ガールズコレクション2008 A/Wに出演するなどファッションモデルとしてのキャリアを重ねていきました。 女優としても2009年に、映画『天使の恋』で初主演を果たしました。 モデル・女優として大活躍してきた佐々木さんですが、特にその小顔と美貌は話題になることも多いですよね! 2010年、アメリカ合衆国の映画情報サイト「TC Candler」が、ネットユーザーを対象とした投票ランキング「最も美しい顔100人」では、日本人唯一の選出で33位にランクインしたほどです! 順調にキャリアを重ねてきた佐々木さんですが、プライベートでは共通の友人を介して知り合い、2015年4月から熱愛が報じられていたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと、2017年4月に結婚!! 秋には出産予定です!! ■ハーフと言われるのは純粋に彼女の美しさを表している 2021年2月10日追記 この投稿をInstagramで見る 佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿 これを観るだけでわかるでしょう。 言葉はいらない。 美しさがただそこにある。 それだけのことなんです。 佐々木希さんはハーフか純日本人か疑問に持たれている方がいるようですが、彼女は純粋な日本人であり、秋田県秋田市出身の秋田美人です。 ではなぜハーフに間違えられるのでしょうか? それは彼女の顔の特徴にあります。 よくハーフに間違われる人の特徴として、以下が挙げられます。 ・目の大きさ ・ほりの深さ ・鼻が高い ・スタイル ・顔の大きさ ・Eライン ・目の色 一つずつ観ていきましょう。 ・目の大きさ ばっちり大きな目は外国人をイメージする人が多いでしょう。日本人の目は一般的に小さくて細いことが多いため、その真逆である佐々木希さんの目はハーフと呼ばれる材料の一つ。 ・ほりの深さ 一般的な日本人は彫りが浅く、凹凸が少ない顔が多い一方目鼻立ちがはっきりしている。ほりが深いとは行かなくとも、一般的な日本人女性よりははっきりしている顔立ちがハーフと言われる材料になりますね。 ・鼻が高い 一般的な日本人女性の鼻の高さは2.8cmと言われており、これより0.2cm以上高ければ「鼻が高い」と言われる部類ですが佐々木希さんの鼻の高さはおよそ3cm程といわれている。 ただ明らかに高すぎると外国人感が強くなりすぎてローラさんやダレノガレ明美さん的なはっきりとした印象を持たれてしまいます。 近寄りづらいと言うか、高圧的な感じというか。 佐々木希さんは「少しだけ」鼻が高い感じなので丁度いいハーフ感があるのかもしれませんね。 ・スタイル 身長が高くスタイルが良く、腰の位置が高くて手足が長い。ファッションモデルとしても長年活躍できる素晴らしいスタイル。身長168cmという日本人離れした高身長。 これは佐々木希に限らずモデルを努めている方、タレントさん全てに共通して言えることではないでしょうか? 男性の皆さん。特に170cm以下の男性の皆さん。考えてみてください。 彼女らが履いているミニスカート。彼女らはハイヒールを履くこともあるでしょう。もともと腰の位置が高いのに更に腰の位置が高くなります。 その高さのままにミニスカートを私達が履いたらどうなるでしょう?あれがあれしますよ。はみ出しちゃいますよ!詳細はかけませんから何がはみ出るのか教えませんけど。 ・顔の大きさ […]

みちょぱ(池田美優)の年収は?母親はフィリピン人でハーフの噂は本当?似てると言われるゆきぽよとの決定的な違い!身長や事務所などまとめ

みちょぱさんは1998年10月30日生まれ、出身は静岡県浜松市です。 家族構成、母親、兄の3人家族です。色々事情はありますが細かいことは後述しますね。 小さい頃は色々と習い事をしていてとても活発な子供でしたが、飽き性な性格で何をやっても長続きしない子供でした。 習い事や部活をやっても3ヶ月で飽きちゃうそうですが、みんなをまとめるのは得意だったようです。 いまでもテレビ番組の司会をしたり、みんなをまとめるようなコメントが出来るので小さい頃からの才能だったかもしれません。 小学校の詳細は不明ですが以下のどれかが可能性が高いでしょう。 ・浜松市立気賀小学校 ・浜松市立西気賀小学校 ・浜松市立伊目小学校 ・浜松市立中川小学校 習い事は3ヶ月で飽きちゃう性格ですが色々挑戦しています。 習字、ピアノ、ダンスなど この頃は母親の離婚、再婚などもあったため精神的にきつい時期だったと考えられます。 