三浦知良の年収は?そのストイックなプロ意識とは?CM出演で年収がすごいことに!?

三浦知良さんは1967年2月26日に静岡県静岡市葵区に父納谷宣雄さんと母由子さんのもとに生まれています。 小学校4年生の時に、両親が離婚し三浦姓を名乗るようになりました。 叔父(母の弟)にサッカー指導者の三浦哲治さんがいます。 静岡市立城内小学校に入学。 小学時代には伯父納谷義郎さんが監督を務める城内FCに入っていました。 1982年、私立静岡学園高校を8カ月で中退し、ブラジルでプロサッカー選手になることを志し、単身ブラジルに渡航。 CAジュベントスに所属しました。 1986年ペレが在籍した名門「サントスFC」とプロ契約。 日本で開催されたキリンカップサッカー’86にブラジルでプレーするプロ選手として初登場します。 1987年パラナ州リーグ「ソシエダージ・エスポルチーバ・マツバラ」と契約。 アラゴアス州リーグ「クルーベ・デ・レガッタス・ブラジル」(CRB)と契約。 1988年サッカー王国で最もレベルの高いサンパウロ州リーグ「E.C.キンゼ・デ・ジャウー」と契約。 日本人として初ゴール(対コリンチャンス)を決め、ブラジルに“KAZU”の名を強烈にアピールしました。 ブラジルで最高レベルのリーグ戦、コッパウニオン(ブラジル選手権)で活躍。 ブラジルの専門記者によるポジション別のMVP投票にて、左ウイング部門第3位にランクイン。 1989年パラナ州リーグ「コリチーバFC」と契約。 創立80周年のコリチーバに、3年ぶり29回目の優勝をもたらしました。 1990年サンパウロ州リーグ「サントスFC」と再契約。 Jリーグの立役者! そんな三浦知良さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:三浦知良(みうら かずよし) 愛称:カズ、キング・カズ 生年月日:1967年2月26日 出身地:静岡県静岡市葵区出身 血液型:A型 職業:プロサッカー選手、元フットサル選手 ■‌Jリーグ初めてのMVP! Jリーグ発足前に日本のW杯出場に貢献するために日本でプレーすることを選び、1990年日本サッカーリーグ(JSL:Jリーグの前身)「読売サッカークラブ(ヴェルディ川崎/後の東京ヴェルディの前身)」に移籍。 1993年国際サッカー歴史記録学会選定(本部ドイツ・ヴィースバーデン)のアジア年間最優秀選手に選出されました。 1993年にJリーグ開幕。 ヴェルディ川崎の黄金期を築くのに大きな貢献を果たし、ヴェルディ川崎の中心選手として広く知られるようになりました。 日本代表、第6回アジア・アフリカ選手権で優勝(対コートジボワール代表)。 日本代表、第15回ワールドカップアメリカ大会・アジア地区最終予選。 4得点で得点王(2勝2分1敗、第3位で本大会出場ならず。「ドーハの悲劇」)。 1994年グランドチャンピオンシップ優勝(対鹿島)。 主将としてヴェルディをJリーグ初代チャンピオンに導きました。 Jリーグ初代MVP(初年度最優秀選手賞)、ベストイレブン賞受賞。 その後、イタリア・セリエAのジェノアCFCに期限付移籍(1年契約/1994年)や、クロアチアのクロアチア・ザグレブへ移籍(1999年)で欧州リーグでのプレーを経て、京都パープルサンガ(1999年-2000年)やヴィッセル神戸(2001年-2005年)、横浜FC(2005年)で活躍しています。 2011年フットサルリーグ(Fリーグ)「エスポラーダ北海道」に登録。 2012年フットサル日本代表としてフットサルワールドカップに出場。 ブラジル戦でフットサル日本代表としてデビューしました。 ウクライナ戦にて初ゴールを決めています。 三浦知良さんは日本国籍の選手でブラジルで成功、活躍し、有名になった唯一の日本人選手で、 世界各国のサッカークラブを渡り歩いた日本プロサッカー選手の先駆け的存在です。 現在のサッカー人気や日本代表ブーム、自身のセリエA移籍などで、ファンが欧州サッカーへの関心を高めるきっかけをつくるなど、サッカーを日本においてメジャースポーツに押し上げた立役者であり、功労者でもあります。 特に若手が三浦さんを手本とするのは、その強烈かつストイックなプロ意識です。 朝一番にグラウンドに訪れ、ランニングでは常に先頭に立つなど精力的に動き、 練習は別メニューでなく、親子ほどの年齢差のある選手と一緒に練習をこなします。 一日に何度も体重を量り、フィジカルトレーナー、マッサージトレーナー、栄養士は個人で雇い入れているほど、徹底した体調管理を行っています。 シドニーFC在籍時にはピエール・リトバルスキー監督から「カズはサッカー選手のお手本。シドニーFCの選手達はカズからプロ精神を学んだ」と賛辞を贈られています。 そのプロ意識の高さには驚きますね。 ストイックなイメージで知られていますが、孤高の存在というわけではなく、欧州でプレーする長友佑都さん・長谷部誠さん・内田篤人さん・香川真司さんらと食事会(通称「カズ会」)を行うなど面倒をみているそうです。 その際、カズの隣の席の争奪戦が起きるほどに慕われているとのことです。 三浦知良さんには次のような言葉があります。 […]

羽生結弦の年収は?愛用のマスクの値段は?衣装代ってどのくらいするの?

