西野七瀬(乃木坂46)の年収は?出身はどこ?びっくりするほどの泣き虫って本当!?

西野七瀬さんは1994年5月25日に大阪府に生まれています。 家族はご両親とお兄さんと七瀬さんの4人家族です。 名前を付ける時、お母さんは「椎菜」という名を考えていましたが、お父さんが「七瀬」という名を考えていて、「七瀬」になりました。 西野さんは子供の頃からまったく泣かない、手のかからない少女でした。 お風呂で溺れた時も泣き叫ばず、湯船に沈んでいたというエピソードがあります。 幼少期から活発で、外で遊ぶのが好きでした。 小学校に上がると「かしこまった」と語っており、おとなしく控えめな性格になったそうです。 小学校時代はサッカー部に入部したこともありました。 小学生の頃から漫画が大好きで、絵を描くのが大好きでした。 「小さい頃からしょっちゅう描いていました。何か紙を見つけては描きまくって。家の壁にもたくさん落書きがあるんですけど、ちょっと成長してからお母さんに「なんでこの家にしたん?」と聞いたことがあって、その家は新築じゃなくて、中古だと思ってたんです。そうしたら「それ全部あんたがやってんけど」と言われて(笑)、それくらい絵を描くのが好きだったみたいです。」と話しています。 小学校時代は、将来は漫画家かイラストレーターになりたいと思っていました。 中学時代は友達が少なく、本人も「暗黒」と呼んでいます。 クラスに友達がなく、休み時間にはやることがなくて寝ていました。 男子とはまったく話をせず、「話しかけないでオーラ」を出していたそうです。 高校は府立松原高校に進学しています。 西野さんはお母さんに看護師になることを勧められて、看護の授業のある同校を選びました。 高校2年生の時に、これまたお母さんの勧めで、乃木坂46の第1期のオーディションを受けています。 2011年8月21日オーディションでは新垣結衣さんの「赤い糸」を歌い、見事38,934名の中から第1期生に選ばれています。 大阪から週末に上京する生活を送っていましたが、それも大変になり単身で上京し高校2年生の11月に日出高校に転校しています。 大学は、芸能活動に専念するために、進学していません。 びっくりするほどの泣き虫! そんな西野七瀬さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:西野七瀬(にしの ななせ) 愛称:なぁちゃん、ななせまる 生年月日:1994年5月25日 出身地:大阪府出身 血液型:O型 職業:歌手、女優、モデル 活動期間:2011年-       ■特技は漫画、絵を描くこと! 高校2年だった2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューを飾った時に、いきなり選抜メンバーに起用されています。 2013年3月、転校先の高校を卒業。 2013年、ドラマ「マナ」で女優デビュー。 2014年4月2日発売の乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」でシングル表題曲で初のセンターに抜擢されました。 2015年1月7日乃木坂46の1stアルバム『透明な色』に収録されている「ひとりよがり」で初のソロ曲を務めます。 2015年1月10日乃木神社で成人式を迎えました。 2015年2月19日ファッション誌『non-no』(集英社)の専属モデルを務めることが発表されます。 乃木坂46としては白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんに続き、3人目の専属モデルとなりました。 2016年9月27日ソロ写真集『風を着替えて』(集英社)を発売、オリコン2016年年間ランキングの写真集部門で1位を獲得します。 2017年3月4日『第3回カバーガール大賞』(カバーガール大賞実行委員会)のエンタメ部門を受賞。 2017年11月14日2018年1月から始まる「土曜ドラマ24 『電影少女 〜VIDEO GIRL AI 2018〜』」(テレビ東京系列)にソロで初主演することが発表されました。 2018年5月9日初のフォトブック『わたしのこと』を発売。 2018年9月20日自身の公式ブログで年内の活動をもって乃木坂46から卒業することを発表しました。 22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で『第69回NHK紅白歌合戦』に出場し、乃木坂46として最後の音楽特番の歌唱を行い卒業しました。 2019年2月24日、京セラドーム大阪で開催された『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY […]

松井珠理奈(SKE48)の年収は?2020年秋に卒業コンサート!?その勝負強さとは!?