両親の仲が悪いと子供の学習にも影響が出てしまうこともありますし、子供が安心して落ち着いていることが出来なくなってしまう可能性がありますから。 中学校は浜松市立細江中学校ですが、父親との離婚と母親の仕事の関係で東京の北区神谷中学校転校しています。 ちなみに母親は看護助手やファミレス、六本木のクラブなどで働いて子供たちを育てていました。 中学時代はバスケットボール部に入部し3ヶ月で退部、バレーボール部に入部して3ヶ月で退部しています。 根っからの飽き性なんだと思います。 あなたは飽き性の人どう思いますか? 根性がない、諦めが早い、結果が出ない、サボり魔、その他あまりいいイメージはないと思いますが、実はスゴイ特徴があるんです。 飽き性の人は要領を掴むのが上手いんです。 やってみて要領を掴めると上達するのが早い特徴がある一方で、『これは自分には合わない』『周りよりうまく出来ない』と思うとすぐに辞めてしまいます。 しかし自分に会うものをやっている時は、他の人の何倍も成果を出したりみんなを引っ張っていくようなリーダーシップを発揮することも多いです。 石の上にも3年なんて言葉がありますけど、自分にとって合わない石に3年も時間費やすのは頭が悪いです。 その点、みちょぱさんは自分に合う物、合わない物をしっかりと選ぶことが出来たのでしょう。 部活や習い事はすぐに辞めちゃいましたけど、モデルとして大きく成長することが出来ました。 モデル活動を始めたのは中学3年生の時で、この時同時に渋谷にギャルサークル『美舞羽凛(ひまわり)』を作っていました。 しかし、みちょぱさんが作ったのにも関わらずサークルの先輩がいるので彼女が作ったというより発足当初からのメンバーみたいな感じでしょうね。 モデルを始めたのは中学3年生の時 その先輩の1人がファッション雑誌『POPTEEN』の読者モデルを務めていました。 その人とファッション誌の編集部のスタッフさんに繋がりがあったことで、読者モデルを始めました。 ただ当時みちょぱさんの能力やスタイルが良かったから採用されたわけではなく、人が足りないという理由で採用されたので、本人も軽い気持ちで活動を始めています。 また、モデルを始めた当初は全くやる気がなくサボり、途中で抜け出すこともあったが、繰り返していくうちに仕事が来なくなりました。 当然ですがいわゆる『干された』状態になったわけで、それに気づいてからは真剣に仕事に取り組むようになりました。 また、ギャルサークルの方では上下関係がかなり厳しい縦社会構造になっていたので、そこでマナーやルールを守ることの大事さを学んだんだとか。 高校は通信制のルネサンス高校に入学しましたが、高校3年生の頃に同じく通信制のN高校に転校しています。 通信制の理由はモデル活動を続けたいから。 ルネサンス高校からN高等学校に転校したのは、おそらく授業料の関係でしょう。 調べてみると、ルネサンス高校は年間の授業料が約50万円ほどかかるのに対して、N高等学校は10万以内に抑えることが可能です。 N高等学校のシステムとして、世帯年収をベースに授業料が決まることになっているので、今後の進路を考えているあなたや子供の進路を考えているけどお金に余裕がない方は是非検索してみてください。 ちなみにこれはN高等学校のPR案件ではなく勝手に紹介しているだけですから、何かあっても対応致しませんので悪しからず。 もともと学校というものが好きではなく、髪を染めたり、メイク、ネイルを自由に出来、仕事も続けられるところを探したところ通信制の高校に入学する事になりました。 高校1年生の7月にはファッション誌『POPTEEN』の専属モデルを務め、単独で表紙を飾るほどにトントン拍子でした。 今まで何も続かなかったみちょぱさんが初めて長く続いた活動の活躍は止まるところを知らず、高校時代にはカリスマ四天王の1人になるほどの人気ぶりでした。 ちなみにカリスマ四天王は。みちょぱ、藤田ニコル、ぺこ、吉木千紗都です。 高校卒業後は大学進学を考えておらず、芸能活動に専念することに。 そんな、みちょぱさんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:池田美優(いけだ みゆ) 愛称:みちょぱ 生年月日:1998年10月30日 出身地:静岡県浜松市 身長:166cm 血液型:A型 職業:ファッションモデル、タレント […]

菅田将暉の年収は?父親はどんな人?米津玄師とコラボした歌『灰色と青』コラボするきっかけとは?