羽生結弦さんは1994年12月7日に、宮城県仙台市泉区に生まれています。 名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をしてほしい」という願いから「結弦」とつけられました。 2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があり、スケートを始めたのは喘息を克服するためということもありました。 喘息のため10代の頃から体力や持久力で劣ると指摘されてきましたが、投薬治療や吸入薬、鍼治療,気道を開く施術、移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け体力面でのハンデは大分改善されました。 しかし練習拠点をカナダに移してからは環境の変化により激しい発作に襲われることもあるそうです。 1枚1万1980円もするマスクをして話題になりましたが、愛知県の中小企業「くればぁ」が作った高性能マスクで洗って100回使うことができるそうです。 影響を受けた選手としては、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ディック・バトンを挙げています。 特にエフゲニー・プルシェンコの影響を受けていて、2002年のソルトレイクシティ五輪でプルシェンコの演技を見て心酔し、技の手本とするばかりでなくマッシュルームカットを真似していた時期もありました。 プルシェンコの得意技のビールマンスピンをプログラムに取り入れるなどもしています。 理想とする王者像はプルシェンコであり「彼のような存在になれるように努力していきたい」と述べています。 プルシェンコみたいな強いスケーターになりたい! そんな羽生結弦さんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:羽生結弦(はにゅう ゆづる) 生年月日:1994年12月7日 出身地:宮城県仙台市泉区出身 血液型:B型 職業:フィギュアスケート選手(男子シングル) ■くまのプーさんが大好き! 2014年ソチ、2018年平昌オリンピック連覇。 2014年、2017年世界選手権2回優勝。 2013年、2014年、2015年、2016年グランプリファイナル4連覇。 2020年四大陸選手権優勝し、ゴールデンスラム、スーパースラム。 2012年-2015年全日本選手権4連覇。 世界ランキング、2013/14-2017/18まで5シーズン連続1位。 2016年オータムクラシックのショートプログラムについてISU公認の大会で、史上初の4回転ループに成功。 ISUジャッジ・システムのもとに開催された国際大会について史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティング200点、トータルスコア300点超えを達成。 2014年、2018年には紫綬褒章。 2018年には国民栄誉賞を受賞。 羽生結弦さんはくまのプーさんが好きで「いつも変わらないあの表情をみるとリラックスできる」とのこと。 ティッシュカバーにプーさんを愛用しており、試合の際には毎回必ずリンクに連れてきています。 (オリンピックなど商標権の問題で持ち込めない場合は選手村で留守番なんだとか。) 国際大会での演技後にはあまりにたくさんのプーさんが投げ込まれるので、持ち帰れずに行った先に寄付するそうです。 平昌オリンピックの時に投げ込まれたプーさんたちは、ボランティアの現場スタッフにプレゼントされました。 ■「努力できることが才能である!」 いつも全力で取り組む羽生結弦さんにはたくさんの名言があります。 そのいくつかを見てみましょう。 「自分自身が納得できる演技をしたい」 「僕は僕、羽生結弦以上でも、以下でもない。ありのままの自分が出来ることを、五輪でもしっかりやりたい」 「君が代が流れて日本代表として誇らしい気持ちになった。日本の人たちと一緒に喜びを分かち合いたい」 「『絶対に勝ちたい、こんなんで負けてたまるか』という怒りの感情で自分のアドレナリンをしっかり出しきれた」 「いつも心を開いているんです。心を開いていなきゃ、何も吸収できないしおもしろくない。心を開く事が成長の原動力」 「一生懸命さが大事。1分1秒を大切にする」 「僕の場合、悔しさってすごい原動力」 「いかなる状況においても全力を出し切ることがスケーターとしての流儀です」 「今しかできないことを全力でやる」 「王者になる。まずそうして口に出して、自分の言葉にガーッと追いつけばいい」 「とにかく負けず嫌いだったので、何をするにしても、自分ができないと『絶対に一番になってやる』と思って、練習に取り組んでいました」 「選手1人1人、いろいろな特徴であったり、得意とするところがあると思います。この選手ならこれ、と。でも僕は、絶対に負けないスケーターになるというが考えているところです」 「具体的に自分が何をすべきか、今何をしなくてはいけないのか、諦める諦めないの前に考える」 「逆境は嫌いじゃない。それを乗り越えた先にある景色は絶対にいいはずだと信じている」 「プレッシャーを感じても乗り越えることができれば自分が強くなれる」 「プレッシャー、大好きですから」 「相手が誰であろうと絶対勝つ」 ■羽生結弦さんの年収は? […]

松井秀喜の年収は?メジャーの年俸は桁外れ!?現在はニューヨーク・ヤンキースのジェネラル・マネージャー?