松井珠理奈さんは1997年3月8日に愛知県に生まれています。 家族は、ご両親と一人っ子の松井珠理奈さんの3人家族です。 松井珠理奈さんの出身小学校は、愛知県の春日井市立山王小学校です。 松井さんはご両親に厳しく育てられたそうで、そのためか礼儀正しさは業界内でも定評があります。 子どもの頃から活発な女の子でした。 運動神経がよく、スポーツも得意で小学校時代はドッジボールクラブに所属していました。 小学3年生の頃からはヒップホップダンスを始めています。 小学校時代は学級委員を何度も務めたことがあり、当時から責任感が強かったと思われます。 松井珠理奈さんは、小学校入学前から「可愛い服をきた女の子が魔法を使うアニメ」が好きだったといい、ステッキのおもちゃや衣装でなりきって遊んでいたそうです。 ドラマ『ROOKIES』(TBS系)などの学園ドラマが好きだったという松井珠理奈さん。 8歳の頃にみたドラマ『瑠璃の島』(日本テレビ系)の成海璃子さんを見て女優に憧れたそうです。 年齢が近い成海さんが主演しているのを見て、『自分もこういうふうになりたいな』って思っていたと明かしています。 小学校6年生の時、2008年7月31日に『SKE48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数2,670名、最終合格者22名)しました。 出身中学校は春日井市立知多中学校、高校は私立の菊華高校です。 菊華高校は2012年に新設されたスポーツアクトコースに入学。 その名の通りスポーツと芸能コースです。 芸能活動を考えて、芸能コースを選びました。 芸能活動に専念するためか、大学へは進学していません。 2008年10月5日の「SKE48チームS 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演で選抜メンバー16名の一人としてデビュー。 11歳228日で、AKB48 10thシングル表題曲「大声ダイヤモンド」に選抜入りします。 元AKB48の奥菜奈美さんが持つシングル選抜メンバー選出最年少記録を更新しました。 中学1年生の時にはAKB48の12枚目シングル「涙サプライズ」で前田敦子さんと共にセンターを務めています。 世界選抜総選挙で1位を獲得! そんな松井珠理奈さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:松井珠理奈(まつい じゅりな) 愛称:じゅりな、じゅりたん、おじゅり、じゅりぼう 生年月日:1997年3月8日 出身地:愛知県出身 血液型:B型 職業:歌手、女優、アイドル 活動期間:2008年10月5日 ■アンチに負けない芯の強さ! 2009年以降「ヘビーローテーション」「フライングゲット」などのAKB48の代表曲の多数に選抜メンバー入りしています。 2010年発売のSKE48の3rdシングル表題曲「ごめんねSUMMER」、SKE48の4thシングルの表題曲「1!2!3!4!ヨロシク」では松井玲奈さんとダブルセンターポジションを務めています。 2010年の「マジすか学園」でドラマ初主演。 2011年1月12日の深夜ドラマ「モウソウ刑事!」で初主演。 ファッション雑誌「ラブベリー」6月号より同誌の専属モデルを務めています。 2011年の「WAYA!」で映画初主演。 2012年2月4日高校入試に合格したことを発表。 松井珠理奈さんは2012年3月24日に期間限定でAKB48チームKを兼任することが発表されますが、4月6日に体調不良で休養します。 4月14日に、日本ガイシホールで開催されたコンサート「SKE48春コン2012(SKE専用劇場は秋までできるのか?」で14日ぶりに復帰。 コンサート1曲目には、ソロ曲「枯葉のステーション」を歌っています。 6月1日AKB48劇場で行われたチームK 6th Stage「RESET」公演に初出演。 AKB48チームKとしての活動を本格的に開始。 5月から6月にかけて、高校1年の時にAKBの総選挙で初のトップ10入りとなる9位となりました。 10月31日に発売のAKB48の28thシングル「UZA」では、大島優子さんとダブルセンターを務めました。 2013年9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』で優勝し、初めて単独でのセンターポジションを担当することとなりました。 2014年9月9日初写真集『Jurina』(集英社)を発売。 […]

菊地亜美(アイドリング!!!)の年収は?一般男性と結婚!?妊娠の報告も!?