菅田将暉さんは1993年生まれ、大阪府箕面市出身。 家族攻勢は父、母、弟2人の5人家族です。 小さい時は、女の子みたいにめちゃめちゃ可愛くて近所の人気者でした。虫が大好きで近くの公園や自然の中に入って虫を捕まえたり、カマキリとバッタを戦わせて遊んでいたそうです。 2匹を戦わせているとカマキリが勝っていたそうですが、当たり前ですよね笑。バッタは武器がないんだからカマキリのカマにやられちゃいます。 子供は時々酷いことしますよねー。 小学校は箕面市立西小学校。 当時は運動やスポーツが大好きで好きな科目が体育。地元のサッカークラブ『グリーンフルミネンセFC』に所属していました。 ポジションはトップ下かボランチ、日韓W杯の世代でベッカム選手に憧れていたんだとか。 同サッカークラブの1年後輩には2020年現在『V・ファーレン長崎』の亀川諒史(かめかわまさし)選手も所属していました。 当時から絡みがあったらしく、小学校の時からずば抜けてうまかったそうです。 現在も交流があり、連絡を取るようになったきっかけが2016年のリオデジャネイロオリンピックU−23日本代表がテレビに写りカメラが亀川選手を写した時に菅田将暉さんから連絡を取りました。 亀川選手を呼ぶときの愛称は『カメ』 中学校は箕面市立第一中学校。 中学に上がってもサッカーは続けていましたが、同時にピアノと水泳も習い始めました。 すべて自分からやりたい!と言ってから始めていたので親が強制的にさせたわけではありません。 しかし、やるからには中途半端にするのは嫌な性格の菅田将暉さん。一度始めたなら目標を立てて水泳ならバタフライができるようになるまでやる、ピアノならある楽曲が弾けるようになるまでやる。 目標を自分に設定しながら取り組んでいました。 ところが毎日毎日習い事をしていると、時々逃げたくなる時があるようで。 たまに習い事をサボって友達と遊んでいましたが、ここでお母さんが登場します。 『あんた!なにしてんの!?ほら!習い事行ってきなさい!あんたが自分でやりたいって言ったんでしょ!』 なんて言われながら連れ戻されることがあったんだとか。 高校は大阪府立池田高等学校。 この時はアメリカンフットボール部に所属していました。 池田高等学校のアメフト部の歴史は古く、創部から70年を誇る老舗の強豪チーム。 ポジションはクオーターバック(司令塔的ポジション)アメフトを始めたきっかけは人気漫画の影響らしく、記述はありませんがおそらく『アイシールド21』 当時週刊少年ジャンプで人気の作品で漫画やアニメも大人気で世代的にもぴったりですから。 高校時代はめちゃめちゃモテた 菅田将暉ファンなら知っているエピソードかもしれませんが、高校時代のある時の事。 学校の教室で昼寝をしていた菅田将暉さん。 ちかくで携帯のカメラの『カシャ』っという音が聞こえてきた。なんだろうと思って起き上がるとそこには学校の女子生徒が集まってきていました。 2008年には自身が応募した第21回ジュノンボーイ・コンテストに応募するとファイナリストにまで選ばれました。 アメフトで活躍し、ピアノが弾けて、経済的にも裕福で、イケメンでジュノンボーイのファイナリストに選ばれる。 モテて当然でしょう! ところがあまりにモテすぎたため、軽度の女性恐怖症になり積極的に関わることはしなかったようです。 芸能界を目指すきっかけはジュノンボーイ落選? 2008年、菅田将暉さんが高校2年生の時に応募し最終選考にまで残ったものの、受賞を逃しましたがジュノンボーイに出場したことがきっかけで、現在の事務所『トップコート』に所属することになりました。 その後の活躍については下記に記述しますね。 そんな菅田将暉さんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:菅生大将(すごう たいしょう) 愛称: 生年月日:1993年2月21日 出身地:大阪府箕面市 血液型:A型 身長:176cm 職業:俳優、歌手 所属事務所:トップコート 活動期間:2009年~ 2009年9月 仮面ライダーWの主演決定!初出演が初主演となったシンデレラボーイ 事務所に所属することが決まってからはマネージャーとともにテレビ局や雑誌の編集部など各所に挨拶をして回っていました。 ある日、挨拶回りで訪れた東映本社の関係者に『仮面ライダーのオーディションがあるんだけど受けてみないか?』と誘われて急遽オーディションを受けることになりました。 オーディションを受けにきていた応募者は約2000人ほどでしたし、急な参加だったので正直何も準備していませんでしたが、なんと一発合格し主演に大抜擢されることに。 このときまだ高校2年生でアメリカンフットボールの部活もしていましたが、俳優活動に専念するために引退することに。 同時に高校も中退しているので、学歴としては高校中退になってしまいますね。 この決断は菅田将暉さんにとって大きな決断であり、人生でこれまで泣いたことないくらい泣いてしまったそうです。 […]

田中みな実の年収は?発売した写真集の売り上げ部数がすごい事に!インスタのアカウントを消したのは本人の意思だったのか?