松井秀喜さんは1974年6月12日石川県能美町根上町(現・能美市)に瑠璃教会二代目司教である父・松井昌雄さんと母・松井さえ子さんとの間に生まれています。 3歳で自宅近くの保育園に入園。 8歳くらいに見えたそうで、保育園史上最大の園児と言われていたそうです。 根上町立浜小学校に入学。 体格が大きかったため、小学校1年生の時に3年生以上で構成される軟式野球チームに特別に入団させてもらいましたが、幼すぎて監督の指示が理解できず、一旦野球を辞めてしまいます。 小学校5年生の夏休みに、野球に打ち込む3歳年上の兄に触発されて再び軟式野球チームに入り本格的に野球を始めました。 元々は右打ちでしたが、あまりに打球を飛ばす為に野球仲間である兄とその友人たちに打てなくする目的で「尊敬する掛布雅之選手と同じ左」で打つように勧められて、左打ちに変更します。 当時はタイガースファンだったんですね。 小学3年からは柔道教室にも通い、能美郡大会で優勝、石川県大会では3位に入り国体強化選手にも選ばれています。 能美市立根上中学校に進学してからは、野球に専念するようになりました。 中学時代は捕手をつとめ、2年夏から投手に転向。 通算打率6割を超えていました。 3年生になると飛距離は130メートルにて達しています。 その一方で、中学1年の時には能美郡相撲大会に出場し、個人戦で優勝しています。 ゴジラ、子供の頃からメガ級の活躍! そんな松井秀喜さんの気になる年収を徹底調査しました! ■プロフィール 本名:松井秀喜(まつい ひでき) 愛称:ゴジラ 生年月日:1974年6月12日 出身地:石川県能美郡根上町(現・能美市)出身 血液型:O型 職業:元プロ野球選手(外野手)、ニューヨーク・ヤンキースのGM特別アドバイザー ■「こんな高校生見たことない!」 高校は星稜高校に入学。 1年生から4番打者を務め「星稜恐怖の1年生4番」として徐々に野球関係者に知られるようになりました。 夏の甲子園では初戦で対日大鶴ケ丘戦で敗退しています。 高校2年の秋の明治神宮大会では帝京相手に4敬遠されましたが見事優勝。 3年夏の甲子園は5打席連続敬遠され、明徳義塾高校に敗退しています。 高校通算打率は.450、本塁打は60本。 1992年11月21日に行われたプロ野球ドラフト会議は抽選の結果交渉権を獲得したのは巨人でした。 松井さん本人は阪神を強く希望していましたが、長嶋監督から直接電話があり感銘を受けて巨人入りを決めたとのことでした。 1993年のプロ初のキャンプでは150メートル級の場外弾を連発。 キャンプ2日目にはフリー打撃で13本の柵越えを放ち「こんな高校生見たことがない」とコーチに言わしめたそうです。 1998年、2000年、2002年には本塁打と打点の二冠王、2001年には首位打者を獲得しています。 守備でも2000年から3年連続でゴールデングローブ賞を受賞しています。 2003年からはヤンキースへ移籍。 2009年にはヤンキースは9年ぶり27回目の大リーグワールドチャンピオンに輝き、松井秀喜さんは日本人で初めてMVPを受賞。 2010年からはロサンゼルス・エンゼルスなどで活躍。 2013年には国民栄誉賞を受賞しています。 ■「努力できることが才能である!」 実家は祖母・松井瑠璃寿さんが設立した宗教法人「瑠璃教会」であり、初代司教が瑠璃寿さん、お父さんは二代目司教で松井さんの人格形成に大きな影響を与えています。 小学3年生の時にお父さんから贈られた「努力できることが才能である」という言葉を大切にしていて、お父さんがその言葉を筆で書いた紙を長く勉強机の前に貼っていたそうです。 本人曰く「他人の悪口を言わない」ということが松井さんの信条の一つです。 お父さんと悪口を言わないことを約束しているそうです。 また松井さんはグラブやスパイクなど野球用具をとても大事に扱っています。 特にグラブは毎日磨いていて「野球を始めたときからずっとしています」と述べています。 ジョー・トーリも「彼ほど道具に対してリスペクトを持っている選手は見たことがない」と言い、松井さんの人間性を高く評価しています。 道具を大切にする姿勢については、「道具を大切にしなさい」という子どもの頃からの教えを忠実に守っており、グラブ磨きは「僕の野球の原点」だと語っています。 「一本のバット、一つのグラブは、いろいろな人の苦労によって出来上がっている」ことを強く意識していて、用具作りに携わった人々への感謝の気持ちを常に抱いているそうです。 本業の野球以外にもCM撮影やテレビ出演などで多忙でも、練習後にファンにサインをねだられても断らず、記者への対応も丁寧で、こうした振る舞いから、2005年度の小学校、2006年度の中学校の道徳副読本に登場。 甲子園で5連続敬遠四球を受けた時の対応など「誠実」「明朗さ」が取り上げられました。 ■松井秀喜さんの年収は? 松井秀喜さんの年収はいくらくらいでしょうか。 プロ野球に入り5年目には1億円の大台に乗り、10年目には6億1000万円という年俸を手にしています。 […]

長嶋茂雄の年収は?現在の年齢は?好きな歴史上の人物は?妻は東京オリンピックのコンパニオン!?