菊地亜美さんは1990年9月5日に北海道北見市で生まれています。 家族はご両親とお姉さん、弟の5人家族で3人姉弟の次女です。 幼稚園の頃からピアノを習っています。 ピアノは飽きっぽい性格の菊地亜美さんが唯一続いた習い事です。 ピアノは毎日練習が必要ですが、菊地亜美さんはコツコツ練習できる子だったのですね。 菊地亜美さんの出身小学校は、北見市立美山小学校です。 小学校時代はバレー部に所属し、アタッカーとして活躍されていたそうです。 アタッカーといえば、バレーボールのポジションでは花形ですから、菊地亜美さんは運動神経が良かったのでしょうね。 小学校の頃から、今と変わらず目がぱっちりとしたとても可愛い女の子でした。 菊地亜美さんの出身中学校は、北見市立東陵中学校です。 中学時代も引き続きバレー部に所属しています。 中学時代には友人2人と同じ男の子を好きになり、3人で一緒にバレンタインチョコを渡したものの、ホワイトデーでお返しをもらえたのは菊地亜美さん以外の2人だけだったんだそうですよ。 とんだ笑い話ですね。 しかし、中学時代にはちゃんと彼氏がいたこともあったようですから、モテなかったわけではなさそうですが、その彼氏に「僕と付き合っていたことは秘密にして欲しい」と言われたという噂もあります。 菊地亜美さんは中学卒業後、道立北見柏陽高等学校に進学されています。 高校の卒業式では『旅立ちの日に』の伴奏をしました。 ちなみに学校では卒業式の予行練習をしたんですが、初めて全員の前でピアノを弾いて合わせたら‥テンパっちゃって伴奏の最初からつっかかる事件がありました。 菊地亜美さんは子供の頃から芸能界に憧れており、高校時代は回転すし屋でアルバイトをしながら札幌のオーディションを受け続けていたそうです。 しかし落選ばかりで、最後に受けたのが現事務所レプロプロダクションの「レプロガールズオーディション」で、最終選考に残ることはできなかったものの、特例で入所が認められレプロエンタテインメントに所属するようになり芸能界入りを果たしています。 運がいいのですね。 そして2007年4月から、本格的に芸能活動を始めるため上京し、日出高校芸能コースへ編入しています。 高校卒業後は芸能活動に専念するため大学進学はしていません。 『アイドリング!!!』に合格して、アイドルの道へ! そんな菊地亜美さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:池田亜美(いけだ あみ)(旧姓菊地) 愛称:あみみ、亜美ちゃん 生年月日:1990年9月5日 出身地:北海道北見市出身 血液型:B型 職業:バラエティタレント、モデル 活動期間:2006年- ■めでたく一般男性と結婚! 2008年年4月に行われた『アイドリング!!!』のオーディションを受けて合格、16号として加入し、アイドルとして活動をスタートします。 同年7月、1st DVD『Angel Kiss〜スマイルパラダイス〜』をリリース。 2009年4月、情報番組『News!371〜アイドル』でレギュラーMCを務めます。 バラエティ番組『半熟ガール〜そらあみアワー』にレギュラー出演。 9月、2nd DVD『Angel Kiss〜あみみのスマイルパーティー〜』をリリース。 10月、冠ラジオ番組『菊地亜美の1ami9』の放送開始。 12月、3rd DVD『菊地亜美です!!!』をリリース。 菊地亜美さんが注目され始めたのは、2011年9月に放送されたバラエティ番組『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系)の企画『AKB48以外だらけの大運動会』。 この中で『とにかく売れたくて仕方ないアイドル』と紹介された菊地亜美さんは、その言葉通りどんどんカメラの前に出て自分をアピールします。 その行動が功を奏し、情報バラエティ『プレミアの巣窟』(フジテレビ系)のレギュラーを獲得しました。 2012年2月、1st写真集『ami-ing』を刊行。 故郷・北海道北見市のイベント『きたみ菊まつり』に初出演。 年間約270本の番組に出演し、ブレイクタレントランキング第5位となります。 2013年1月、オフィシャルファンクラブ「株式会社キクチ」を開設。 8月、会員交流イベント「株式会社キクチ 第一回株主総会」を開催。 11月、バラエティ特番『しくじり先生 […]

ゆきぽよの年収は?ゆきぽよのyoutube収入が凄いって本当?!母親・ミッシェルとの壮絶な過去が話題に!