田中みな実さんは1986年11月23日生まれで、埼玉県朝露市出身です。 家族構成は父親、母親、姉、弟の5人家族。 生まれたのはアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ですが、出身は埼玉県。 アメリカ生まれのため『エイミー』というミドルネームがあります。 ミドルネームをつける義務は特になく、つけてもつけなくても良かったのですが、父親の提案で『つけられるならつけておこう』となり、知人女性名の名前をいただく事になりました。 小学生の時は日本の学校やロンドン、サンフランシスコなどの学校を転々としていました。 父親の仕事がメガバンクの役員だったため父親の都合によって住む場所や学校が異なっています。 しかし中学校は日本の学校に入っています。その前準備としてか、6年生の時に日本に帰国していますね。 中学校は東京都大妻中学校。 偏差値67と難関学校のため田中みな実さんの頭の良さがわかるでしょう。 頭だけでなく運動の方も得意で中学校時代には器械体操の部活に所属していました。 また帰国子女なだけあって英語力も抜群。学校の英語の授業は困らなかったでしょうね。 高校は東京都大妻高校。中高一貫校でした。 同校は東京都の千代田区の中でも一等地にあり『日本一地価の高い高校』と呼ばれています。 ここの校訓は『恥を知れ』というものでかなり厳しいのが特徴。 大妻高校の教育方針として『自律と自立の精神』を育む狙いがあります。 『自分で考え行動し、主体的に物事に取り組む』ことが出来る人間を育てる。 中高一貫の理由も2年ごとにカリキュラムが組み込まれており6年間を通して教育してく流れになっています。 中学1~2年生で基礎学力を定着させる期間として、全ての学力をバランス良く向上させる教育を行います。 中学3年~高校1年が充実期といって、各個人が自分の将来や未来に対して現時点で何をしたらいいか考え、それに沿った学習を行う時期になっています。 高校2年~高校3年が発展期と言って、『国公立・私立』『文系・理系』によって類型化された勉強をしていきます。英語の授業について進んでいる人は『発展』そうじゃ無い人は『標準』クラスが用意されています。 中学校で基礎的なことを学びそこから自分のやりたいことや目指すべきことを考える期間を設けた事により、高校卒業時に進路に困る事はなさそうですね。 中学時代から一人でいることが多かった田中みな実さん。友達はいたんだが… 中学の頃から始めた器械体操は高校生の時も続けていて、高校3年生の頃にはキャプテンを務めていました。 器械体操部では友達はいたが、彼女自身が群れることを嫌うため教室では一人でいることが多かったです。 学校の昼食時でもクラスのみんなと机を向い合わせてご飯を食べるのが嫌で部活の『昼練習』という名目でひとりで体育館の裏に行き、そこでご飯を食べていました。 田中みな実さんの考えとして『群れなくても生きていける。周りに同調したところで自分がよくなるとは思えない。出る杭はどうせ打たれるんだからどんどん出る』 可愛い顔だが心に一本芯が遠ている感じがしますね。 一方友達付き合いの少ないが男性からはよくモテていました。 通っていた塾で男子から連絡先の書かれた紙をいただいたり、喫茶店で勉強をしていたら大学生の方からマカロンの差し入れとお手紙をいただいたことがあるんだとか。 頭脳明晰で部活のキャプテンをしていてモテるなんて神様はいろいろ与すぎじゃ無いでしょうか? 大学は青山学院大学の文学部英米学科。 この学科は同校無いで最難関の学科でいわゆる学校の看板的存在でした。 アナウンサーを目指すきっかけは学校の先輩の小川彩佳さんに憧れたからです。 大学入学後テニスサーク『ELLE エル』に所属した田中みな実さんは高校時代とは一変し、サークルで活発に活動していました。 同サークルに小川さんも所属しており、マドンナ的存在でした。 小川さんがアナウンサーの道に進むことを知った事でその仕事に興味を持ち、同じ道を進むことを決めています。 大学時代もモテモテだった田中みな実さんは大学3年生の時に『ミス青山コンテスト』に出場して、準ミスに輝きました。 当時からメディアの露出が増えてきており、ファッション雑誌やポスターのモデルとして活動しており大学4年生の時には『週間ヤングジャンプ』のグラビアに登場しています。 大学時代はサークルやモデル活動、グラビア、文化祭や勉強など人生で一番楽しい時期を送れたようですね。 その後アナウンサーになり写真集を出せば異例の売上部数を突破しアイドルやタレントさんを抜いてトップに躍り出る事に。 大人気だったインスタをやめた理由なども含め! 田中みな実さんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:田中エイミーみな実 愛称:みなみん、みなちゃん 生年月日:1986年11月23日 出身地:埼玉県朝露市(アメリカは出生地) 血液型:A型 身長:153CM 職業:フリーアナウンサー、タレント、モデル 活動期間:2009年〜 ■女性アナウンサーの写真集としては異例の売り上げ部数 田中みな実1st写真集『Sincerely yours…』 […]

黒木メイサの年収は?夫は元KAT-TUNの赤西仁!?お父さんはハーフ!?