長嶋茂雄さんは1936年2月20日に千葉県印旛郡臼井町に、兄1人姉2人の4人兄弟の末っ子として生まれています。 生家は農家でしたが土地を貸し、お父さんは臼井町役場の収入役や助役として働いていました。 幼少時代東急フライヤーズの大下弘や大阪タイガースの藤村富美男のプレーに魅了され野球選手を志すようになります。 子供の頃は阪神ファンだったとのこと。 小学4年生からお兄さんの影響で野球を始めました。 当時は終戦間もないということもあって道具が揃えられず、お母さんのお手製のボールとグラブで、初めて握ったバットは青竹を割ったものでした。 小学校6年生の時にお兄さんが所属していた地元の青年野球団のハヤテ・クラブに入団します。 中学校は、臼井二町組合立中学校に入学し、野球部に入部します。 1951年4月には地元の名門千葉県立佐倉第一高等学校に進学。 2年から4番打者を担いますが、高校時代はほぼ無名でした。 南関東大会に千葉代表校として出場。 第1回戦熊谷高校との試合では敗れたものの、6回表に高校公式試合自身唯一の本塁打を放ち、その飛距離が350フィート(約107m)と特大だったため、野球関係者から注目を集めることになりました。 プロ野球からスカウトが来ましたが、お父さんが進学を希望し、読売ジャイアンツからのプロ入りオファーを長嶋さんに知らせないで断っています。 何事もあきらめずに続ける長嶋さん そんな長嶋茂雄さんの気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 本名:長嶋茂雄(ながしま しげお) 愛称:ミスタージャイアンツ、ミスタープロ野球、ミスター、チョーさん、燃える男など 生年月日:1936年2月20日(2020年3月現在で84歳) 出身地:千葉県印旛郡臼井町(現千葉県佐倉市)出身 血液型:B型 職業:元プロ野球選手(内野手)、プロ野球監督、読売ジャイアンツ終身名誉監督、日本プロ野球名球会顧問、ジャイアンツアカデミー名誉校長 ■天覧試合9回裏でサヨナラホームラン! 立教大学野球部推薦入学順位2位で合格。 1954年立教大学経済学部に進学。 同年6月にお父さんが急逝しています。 お母さんが行商などをして家計を支えることになりました。 立教大学では杉浦忠投手(南海ホークス)、本屋敷錦吾内野手(阪急ブレーブス、阪神)とともに「立教三羽烏」と呼ばれ、1956年の春季リーグ戦と1957年の秋季リーグ戦で首位打者を獲得する活躍を見せました。 読売ジャイアンツから説き伏せられ、お母さんが在京の球団を希望したこともあって、入団します。 契約金は当時最高額の1800万円、年俸は200万円でした。 三冠王というのは、首位打者、最多本塁打、最多打点の3つのタイトルを獲得することですが、長嶋茂雄さんは1958年には本塁打王と打点王の二冠を達成しています。 惜しくも首位打者争いは2位となり新人での三冠王には届きませんでした。 1959年には昭和天皇が試合を観戦するというプロ野球史上初の天覧試合が行われました。 巨人対阪神で、お互い譲らず4対4で迎えた9回の裏、昭和天皇の観戦は21時15分まで決められていてそれまでに決着がつかなかったらどうするかと関係者が頭を悩ませていましたところ、 長嶋さんが9回の先頭打者でサヨナラホームランを打ち、約束の3分前に決着をつけました。 ここぞというみんなが打って欲しいと思っている時に、打てるというのが長嶋さんのすごいところですね。 1974年中日が20年ぶりのリーグ優勝を決めて、巨人のV10が消えた日、とうとう長嶋茂雄さんが引退表明をしました。 「我が巨人軍は永久に不滅です!」というのは有名な言葉です。 2013年に国民栄誉賞を受賞。 ■座右の銘は「快打洗心」! 長嶋茂雄さんは自身の性格については「セッカチですが、物事を放り出すことはありません。投げ出さずに一歩ずつコツコツ物事を続けるのは習い性になっています。 毎日少しずつでも物事を積み上げ、最後まであきらめない」と述べています。 座右の銘は「快打洗心」。 飛田穂洲の「一球入魂 快打洗心」から借りたもので、現役時代のサインにはこの言葉を添えることが多かったそうです。 監督時代のサインには快打を取り「洗心」あるいは洗まで取り「心」という言葉を添えていました。 好きな歴史上の人物は二宮尊徳(金次郎)で長嶋家の庭には二宮金次郎の石像があります。 「豪雨被害のニュースを新聞で読み、テレビで見て溜息交じりで庭に目をやると金次郎が目に入る。その姿に奮い立つのです。」と語っています。 1964年10月報知新聞社の「ON五輪をゆく」という企画で東京オリンピックのコンパニオン数人と対談をした際に、その中の一人西村亜希子さんに一目ぼれし、同年11月26日に婚約。 翌1965年1月26日に結婚し、2男2女をもうけています。 長男長嶋一茂さんはプロ野球選手からタレント。 次女長嶋三奈さんはスポーツキャスター。 次男長嶋正興さんは自動車レーサーから環境活動家になっています。 ■長嶋茂雄さんの年収は? 長嶋茂雄さんの年収はどのくらいだったのでしょうか? […]

福原愛の年収は?3,000万円の結婚指輪を贈った江宏傑って何者?!年収は?!福原愛の結婚後、アンチが急増した?!