最近バラエティーに引っ張りだこの『ゆきぽよ』さん。 目鼻立ちの整った可愛らしいビジュアルとギャル調のはっきりしたトークがウケて大人気です。 自身の濃いキャラクターに加え、お母さんは更なるファンキーっぷりを公開し、親子ともに話題になっていますね! そんなブレイク中のゆきぽよさんですが、テレビ出演だけでなくユーチューバーとしても活躍しています。 自身の持つチャンネル『ちっぽよTV』ではかなり稼いでるんだそう・・・。 特にメイク関係の動画は相当な再生数を誇っているそうです。 今回はそんなゆきぽよさんの経歴と年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:木村有希(きむら ゆき) 生年月日: 1996年10月23日(2019年11月現在23歳) 出身地:神奈川県 身長: 157センチ 血液型: O型 父親が日本人、母親がフィリピン人とスペイン人のハーフ、そして妹さんの4人家族です。 2012年に雑誌eggのオーディションで準グランプリになり、そのままモデルに。 ギャル系雑誌「egg」でモデルデビューして、その頃からギャル界で圧倒的な人気を誇っていたようです! その後2年間雑誌モデルを務め、 6秒間の動画配信サービス「vine」では再生回数6000万回を超える記録をつくりました。 これにより、ゆきぽよさんは『ギャル界のカリスマ』と呼ばれるようになります。 そしてゆきぽよさんがテレビ局からオファーが来る位有名になったのが、「バチェラー・ジャパン」の出演です。 この番組はもともと2002年からアメリカで放送されていたもので、1人のハイスペックな男性を大勢の女性が奪い合う婚活サバイバル番組です。 なんと全世界に225カ国以上で放送されている国際的な人気番組です! その日本版にゆきぽよさんは出演していたのですが、好感度ランキング1位に選ばれたのです! その後、本家本元のアメリカ版「バチェラー」のスピンオフ企画「The bachelor winter games」に出演します。 彼女の自由奔放でズバズバ発言するキャラクターとは裏腹に、男性に健気に尽くす優しい姿が気に入られたゆきぽよさんは、 そこで雑誌モデルの時の若いファン層とは別のファンをつかみ、一気に人気に火がつきました。 ちなみにゆきぽよさん、アメリカの番組に堂々と出演していながらも英語は全く話せないそうですw その度胸がまた好感もてますよねw そして、今や雑誌やテレビのほかに、YouTuberとしても収入を得れるほど大活躍しているのです! ■ゆきぽよの年収は? 現在、芸能人としての収入がどのぐらいあるのか公開されてません。 しかし、 モデルやタレントとして露出がかなりあるので、月収100万円以上はあるのでは言われています。 月収100万円となると、年収は・・1,200万円!! これだけでも凄いのですが、さらに自身のyoutubeチャンネル『ちっぽよTV』ではさらに稼いでいるようです! そこではなんと、2017年からyoutube投稿を始め、1年3ヶ月の間で473万円くらいの報酬が出ているんだとか・・! さらに、youtubeはゆきぽよさんがテレビに引っ張りだこになっている現在ではもっと高くなっていると思われます。 とすると、単純にタレント業年収1,200万円とYouTubeが仮に2017年の2倍となっていれば、900万円近くあるので、ゆきぽよさんの推定年収は・・2,100万円!!ということでした!! わずか23歳で年収がそこまであるなんて、さすがカリスマです! ゆきぽよさんはまだお若いですし、今後の活躍しだいで、さらに年収が上がって行く可能性が考えられます。 ユーチューバーを目指す子どもたちが増えているという事に納得してしまうほどの年収ですよね・・。 ■母親・ミッシェルとの壮絶な過去が話題に! 強烈なキャラクターで話題になっているゆきぽよさんの母親・ミッシェルさん。 ゆきぽよさんが感謝しかないというほどの、母親ミッシェルさんとは一体どんな人物なのでしょうか? フィリピンの田舎町で6人兄弟の4番目として生まれたミッシェルさんは、少女時代は芸能人を目指して、芸人事務所に入りレッスンも受けていました。 しかし、親の離婚で母親に引き取られ貧乏になります。 家計を助けるため事務所を辞めて19歳の時、出稼ぎのため来日しました。 ホステスとして働き始めたミッシェルさんですが、当時は日本語が全然話せなかったため毎晩泣いたといいます。 […]

Kōki,(木村拓哉の次女)の年収は?所詮、親の七光り?!現在、世界中からオファーが殺到しているって本当?!