黒木メイサさんは1988年5月28日生まれで、沖縄県名護市出身です。 家族はお父さん、お母さん、3人のお姉さんに、メイサさんの6人家族です。 メイサさんは4姉妹の末っ子ということになります。 お父さんはは米軍所属のブラジル系アメリカ人と日本人のハーフ。 お母さんは日本人のため、黒木さんはクォーターとなります。 黒木さんのお父さんは、残念ながら2009年に急性白血病で亡くなっています。 享年59歳だったそうです。 黒木メイサさんの実家は、沖縄県名護市辺野古にあります。 普天間飛行場の移転先候補地になっているところです。 黒木メイサさんの出身小学校は地元の沖縄県名護市立久辺小学校。 また、黒木メイサさんの出身中学校も地元の名護市立久辺中学校です。 黒木メイサさんは10歳の時に、ジャネット・ジャクソンに憧れてダンスを始め、沖縄アクターズスクールに通います。 中学に入学する頃には、黒木さんはストリートダンスの虜になります。 ちなみに、中学時代の黒木さんの夢はダンスのインストラクターでした。 黒木さんが芸能界に入ったきっかけは、中学2年生の時に、沖縄に来ていたスカウトの人にすぐ上のお姉さんが声をかけられ、黒木さんが写っているプリクラを見せたところ、「この子に会いたい」と家まで押しかけてきて、芸能界入りを勧められたことによります。 その後1年間は断り続けていましたが、中学を卒業後15歳で上京して、同じ芸能事務所に所属する若手女優たちと寮生活を送ります。 女優の堀北真希さんは、その時同じ寮にいた友達で、黒木さんとは今でも仲が良いです。 2人のマネージャーが同じ人物だったこともあります。 上京した黒木メイサさんは日本女子体育大学付属二階堂高校に進学。 日本女子体育大学付属二階堂高校は偏差値40で芸能人御用達校として知られています。 頑固で負けず嫌いの性格! そんな黒木メイサさんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:赤西さつき(あかにし さつき)(旧姓島袋さつき) 生年月日:1988年5月28日 出身地:沖縄県名護市出身 血液型:A型 職業:女優、モデル、歌手 活動期間:2004年-       ■できちゃった婚で女児を出産! 2004年(平成16年)、女性ファッション雑誌『JJ』(光文社)にモデルとして登場するようになります。 同年2月には、つかこうへいさん演出の舞台『熱海殺人事件・平壌から来た女刑事』にいきなり舞台初出演して主役を務めました。 同年「めだか」でテレビドラマ初出演。 2005年に「同じ月を見ている」で映画初出演。 翌年の「着信アリFinal」で映画初主演。 2007年(平成19年)第44回ゴールデン・アロー賞(2006年度)新人賞を受賞。 翌2008年(平成20年)6月からは、女優に加えて歌手としての活動も始めています。 その後も「ある愛の詩」や「男装の麗人」などのSPドラマで主演を果たし、2011年には「ジウ警視庁特殊犯捜査係」で連ドラ初主演。 2012年(平成24年)2月2日に元KAT-TUNの赤西仁さんと結婚したと、同年2月9日に所属事務所を通じてファクスで発表されました。 発表当日のスクープ記事に対応する形で公式発表され、また『スポーツニッポン』等では黒木さんが妊娠2か月であると報道されていました。 いわゆる「できちゃった婚」です。 会見などは特に行っていません。 結婚報道から、2か月以上過ぎた同年4月14日に、所属事務所から妊娠4か月であることを正式発表。 報道各社に直筆のファクスを送信しました。 2012年9月23日午後、夫の赤西さん立ち会いのもと第1子となる女児を出産。 当日夜、夫婦連名のFAXで、第1子の誕生を報告します。 結婚時には披露宴などは行われませんでしたが、2016年に結婚パーティーを行ったことが報じられました。 2016年(平成28年)11月26日第2子妊娠を報告。 2017年(平成29年)6月7日第2子の男児の出産をTwitterで報告しています。 赤西仁さんとは仕事を通じて面識があり、赤西さんのロサンゼルス留学中も黒木さんがホームシックになっていた赤西さんを励ましていたと言われています。 そもそもの交際のきっかけは、2011年秋頃に友人を介した食事会でした。 2012年に長女が誕生。 赤西さんはジャニーズ事務所も退所して「ヒモ状態」と報道されるなど、離婚間近では?とも言われていましたが、イクメン姿の報道もあったり、2017年6月には第二子である長男も誕生しており、黒木さんが赤西さんのパパぶりを話すこともあることから、円満な関係が続いていることがわかります。 黒木メイサさんは見た目からもイメージされるように、ガンコで負けず嫌いな性格。 […]

香里奈の年収は?結婚は!?ガンダム遊びをしていた!?