リオデジャネイロオリンピックで大活躍をした福原愛さん。 オリンピックが終了して1ヶ月過ぎた頃に台湾のイケメン卓球選手の江宏傑(ジャンホンジュ)と国際結婚をしました。 そして、結婚記者会見で見せた江選手から贈られた結婚指輪がなんと3,000万円なんだとか?! しかし、江選手はそこまでの年収はなく、逆玉の輿なのではないかと言われています。 そんな『逆玉婚』が噂される福原愛さんの年収は一体いくならのでしょうか? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 福原愛(ふくはら あい)さんは1988年11月1日生まれ宮城県出身です。 「愛」という名は、出生の1年前に亡くなった祖母「愛子」からもらったそうです。 福原愛さんは生後6ヶ月でスイミングを始めます。 10歳年上のお兄さんが東京在住の中国の卓球元チャンピオンに仙台に来てもらい、1-2回/月の指導を受けていましたが、費用面から仙台に移住してもらって毎日指導してもらえる環境を整えたそうです。 このような環境下ですのでお母さん(元卓球選手)とお兄さんの影響を受けた当時3歳9ヶ月の福原愛さんは、この時から卓球の英才教育を受け始めます。 しかし、プレイするには身長が低かったため、ゴミ箱や並べた缶詰の上に乗って高さ調整をして、平日4時間、休日8時間の練習を毎日欠かさず行ったといいます。 すると練習を始めて数ヶ月でミスなく100本ラリーが出来るようになり、4歳6ヶ月で1000本ラリーが出来るようになったそうです! 天真爛漫に振舞う福原愛さんはテレビでもしばしば取り上げられ「卓球の愛ちゃん」として知られるようになりました。 また、厳しい練習にも泣きながら耐える姿や、試合中に不利になり始めると泣き出す姿から「泣き虫・愛ちゃん」とも呼ばれるようになって、一躍国民的アイドルとなりました。 その後はオリンピックを始め世界卓球選手権大会などで多く国際大会で活躍します。 そして、リオデジャネイロオリンピック終了後の2016年9月1日に中華民国の卓球選手・江宏傑さんと結婚し、リオデジャネイロオリンピック以降は選手として公式戦に出場することはなくなります。 そして2018年10月21日、自らのブログを更新して「若手が育ってきたこと、選手ではない違う立場で次のステップへ進みたい」と語り、現役を引退することを表明しました。 現在は2人の子の母親として幸せな生活を送っているようです! ■3000万円の結婚指輪を贈った江宏傑って何者?!年収は?! お二人は結婚式にかなりのお金をかけたようです。 まず、江選手が福原愛さんに贈った指輪ですがこれは中国のジュエリーメーカー「BLOVES」のダイヤの指輪で3,000万円と話題になりました。 さらに会見時の福原愛さんの振り袖の着物が500万円以上だとか。 レンタルとはいえ高価なウェディングドレスに、更には1億円のマンションを2宅も購入したとか…。 そんなに高額な物をポンポンと買える江選手は一体どれほどの年収があるというのでしょうか? 江選手は福原愛さんよりも世界ランキングが低いのですが、台湾ではトップクラスの卓球選手でしかもイケメン!! なんと台湾で行われた結婚会見には台湾ほぼすべてのメディアが殺到したと言われています。 それほど台湾では人気の江選手ですので、卓球での獲得賞金は低いでしょうが福原愛さんと同様に台湾でのCM出演料やスポンサー契約での年収が凄いようです。 そもそも江選手は台湾の中でも大手銀行の合作金庫銀行に所属しています。 台湾は日本よりも社会的地位に伴う収入格差が激しいとの事なので、江選手が大手銀行に勤務しているならば、それだけで台湾の格差社会中の上層にいることになります。 公開されていた江選手の銀行での年収は約600万円との事です。 台湾の平均年収は160万くらいのようなので、およそ4倍はもらっているのです。 そして、江宏傑の出身地である台湾、そして中国は言わずと知れた卓球王国です。 ですからプロの卓球選手ならば年俸は軽く1,000万円を越えるとか。 その上、選手の育成強化対策として国から補助金も出るようです。 江宏傑はツアー賞金なども入って来ますから、江宏傑の年収も1,000万円以上になりそうです。 しかし年収が1,000万円では2億円近いマンションを買うには勇気がいりますよね? 実は台湾では両親が子供に家を購入するという文化があるみたいです。 そして台湾では職業よりも家柄で年収が決まるそうで江宏傑の家は古くからの名家だそうで父親も高収入を得ているようです。 名家・エリート・イケメンの三拍子が揃った江選手。 上には上がいるようです! ■福原愛の年収は? 卓球選手の年収は実はテニスや野球・サッカーなどの競技と比べると年収の収入源の数が少ない賞金総額も低いように思います。 実際に卓球選手・水谷隼さんは2015年の卓球の試合での年収ですが、ワールドツアー参戦して優勝2回と準優勝2回して2015年の年収のうち1,500万円が獲得賞金だそうです。 水谷選手より福原愛さんは優勝していないため、獲得賞金は少ないはず…。 ということで調べてみると最高推定年収は・・1億2,000万円ということでした!! え?!もの凄い年収…。 それというのもトップアスリートのCM契約料の相場が2,000万円程度ですが、福原愛さんは小さい頃からの好感度が高いので4,000万円程あるようです! さらにオリンピックでメダルを獲得したことでCM契約料が一気に7,000~8,000万円に跳ね上がっている可能性があるそうです。 卓球の世界大会での獲得賞金だけの年収は他のスポーツ選手に比べれば決して多くもありませんが、国民的アイドルの存在の福原愛さんはCM契約料だけでも5,000万円はくだらない年収となり、さらにスポンサー契約もあり、全日空とのスポンサー契約料が8,000万円だったので、年収は最高で1億超えをしたようです! ■福原愛の結婚後、アンチが急増?!そのワケとは?! 幸せそうなお二人を祝福しているファンが多い一方、3,000万円と言われる巨大な婚約指輪をさりげなく公開したことを皮切りに鼻についたとの声があがり始めました。 さらに元旦に台湾で結婚披露宴が開かれましたが、公開される写真があまりに幸せアピールが過ぎるとさすがに世間から厳しい声がちらほら。 […]