元SMAP木村拓哉さんの次女Kokiさんの衝撃のデビューから1年半。 日本のメディアに多くは出ませんが、実はすでに世界的に有名なモデルとなっていました! インスタグラムも開設から1年で180万超のフォロワーを集めるなど注目を集めています。 語学に堪能で音楽の才能があり、木村拓哉とそっくりなルックスで16歳にしてすでに大活躍中のKokiさん。 では、そんなKokiさん、一体どれほどの年収があるというのでしょうか?? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール Koki(こうき)さんは、本名は木村 光希(きむら みつき)。 2003年2月5日生まれ、父親は俳優の木村拓哉さん、母親は歌手の工藤静香さんです。 芸名は『Kōki,』で「,」はアクセサリー感覚で可愛いとこだわってつけたそうです。 2018年、東京都内のインターナショナル・スクールに在学中の15歳の時に、ファッション雑誌「ELLE japon」7月号表紙でモデルデビューを飾ります。 実は「ELLE japon」の表紙モデルを日本人が飾ったのは2人目ということと、木村拓哉さんと工藤静香さんの子供ということもあり、一気に大注目を集めます。 Kokiさんはモデルの仕事に5歳のときから憧れていたそうですが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったからデビューに至った」と明かしています。 そして、2018年のうちに一気に「ELLE Singapore」、「Grazia China」、「ELLEgirl Japan」、「Numero TOKYO」、「SuperELLE China」、「NYLON JAPAN」の表紙を飾りました。 さらに2018年8月9日、ブルガリのアンバサダーに日本初かつ歴代最年少の15歳で就任し、同年9月にはシャネルの日本初のビューティーアンバサダーにも就任することが発表されました。 2019年5月にはパリ・コレクションにてシャネルの2019-20年クルーズコレクションに出演し、ランウェイデビューを果たしました。 ■Kokiは所詮、親の七光り?! Kokiさんはいわゆる2世タレントですので、やはり父親は木村拓哉さんや母親は工藤静香さんともなると、色々と比べられることも多くて嫌な思いをすることがあるのでは?と思いますよね。 しかしKokiさんは音楽の才能も持ち、特にフルートとピアノの演奏に長けているんだとか・・。 フルートは第23回ヤマノジュニアフルートコンテストで優秀賞を受賞し、さらに作曲も行っているそうです。 2017年にはKokiさん名義で8月30日発売の母・工藤静香さんのソロデビュー30周年アルバム『凛』3曲を書き下ろし、作曲家デビューも果たしています。 他、三浦大地さんや、中島美嘉さんにも楽曲提供をしているそう・・。 もうご両親と比べる必要なんて無いほどの才能の持ち主ですよね! さらに現在もインターナショナルスクールに通学しており、日本語・英語・フランス語の3ヶ国語が堪能で、さらにスペイン語も勉強中なんです。 もう親というより、万人離れですw このようにKokiさんは親の七光りではなく、しっかりとご自身で努力をされ、勉強に音楽に励まれ成果を残しており、もはや親を超えています。 幼い頃より多方面で才能を発揮しているKokiさん、「天は二物を与えず」は嘘ですねw ■Kokiの年収は?世界中からオファーが殺到しているって本当?! Kokiさんは大手ファッション誌の表紙をいきなり飾り、鮮烈なモデルデビューを果たしました。 わずか15歳で才能を開花させた彼女に世界は大注目しているようです。 CMのオファーも殺到していて、通常、新人モデルのCM契約料は150万~300万円が相場だそうですが、Kokiさんに関しては1000万円を超える話もあるとの噂です。 さらに、アジア圏でも人気のある父・木村拓哉さんですので、Kokiさんも当然注目が集まっており、中国企業からのラブコールも熱く、木村拓哉さんと瓜二つのKokiさんをイメージガールにという中国企業がいくつもあるようです。 中国デビューをきっかけに世界的モデルへの道を歩む可能性も充分にありそうです! さらにパリコレではすでに大物扱いされているようで、インターナショナルスクールが夏休みにはいった時、母・工藤静香さんと招待されたパリコレへ行ったそうです。 その際、世界的なデザイナーのカール・ラガーフェルド(84才)と対面するなど、新人ながらも扱いは“VIP”級だったようです! また、2018年5月24日から公式のインスタを始めたKokiさんですが、フォロワー数は現在約180万人超え。 フォロワー数だけで考えた広告収入は1回の投稿で数十万単位で入ってくると予想されます! こちらがKokiさんの公式インスタです↓↓ この投稿をInstagramで見る Exited for the upcoming project !!! […]

Matt(マット)桑田の年収は?美容中毒って本当?!驚きの美容代とは?!マット桑田は性同一性障害なの?