香里奈さんは1984年2月21日生まれで、愛知県名古屋市出身です。 家族は、お父さん、お母さん、お姉さんが二人と香里奈さんの5人家族です。 香里奈さんは3姉妹の末っ子です。 香里奈さんの出身小学校は名古屋市立汐路小学校。 子供の頃はお人形遊びよりも、ガンダム遊びの方が好きでした。 得意のクラッシックバレエは3歳の頃から始めています。 香里奈さんの出身中学校は、名古屋女子大学中学校です。 名古屋市内の松岡怜子バレエ団に入団して、中学校時代はクラシックバレエに打ち込んでいます。 香里奈さんの出身高校は、名古屋女子大学高校です。 高校時代は、安室奈美恵さんが大好きでアムラーでした。 安室さんの真似をして厚底ブーツを履いたり、メッシュにしたりしていました。 一番上の姉の能世あんなさんがファッションモデルとして活動していたことから、「面白いかな」と思って芸能事務所に所属します。 2000年にファッション雑誌の「Ray」の専属モデルとして芸能界デビュー(2014年に卒業)。 2001年にテレビドラマ「カバチタレ!」で女優デビュー。 まだその頃は、名古屋を拠点にしていたので、仕事の度に上京する生活でした。 そのためテレビドラマ「ロングラブレター」に出演する程度でした。 香里奈さんの出身大学は、名古屋女子大学短期大学部。 2002年に所属事務所の移籍に伴って上京し、短大は半年で中退しています。 同じ年フジテレビのビジュアルクイーンに起用され、全国的な知名度が大幅に上昇しました。 自身は男っぽい性格で、家庭的な男性が好き! そんな香里奈さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:野瀬香里奈(のせ かりな) 生年月日:1984年2月21日 出身地:愛知県名古屋市出身 血液型:A型 職業:女優、ファッションモデル 活動期間:2000年-       ■「日本映画批評家大賞」の新人賞を獲得! 2005年には『KARINA』と題した初の写真集を発売。 2007年に「東京ガールズコレクション」のランウェイに初登場し、以後連続出場、このファッションイベントに「欠かせない“顔”」と呼ばれる存在となっていきます。 2008年には『I can.』と題した初のフォトエッセイを発売。 翌2009年3月に新ファッション誌『GINGER〔ジンジャー〕』が創刊すると、山田優さんや竹下玲奈さんを含む5名とともに主力モデルとして登場開始。 以降、同誌にレギュラー登場で、その創刊号でさっそく表紙に登場します。 2011年には3冊目となる写真集『One.』を発売。 2014年にはそれまで14年間にわたって務めた『Ray』の専属モデルを卒業。 女優としては2004年に『ディビジョン1』(フジテレビ)でドラマ初主演。 さらに『深呼吸の必要』で映画初出演にして主演を果たし、翌2005年度「日本映画批評家大賞」の新人賞を獲得。 2008年にTBS系ドラマ『だいすき!!』で連続ドラマ初主演。 翌2009年にも3作の連続ドラマに主演級の役柄で出演するに至ります。 2010年には『ラブコメ』で6年ぶりの映画主演。 さらに2011年にはフジテレビ系のドラマ『私が恋愛できない理由』で「月9」枠ドラマへの初主演。 以後も、『PRICELESS』(2012年・フジテレビ)や『SUMMER NUDE』(2013年・フジテレビ)などのテレビドラマに出演。 かねてよりニッセンのイメージキャラクターを担いテレビコマーシャルに出演。 2005年資生堂の化粧品ブランド「化粧惑星」のイメージモデルへ。 続く2006年には資生堂「TSUBAKI」のテレビコマーシャルに出演した広末涼子さん、吹石一恵さん、黒木メイサさん、および相沢紗世さんの4名とともに全日本シーエム放送連盟の賞を受けています。 ファッションや美容以外のものでは、2008年に幻冬舎文庫からのキャンペーンキャラクター起用を受けその夏季ポスターに登場。 2010年からアサヒビールの新カクテル飲料「ダブルゼロカクテル」のイメージモデルとなって同製品のテレビコマーシャルに出演。 2012年には東京シティ競馬からのキャンペーンキャラクター起用がありました。 香里奈さんは、俳優の田中圭さんと、ドラマ『僕の歩く道』で初共演しており、その後も度々ドラマや、映画で共演するうちに、交際へと発展したと言われています。 特に、香里奈さんの主演映画『ラブコメ』で意気投合したそうす。 飲食店で、食事をする様子が度々目撃されており、ネット上では路上キスの動画が出回るなど、大きな話題にもなりました。 […]

松嶋菜々子の年収は?夫の反町隆史は良いパパ!?身長が高いのがコンプレックス!?