イチローの年収は?幼少期から天才だった?!衝撃エピソード!アスペルガー症候群の噂の真相・・・

2019年3月21日をもって現役引退を表明し、超満員の観衆から喝采を浴びて現役生活を締めくくったイチロー選手。 イチロー選手は日本人野手初のメジャーリーガーとして渡米し、日米の28年間で偉業とも言えるかつてない実績を積み上げてきました。 今回はそんなイチロー選手の気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール イチロー選手(本名:鈴木 一朗)は1992年8月27日生まれ、神奈川県出身です。 小学校時代は地元の少年野球チーム所属していました。 エースで4番として活躍し、6年生の時には全国大会に出場しました。 高校は愛知工業大学名電高校へ進学。 愛知を代表する名門野球部において1年時からいきなりレギュラーを獲得します。 2年時に夏の甲子園、3年時に春の甲子園と2度甲子園に出場したものの、いずれも初戦敗退に終わります。 しかし、高校3年生の地方大会での打率が7割以上を記録するという名打者になります。 また高校時代は投手だったのですが、交通事故(自転車での通学中に車と接触している)による怪我が原因で投手から野手転向を余儀なくされてしまいます。 そしてイチロー選手は1991年、秋のドラフト4位で愛知・愛工大名電高からオリックスに入団しました。 1994年に年間最多(当時)となる210安打を達成! そして1994年から2000年まで、史上初めて7年連続で首位打者になりました。 2000年にポスティングシステムを利用して大リーグ・マリナーズに移籍し、2012年途中からヤンキース、2015年からマーリンズでプレーします。 2016年6月には日米通算安打数を4257とし、ピート・ローズの持つ大リーグ最多4256安打を抜き、同8月には大リーグ史上30人目、日本選手では初となる通算3000安打を達成し、偉業を成し遂げます。 その後、2018年の後半は「会長付特別補佐」となり、選手としては試合に出場することはなくなりました。 日米通算4367安打(日本1278、米国3089)と大活躍をされたイチロー選手ですが、2019年3月21日アスレチックスとの開幕第2戦後、引退を電撃発表しプロ野球を退くことになりました。 ■イチローは幼少期から天才だった!! ”天才”と言われるイチロー選手は幼少時代から、やはり普通の子供とは違ったようです。 「3歳の時にはじめておもちゃのバットとボールを持たせたら、その日から寝る時も離さなくなったほど、野球好きな子どもでした」とイチロー選手の父親がインタビューで答えていたように、初めてバットを握って以来、野球の練習に没頭していたそうです。 3才から7才までは半年くらいは野球に打ち込んでいたとイチローは小学6年生で作文に書いています。 小学校時代は地元の少年野球チームに所属しました。 しかし3年生の時、少年団の練習だけでは足りずに、自分から父親に毎日の練習の相手をお願いしたそうです。 この後、イチロー選手は小学校を卒業するまでの4年間、父親と毎日野球の練習を欠かさずにしていました。 本学年が上がるにつれてその練習量がさらに足りなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ毎日通い詰めていました。 そして、バッティングセンターに通いつめるあまり、普通の球速では満足できなくなり、地元のバッティングセンターの社長がイチロー専用のマシンを作ってくれたという驚きのエピソードもあります! なんと、小学生でありながらイチロー選手は既に速度100キロの球を打っていたと言うから驚きです! さらにイチロー選手の小学6年生の作文では「1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です」と書かれていて、小学生ながらそのストイックぶりには脱帽です! やはりどんな天才も、努力なしには大成しないようですね。 毎日毎日コツコツと努力をつづけていたから、今のイチロー選手があるのです! ■イチローのアスペルガー症候群の噂?! そんなイチロー選手ですが、一部ではイチロー選手はアスペルガー症候群なのではないかと噂されています。 もちろん、これは公式に発表されているわけではなく、あくまで噂です。 アスペルガー症候群とは発達障害のひとつで、アスペルガー症候群には大きく分けて3つの症状があります。 「コミュニケーションの問題」「対人関係の問題」「限定された物事へのこだわり・興味」です。 なぜイチロー選手がアスペルガー症候群だという噂が立ってしまったのでしょうか。 イチロー選手は生活や仕事(野球)に長年ルーティーンを設けているそうです。 イチロー選手は毎日カレーを食べていたという話はきいたことがあるのではないでしょうか? またユンケルのCMでお馴染みのイチロー選手ですが、なんとユンケルを毎日1本16年間飲み続けていたという話もあります。 また最近では弓子夫人が試合前に毎回おにぎりをイチロー選手に持たせていたことが分かりました。 それをイチロー選手は食べてから試合に挑んでいたそうで、これまでに弓子さんは2800個のおにぎりを握ったことになるそうです! 食べ物に関しては「験担ぎ」の意味もあるでしょうし、なにより、一日のすべての行動をルーティン化することで、自分の体に生じるわずかな違いに気づくことができ、日々の完璧な準備ができるそうです。 またアスペルガー症候群の方々にはこだわりの強さから天才が多いとされています。 確かにイチロー選手は野球界で言えば天才のなかの天才です。 発達障害があるのではと噂されている理由にはイチロー選手が天才で、なおかつ「こだわり」が強過ぎるからかもしれませんね! ■イチローの年収や収入は? さて、そんなイチロー選手ですが、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか?? 今回は球団からの年俸のみに焦点をあてて調べてみました! 野球界でこれほどの実績を残しているイチロー選手ですので、相当額の年収が予想されます! というわけで調べてみると、2018年の年俸(年収)はなんと・・・約8,250万円ということでした! あれだけの功績を讃えられた選手にしては少ない?という印象ですが、実は怪我の影響もあり、2018年の後半は「会長付特別補佐」となり、選手としては試合に出場することはなかったのです。 しかし、2008年~2012年のマリナーズ時代の最大年俸はなんと18億円近くあったようです! […]