最近バラエティ番組などへの出演が増えつつある、超個性的なキャラクターで謎が多いマット桑田さん。 お父さんはあのジャイアンツの元ピッチャーの桑田真澄さんなんだとか! 美容に莫大な金額を費やするというマットさんは、一体どれほどの年収があるというのでしょうか?? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール マット(Matt)桑田【本名:桑田将司(くわたまさし)】は1994年7月18日生まれ東京都世田谷区出身です。 身長は181cmと長身です。 父親は野球評論家・桑田真澄氏さんで、マットさんが7歳の時、桑田真澄さんが肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響を受け音楽を始めました。 マットさんは普段ブライダルモデルのほか、芸能関係ではサックス、ピアノ、バイオリン、ドラム、歌など、音楽方面をいろいろしているそうです。 野球については小学校の6年間取り組み、肩も強くめちゃくちゃ打っていたそうです。 「デッドボール痛いし…」「(周囲の期待から)どんどん試合に出されるから、めんどくさい!(と思って)」という理由からいつしか野球は辞めてしまったのだそう。 そんなマットさんが話題になった番組が、2017年1月12日に放送されたバラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で、マットさんテレビ初出演の時でした。 髪の毛を金髪に染め、カラーコンタクト、細身でハーフの雰囲気のある(※マットさんは生粋の日本人です)マットさんの姿にTwitterなどネットでは「びっくり~」「えっ!?」「似てない(笑)」「激しいな」「桑田っぽさはどこへ」などの声が多くあがり、一気に注目が集まりました。 これ以降バラエティ番組に引っ張りだことなり、一時期美容に専念するためにテレビ活動を半年間休止したものの、現在ではパワーアップしてテレビ界へ復帰しています。 ■マット桑田は美容中毒って本当?! 美意識が非常に高いマットさん。 確かにマットさんの見た目は、透き通るような肌の透明感といい、ホリが深い目元で鼻筋が通っていて、日々進化していますよね! どうやらマットさんは、 ・まつ毛エクステを週1で行う ・眉毛エクステを週1で行う ・皮膚科でビタミン点滴を週1で行う ・皮膚科でイオン導入を週1で行う といったように、週1ペースで顔を含めあらゆる部分のケアを行い、常に完璧な状態を保っているようです! しかし、このペースで美容ケアを行っていると、その費用もかなりの金額になるようで、なんと月の美容代は驚きの20万円ということでした! 一方でマットさんに対し「マネキンみたいで怖い」「整形依存症なのでは?」こうした声が渦巻いています。 しかし、マットさんは整形については一切否定。 「いつも整形と言う言葉で片づけられちゃうのがすごい心苦しくて…。小さいころから絵を描いていたので、自分の顔をキャンバスだと思って、いつも3時間かけて(メイクを)やってるんです」とマットさんは言います。 陶器のような白く透き通るような素肌は『ピーリング』をやっているそうですよ。 ピーリングとは皮膚表面の古い角質をこすり取り、表皮の新陳代謝を促す美容法で、施術が終わるとしばらくは白くなるのですが、いたちごっこで元の色に戻ってしまうため、繰り返し施術する必要があるそうです。 このピーリングをマットさんは3週間に1度、1回5000円で行っているのだとか。 さらに最近ではまつ毛エクステを両目合計で450本付けたことを報告しています。 一般的に、まつ毛エクステは ・80本でナチュナルな仕上がり ・100本でぱっちりとした目元に ・140本でゴージャスな目元に という変化得られます。となると、マットさんの今回の本数は一般的なまつ毛エクステの比にならないほど圧倒的な本数という事になります。 金額的には3万円くらいでしょうか? しかし、まつ毛エクステはこの後も月に2回ほどメンテナンスに行かなくてならないため、それだけでも毎月2万円ほどにはなりそうです! 自身では毎日トータル2時間以上、美容に時間をかけているようで、朝30分風呂とパック、そして1時間半をかけて化粧をするそうです。 このように多額のお金と時間を費やし美を追求し続けるマットさんは間違いなく重度の『美容中毒』なようですね! こんなインパクトがあるマットさんだからこそテレビに映ると視聴者の目がマットさんに釘付けになり、テレビ業界がマットさんを放っておかないわけです! ■マット桑田の年収は? 美容代が莫大であることがわかったマットさんですが、一体どれほどの年収を得ているのでしょうか? 現在は大学生の頃から始めたブライダルモデルを続けているそうです。 しかしこのモデル業で数百万円稼ぐのは難しいということがわかっています。 他にもサックスやバイオリンといった音楽活動をしていたり、エステやメイク道具の広告塔もやっているようで、これは1つ売れればいくら入るみたいなシステムがあるようですが、マットさん自身の収入がわかる情報はありませんでした。 いずれにしても、月に20万円も美容代に使って生活できるほどの収入はマットさん自信はまだ稼げていなさそうです。 とはいえ、父親は有名な元プロ野球選手。 どうやら父親の真澄さんからお小遣い代わりに桑田真澄さんの名義の家族カード(ゴールド)を渡されているです。 マットさんが10代のころから常習的にカードで好きなだけ買うことができたそうで、最高で音楽機材などを通販で購入し100万円になることもあったんだとか! さらに2017年にはブラックカードを桑田真澄さんに頼んでいたようです。 ブラックカードとは、年会費が数十万円という並はずれた高さで、インビテーションを受取った人のみが手にすることができる最高峰のカードです。 そんなブラックカードを持つ父親・桑田真澄さん、実は生涯年収が・・29億円!!なんだとか!! これならマットさんがいくら使おうとも十分すぎる資産がありそうですね! しかし、いつかは自分で稼がないといけないですけどね〜!! […]

滝沢カレンの年収は?滝沢カレンの四字熟語あだ名付けが面白過ぎる!!1週間に2回服を捨てる?!その理由は…?!