松嶋菜々子さんは1973年10月13日、神奈川県横浜市の出身です。 実家の家族構成は、ご両親とお兄さんと菜々子さんの4人家族です。 お父さんは東証一部上場の工作機械メーカーのサラリーマンだったそうです。 実家は神奈川県座間市にあります。 松嶋菜々子さんの出身小学校は横浜市立矢向小学校です。 小学生までは横浜市鶴見区で育ち、その後デビューまで座間市で過ごしています。 小さい頃は目が悪くて、眼鏡を手放せない状態でした。 小学校の時は兄の影響で、ピアノを習っていました。 また、小学校6年生の時に、松嶋菜々子さんは既に身長156㎝もありました。 当時は背の高いことがコンプレックスになっていたようです。 松嶋菜々子さんの出身中学校は相模女子大学中学部です。 相模女子大学中学部は偏差値48の中高一貫校です。 中学校時代の松嶋菜々子さんはソフトボール部に在籍していました。 松嶋菜々子さんは、中学時代の自身について、「とんでもなくシャイだった」と語っています。 当時、バスに乗車していても降車ボタンが押せず、誰かが降車ボタンを押すのを待っていたそうです。 降りたいバス停で誰も降車ボタンを押さなかった場合はそのまま乗り過ごしました。 そして、次に誰かが降車ボタンを押した停留場でおり、歩いて戻るということを繰り返していたと述べています。 松嶋菜々子さんの出身高校は相模女子大学高等部です。 相模女子大学高等部の偏差値は特別進学コースが62、一般コースが54です。 同校はスポーツが盛んで、バスケットボール部やソフトテニス部が強豪として知られています。 松嶋さんは高校時代は書道部に所属していました。 長身のため学生時代は走ることは得意だった松嶋菜々子さんですが、走る以外のスポーツは苦手でした。 高校入学時には身長がすでに168cmもありました(現在は172㎝)。 松嶋菜々子さんは高校時代に街でスカウトされ、モデルになったことが芸能界入りのキッカケとなりました。 ちなみに、スカウトされた場所は小田急線・登戸駅周辺だったとのこと。 そして18歳の時に旭化成水着マスコットガールに選ばれ、芸能活動をスタートします。 芸能活動に専念するために、松嶋菜々子さんは大学へは進学しませんでした。 言いたいことははっきり言って、意見を通す! そんな松嶋菜々子さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:野口奈奈子(のぐち ななこ)(旧姓松嶋奈奈子) 生年月日:1973年10月13日 出身地:神奈川県横浜市出身 血液型:A型 職業:女優、ファッションモデル 活動期間:1991年-       ■夫の反町隆史さんは、育児に家事に協力的! 1992年18歳から女性ファッション誌『ViVi』の専属モデルを務め、第17代『旭化成せんいキャンペーンモデル』に選ばれます。 1996年NHKの連続テレビ小説『ひまわり』のヒロイン役に抜擢。 1997年松下電工(現パナソニック)のCMイメージキャラクター「きれいなおねえさん」の2代目を務め、好感度No.1女優になっています。 1998年映画『リング』で映画初主演。 ドラマ『Sweet Season』(TBS)で民放連続ドラマ初主演。 ドラマ『GTO』(関西テレビ)の冬月あずさ役で人気を博します。 ドラマも大ヒットとなりました。 1999年3本の連続ドラマ(『救命病棟24時』(フジテレビ)、『魔女の条件』(TBS)、『氷の世界』(フジテレビ))に出演。 2000年8月に3夜連続で放送されたスペシャルドラマ『百年の物語』(TBS)に主演し、平均視聴率29.6%を獲得。 『やまとなでしこ』(フジテレビ)でも30%越えを達成しました。 2001年テレビドラマ『GTO』で共演した俳優、反町隆史さんと結婚。 2002年NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』に唐沢寿明さんとダブル主演。 2004年2月に妊娠が公になり女児(第1子)を出産。 その後、8月には住友生命のCMで活動再開。 2005年1月スタートのドラマ『救命病棟24時』で本格的に女優復帰。 11月にドラマ・コンプレックス『火垂るの墓- […]

若月佑美(乃木坂46)の年収は?高校はお嬢様学校!?卒業後は何してる?