近藤真彦の年収は?子育ては超スパルタ教育?!マッチの愛車がスゴイ!!

80年代のトップアイドルとして活躍した近藤真彦さん。 ジャニーズのパイオニアとも言われています。 そんな近藤真彦さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 近藤真彦さんは1964年7月19日生まれ、神奈川県出身です。 中学生の時にジャニーズ事務所に入社し、野村義男さん、田原俊彦さん(後のたのきんトリオ)と一緒に3年B組金八先生に出演しました。 その後ソロ歌手としてデビュー。 「ザ・ベストテン」や「ザ・トップテン」の常連歌手でした。 1981年、1983年のブロマイド年間売上成績で第1位を獲得。 1987年に「第29回日本レコード大賞」を「愚か者」で受賞。 近藤さんは、デビューして以来、多くのシングルがヒット曲として残っています。 アイドル全盛期にトップを走っていた男性アイドルでした。 ジャニーズの始まりといっても過言ではないくらい、ジャニーズを世に知らしめた人でもあります。 とにかく当時はすごい人気でした! 一方で、車好きが高じてレーサーとしても活躍! 一時期はレーサーとしての仕事が忙しく、アイドル活動を休止していたこともありました。 2002年をもって、監督業に専念するためにレーシングドライバーとしての活動を中止しましたが、その後も「ラ・フェスタ・ミッレミリア」などのクラシックカーラリーに参戦し続けています。 そんなマッチこと近藤真彦さんはプライベートでは一般女性と結婚され、家庭を築いておられます! ■子育ては超スパルタ教育?! そんな近藤真彦さんの奥さんは、和田敦子さんという女性。 敦子さんは、現在日本マタニティフィット協会ディレクターのヨガのインストラクターをされているそうです。 二人は1994年に結婚。 その後なかなか子供に恵まれず、結婚14年目やっと第一子が誕生しました。 2007年10月のことだったそうです。 そんな待ちに待った息子さん。 目に入れても痛くはないことでしょう! でもなんと近藤さんの子育ては、なかなかのスパルタなんだそうです。 生後6か月のころから、プールや海、川に入らせたそうです。 その後熱が出てしまって、周りから怒られたそうですね。 それでも子育て法を変えることはなかったといいます。 あるテレビ局関係者曰く 「自転車の補助輪を外す特訓も熱血指導でしたね。坂道を下る時に、近藤さんは途中でぱっと手を放すんです。そうするとお子さんは転んでしまうんですが、近藤さんはお子さんに駆け寄って、“どうする? 泣くの?”と言う。でもお子さんはぐっと歯をくいしばって“泣かない!”と言って坂を上って、また坂を下るという練習を繰り返したそうです」 かなり厳しい!! でもこのスパルタ教育のおかげもあって都内の有名私立校を受験し、見事合格されたそうですよ!! ■マッチの愛車がスゴイ!! そんな近藤さんですが、最近ではもっぱらレーサーとしてご活躍ですよね。 アイドルとしての活躍はもとより、ご自身のレーシングチームの監督を務めるほどの車好き。 もはや車好きでは収まらない域にまで達しています。 そんな近藤さんご自身が所有する車も高級車ばかりでとにかくスゴイんです! これまでの愛車遍歴は、フェラーリ テスタロッサ、アルファ・ロメオ ジュリエッタ、ランボルギーニ ムルシェラゴ・・ 実は、マッチさん、今ご紹介した他にもたくさんの愛車をお持ちだそうです。 フェラーリF40、スカイライン、プレジデント、アルファロメオスパイダー、ディーノなど。 んーすごいですね! 近藤レーシングの関係者が言うには、50台ほど所持しているのではないか?とのことです。 「好き」を仕事にまでしてしまうんですから、半端ない想いを持っているんでしょうね! ■近藤真彦の年収や収入は? さて、そんな近藤真彦さんですが一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか?? 現在は、他の人気ジャニーズと比べてテレビ出演は多い方ではありません。 わりと自由に好きなことをされている感じですよね。 ただ近藤さんは、ジャニーズ事務所内で幹部クラスの厚遇だそうです。 ということで調べてみると近藤真彦さんの年収は・・5300万円ということでした! テレビ出演などは多くはありませんが、これまでの実績が今でもちゃんと事務所内で評価されているということなんでしょうね! […]

錦織圭の年収は??死闘直後の“粋な振る舞い”が話題に??彼女との交際は順調?