現在、テレビ番組で見ない日はないほど大人気の滝沢カレンさん。 抜群のルックスを生かしモデルとして活躍しつつ、奇妙な日本語を使った天然キャラとしてバラエティ番組でも活躍しています。 そんな滝沢カレンさんですが日本テレビ系バラエティ番組「ナカイの窓」に出演した際、「1週間に2回服を捨てる」と衝撃の告白をしたことが話題になりました。 モデルをしている滝沢カレンさんですので、洋服も決して安物ではないでしょう ! となると、滝沢カレンさんは一体どれほどの年収があるのでしょうか? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 滝沢カレンさんは1992年5月13日生まれ、東京都出身です。 血液型はAB型だそうで、なんだか納得です…。 父親がウクライナ人で、母親が日本人だそうです。 幼少の頃よりファッションモデルに憧れていたそうで、2008年にファッション雑誌「SEVENTEEN」のオーディションでグランプリに選出されます。 そして、同年から同紙の専属モデルとして活動します。 2009年には映画「ROOKIES-卒業-」で女優デビュー。 あの不思議な日本語を話す滝沢さんが女優をしていたなんて、少し驚きですね! 2011年に高校卒業のため「SEVENTEEN」を卒業し、「JJ」の専属モデルになりました。 そして、バラエティ番組、明石家さんまさんが司会の「踊るさんま御殿!!」に出演した際、とんでもない日本語を次々炸裂させたことで一気に注目が集まり、以後多くのバラエティ番組にひっぱりだことなりました。 ■滝沢カレンの四字熟語あだ名付けが面白過ぎる!! 今ではさまざまな番組に呼ばれる度に、その場に居合わせる芸能人に独特のセンスであだ名を付ける事が風物詩となっています。 しかもその四字熟語あだ名がかなり面白いのです! 例えば… 若林正恭(オードリー)→印象皆無 加藤浩次(極楽とんぼ)→朝活将軍 明石家さんま→圧倒的口数 出川哲朗→職業激痛 カラテカ矢部→激細鉛筆 東野幸治→薄情大王 渡部(アンジャッシュ)→芸風過多 藤本(FUJIWARA)→突如顔面 櫻井翔(嵐)→服装迷走 関口メンディー(EXILE)→生涯踊子 堺雅人→恵比須顔 高畑充希→目鼻口近 といったように、芸人さんには比較的キツめのあだ名を付けていますが、俳優・女優さんには悪口にならないギリギリのラインであだ名を付けています。 それでもあまりにハマり過ぎていて、筆者は聞く度に爆笑してしまっています。 実はこのあだ名付けは事前に考えているわけではなく、滝沢さんの特技なのだそうです。 ひらめいてこれだけ的確なあだ名を付けることができる上に、相手を怒らせないあだ名を瞬時に見極めて付けられるなんて、滝沢さんて意外とIQが高そうですよね! ■1週間に2回服を捨てる?!その理由は…?! 滝沢カレンが2018年に日本テレビ系バラエティ番組「ナカイの窓」に出演した時の事です。 『月いくらぐらい使っちゃうの?服で』と司会の中居正広さんに聞かれ、『お給料もらったら8割って言っていいぐらいの数を買います』と告白。 さらに『1週間に2回服を捨てる』と発言したことで場は騒然としたようです。 しかし、そこには滝沢さんのモデルとしてのプロフェッショナルな意識があったようです。 例えば滝沢さんが着ている服を見た誰かに「(同じ服を)買いたい!」と言われた際、『去年のなので売ってないんです』と、(他の人が欲しい時に)買えない服を持っているのが、モデルとしてすごく嫌なのだとか…。 モデルは最新のファッションを提案する側である以上、常に自身もプライベートでも最新のものを身につけていなければならないと考えているのだそう。 しっかりとした理由で場は納得したようです。 確かに、最新ファッションを紹介するのがモデルさんだからこそ、なるべく流行りのものをシーズンごとに着ていてほしいですよね! しかし、残念なことに、放送後に視聴者から「自分で買ったから捨ててもいいけど、それテレビで言うことじゃないと思いますよ。その服で救われる人が今、沢山います」と批判が殺到したようです。 せめて“捨てる”ではなく“あげる”にしておいたほうがよかったようですね…。 ■滝沢カレンの年収は? 番組出演が以前より大幅に増えている滝沢カレンさん。 いよいよ年収も気になってきますよね? しかし、滝沢カレンさんの年収に関する情報は全く出回っていません! 月の給料の8割を洋服に費やするという滝沢カレンさん、一体どれほどの月収、年収があるのでしょうか?! 完全に憶測になりますが、滝沢カレンさんの年収は・・約6000万円!! ではないかと推測します!! […]

森泉の年収は?どうしていつも『タメ口』なの?敬語を話さない理由とは?森泉の家族構成が凄い!!