若月佑美さんは1994年6月27日生まれで、静岡県富士市出身です。 家族はご両親とお兄さんとお姉さんと佑美さんの5人家族で、佑美さんは3人兄弟の末っ子です。 お兄さんとお姉さんといつも一緒に遊ぶほどの甘えん坊でした。 若月佑美さんは、富士市内の公立小学校を卒業しています。 小学校時代は非常に成績が良く、たいていクラスで1、2番でした。 また運動神経も良く、足も速かったのでリレーの選手にも選ばれました。 小学校時代は学校行事などで実行委員に選ばれることも多く、責任感の強い生徒だったようです。 小学校2年生の時からクラシックバレエを始めています。 また、若月さんは現在でも二科展に入選するなどの腕前ですが、お祖父さんが美術の先生だったこともあって、幼稚園の頃から絵を描き始めています。 小学校時代は「天才てれびくん」の影響で、モデルを夢見ています。 若月佑美さんの出身中学校は、静岡雙葉中学校です。 カトリック系の私立の女子校で、不二聖心女学院中学校と並んで地元では古くから「お嬢様学校」として知られています。 若月さんは中学時代には美術部に所属する傍ら、絵画教室に通って水彩画を習っていました。 当時は芸能界に進むことはまったく考えておらず、中学時代の目標は美大に進学することでした。 若月さんは高校は静岡雙葉高校に進学しています。 出身中学校の系列校の女子校で、1903年創立の完全中高一貫校です。 高校での募集はなく、若月さんは内部進学をしています。 この高校はミッションスクールで英語教育に定評があるので、英語を重視する上智大学への合格者が多いことが特徴です。 高校時代は美術部と演劇部に在籍しており、当初は美大への進学を目指していました。 しかし、美術部に優秀な生徒が多かったことから自分の才能に疑問を感じて、高校2年生の時に小学校時代の夢だったファッションモデルになることを目指します。 ちょうどその頃、乃木坂46のオーディションを知り、どうせそれなりに生きるなら大きなチャレンジをしたらいいのではないかと思い受けました。 絵画が得意で、二科展に入選! そんな若月佑美さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:若月佑美(わかつき ゆみ) 愛称:みゅうみゅう、わか、若様、ワカツキ、ゆみちゃん 生年月日:1994年6月27日 出身地:静岡県富士市出身 血液型:O型 職業:歌手、女優、モデル 活動期間:2011年-       ■さばさばしているが、寂しがり屋で甘えん坊! 高校2年生の夏休み2011年8月21日乃木坂46の1期生オーディションに合格。 オーディションではSONOMIの「一人じゃないのよ」を歌いました。 その後、通っていた学校が芸能活動を厳しく制限していたことから、静岡県の高等学校から東京都の高等学校へ転校しています。 2011年中学3年生の時から交際していた年上の男性とのプリクラ写真が2度にわたり流出して年内の活動を自粛しています。 2012年1月5日乃木坂46の活動を再開。 2012年2月22日乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング曲「左胸の勇気」「乃木坂の詩」でCDデビューを果たしました。 2012年9月5日『第97回二科展』のデザイン部A部門で芸能人として初入選。 2012年10月15日、『Futureしずおか』(静岡新聞社)の公式サポーターに就任。 2013年3月高等学校を卒業。 2013年4月6日『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始。 2013年5月『16人のプリンシパル deux』で主要十役を制覇。 2013年9月4日『第98回二科展』のデザイン部A部門で再入選。 2014年9月3日『第99回二科展』のデザイン部A部門・C部門の2部門で入選。 2014年9月21日『乃木坂って、どこ?』の「乃木坂46 画王決定戦」で日村勇紀をデッサンしてベスト3に選ばれています。 2015年1月10日乃木神社で成人式を迎えました。 2015年7月11日-9月26日、テレビ東京系テレビドラマ『初森ベマーズ』にイマドキ役で出演。背番号4。ポジションはファースト。 2015年9月2日『第100回記念二科展』のデザイン部A部門(自由テーマ・ポスター)で入選。 2016年『第101回二科展』のデザイン部A部門で入選。 […]