今ではスポーツの垣根を越えて「超有名人」となったテニスプレーヤー、錦織圭選手。 そんな錦織選手は一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか?? 気になる年収を徹底調査しました!! ■プロフィール 錦織圭選手は1989年12月29日生まれ、島根県松江市出身です。 錦織選手がテニスと出会ったのは若干5歳の頃。 ラケットを握り始めてまもなく、地元のテニススクールに通い初めたところから彼のテニス人生は始まりました。 小学生の頃より全国大会優勝などの実績を残し、あの松岡修造氏もその才能に驚嘆としたと言われるほど彼は幼いころから才能あふれるテニスプレーヤーでした。 中学生になった錦織選手は「盛田正明テニス・ファンド」の支援を受け、単身渡米。 あのシャラポワやアガシも通っていたプロアスリート養成学校、IMGアカデミーでテニス漬けの毎日を過ごしました。 ここでも錦織選手はその才能をいかんなく発揮し、ジュニア大会にて若干14歳で優勝を飾るなど、順調にその才能を伸ばし続けてきました。 15歳で参戦した全米オープンジュニアでは3回戦進出、翌年2006年の全豪・全仏オープンジュニアではともにシングルスベスト8、さらに全仏ではジュニアダブルス優勝という快挙を達成。 そして2007年10月、17歳9か月という若さでプロ転向。 本格的にプロとしてのツアー参戦が始まりました。 プロ転向後、いくつかの大けがやスランプを乗り越えながらも着々と実績を積み重ね、ついに2014年、全米オープン決勝進出という衝撃を経て「世界第5位」にまで昇り詰めました。 最近では、グランドスラムの常連となるまで成長しましたよね!! ■死闘直後の“粋な振る舞い”が話題に!! 今年2018年の4大大会の1つ、全英ウィンブルドン大会で錦織選手は1995年の松岡修造選手以来、日本勢23年ぶりの8強進出を決めました。 そんななか、3時間28分に及ぶ死闘を制した直後、錦織選手が行った“ある行動”が海外メディアにも捉えられ、日本のファンに「なんて素晴らしい」「感動」「錦織の超クールな顔」などと話題を呼びました! 歓喜に浸った試合後のコート上。 その最中の出来事でした。 相手、審判との握手を交わし、退場の身支度を始めた錦織選手。 客席に目をやると、おもむろに赤いバックから何やら取り出しました。 予備のラケットでした。 すると、手に持ったまま客席に歩み寄ると日本人の子供たちの一団から一人の少年に手渡したのです。 子供は思わぬプレゼントに大喜び。 しかし、錦織選手は表情一つ変えず、クールに元いた場所に戻って行ったのでした! 死闘を演じても、ファンを思いやる気持ちが表れているようなシーンでしたね!! ■彼女との交際は順調? そんな錦織選手、現在の恋人はモデルの観月あこさんだと言われています。 2015年7月に交際が発覚してから3年。 2人仲良く都内をデートする姿が頻繁に目撃されてきました。 観月さんといえば、これまで「奔放すぎる恋人」「魔性の恋人モデル」などといわれてきました。 交際に反対する声も多く、「週刊新潮」17年8月17日号では錦織選手の父・清志氏が「悪い娘だと思うよ」と語るなど“錦織家との不仲”も伝えられてきたのです。 それでも観月さんは「結婚はしたい(ですが)、彼に任せています」と言い続けています。 あるスポーツ紙の記者曰く 「錦織選手は、結婚の条件について『四大大会で優勝してから』と語っていたそうです。ただ今回は優勝こそ逃したものの、結果は残したといえるはず。今後、2人の仲が進展することもありうるのではないでしょうか」 とのこと! これからの二人の動向から目が離せませんね!! ■錦織圭の年収や収入は? そんな錦織選手ですが、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか?? まず言えることは、錦織選手は世界のスポーツ選手長者番付において日本人最高額でランクインしているということです!! その収入内訳は、スポンサー収入が約32.1億円で、年俸・賞金が3.7億円。 合計で35億8600万円!! 長者番付の日本人第2位は、メジャーリーグの田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)選手で24億6200万円ですから、錦織選手がいかに飛びぬけて稼いでいるかがよく分かりますよね!! 一般人から見れば、どちらも想像の範囲外ですが・・ ■錦織圭の近況は? そんな錦織選手。実はテニスだけではなくサッカーも得意だというから、びっくりです!! 小学校の1年生から6年生まではサッカーを本格的にやっていたそうです。 そして、今でもサッカーが大好きな錦織選手。 なんとテニスボールでリフティングをするのが得意なんだそうです~!! 錦織選手がリフティング・・そんなお宝映像があれば、是非見てみたいですよね!! でもファンとしてやはり頑張ってほしいのはテニス!! 四大大会で優勝する姿をファンは本当に心待ちにしています! これからもますますの成長と活躍を期待したいですね!!