森泉さんと言えば、超セレブ一家として知られています! モデルでありながら『幸せ!ボンビーガール』『オシャレイズム』などのテレビ番組でも大活躍しており、時折番組でもそのセレブっぷりが明かされる事も…。 そんな、森泉さんは実際どれほどの年収があるというのでしょうか?? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 森泉(もり いずみ)さんは1982年10月18日に5人兄弟の3番目の長女と生まれました。 慶應義塾大学の初等部、中等部を卒業した後、クラーク記念国際高校を経て、米国の高校兼ボーディングスクールであるパットニースクールへ留学。 そして、2002年に175cmの高身長を活かし、19歳でモデルデビューを果たします。 第48回 FCEモデル・オブ・ザ・イヤーを受賞したカリスマモデルとして、パリ・コレクションに出演した事もあります。 また、パリ社交界名簿に名前が載っている日本人のひとりでもあるそうです! 2005年から『おしゃれイズム』にアシスタントとして出演します。 以降、ファッションモデルとしての活動だけでなくタレントとしても活動することになりました。 2006年7月に日本テレビ系「59番目のプロポーズ」では女優デビューも果たしています。 2008年に『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!9」にて降板した井上和香に代わり新メンバーとして加入。 これで一気に大ブレイク! 子供からも人気の番組だったため、知名度がぐんと上がったようです。 また『幸せ!ボンビーガール』に出演し、DIYで家を大改造し、そのセンスの良さと手際の良さで番組の看板的存在になっています。 そして、2018年3月31日に40代の自営業の一般男性と結婚したことと妊娠5カ月であることをFAXで発表。 同年6月19日、「この度、2632グラムの元気な女の子を出産いたしました。無事に新しい家族を迎えることができて本当にうれしいです」とコメントし、第1子女児出産を報告しました。 そして、出産後わずか一週間で『ボンビーガール』に仕事復帰しています。驚くべき体力ですね! ■森泉が敬語を話さない理由とは?! どんな芸能界の大御所にもタメ口を使用することが多い森泉さん。 実は敬語を使わない理由がちゃんとあったようです。 それというのは、「本物のセレブは敬語くらいで怒る人はいないから」だそうで、「(会話は)英語。そもそも英語に敬語はないから」という理由だとか。 そして、森泉さんのご両親も決して敬語を使えとは言わないそうです。 さらに、敬語で話すことによって、本音で話せていない気がするということもあるようです。 確かに敬語があるのは日本語だけなのだとすると、日本人が一般的に「おとなしい」と言われる理由は敬語の壁があるからかもしれませんね! また、森泉さんが『おしゃれイズム』に起用されたのは実は「タメ口」が理由なのだとか。 「フレッシュな女性を探していて他の番組に色が付いていなくて初MCみたいな方を探していた。 良い方がいなくてその時に初めて森英恵さんの孫で良い方がいると聞いて1回会ってみようと会議室をとって、森泉が部屋に入ってきた時パッと部屋の雰囲気が明るくなってオーラを放っていた。 話してみても気さくで天性の良いものを持っていると即決でこの子でいいんじゃないかとスタッフの中でなった」 と、森泉さん独特の口調が番組プロデューサーに好感を得たようです。 俳優の坂上忍さんも森泉さんのタメ口には「なぜか大丈夫」と話しているほどです。 今や森泉さんが敬語を話す姿の方が想像できませんよね! ■森泉の家族構成が凄い!! 森泉さんが超セレブ一家であるということは有名ですが、一体どういった事でセレブになったのでしょう? 実は、森泉さん一家全体が驚くべき経歴の持ち主なのです! 祖父/森賢(もりけん)…元陸軍主計少佐でハナエモリグループ会長 祖母/森英恵(もりはなえ)…ファッションデザイナー 父親/森顕(もりあきら)…株式会社ハナエモリ元社長 母親/森パメラ…イタリア系アメリカ人で元ファッションモデル 長男/森研(もりけん)…Mエンターティメント社長 次男/森勉(もりべん)…ファッションデザイナー 長女/森泉(もりいずみ)…ファッションモデル兼タレント 次女/森雪(もりゆき)…ファッションモデル 三女/森光(もりひか)…ファッションモデル兼タレント という、家族全員がファッション関係の仕事に就いています。 これは祖母である森英恵さんの影響でしょう! 森英恵さんといえば、世界的に有名なファッションデザイナーであり、これまでに数々の映画の衣装を手がけ、「ハナエモリ」という自分の名前のブランドを立ち上げ、世界的に知られるブランドとなりました。 2004年に森英恵さんは引退をしていますが、個人資産が相当あるようで、噂では森一族は30億円くらいの個人資産があるのではないかと言われているそうです! あくまで噂ですが、テレビなどで見る森泉さんの発言などから、確かにお金は相当ありそうですので、間違いなく森泉さんはセレブでしょう! ■森泉の年収や収入は? 資産家のお嬢様であることは分かりましたが、森泉さん自身も現在ではタレント業で大活躍しています。 […]