宮崎あおいの年収は?不倫から「略奪婚」強行!!英語が堪能って本当?!


大河ドラマでの主演もこなし、今では大女優の仲間入りをした宮崎あおいさん!

V6の岡田准一さんとの再婚も果たし、妊娠も公表しました!

そんな宮崎あおいさんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になるギャラを徹底調査しました!!



■プロフィール







宮崎あおいさんは1985年11月30日生まれ、東京都出身です。

4歳の時、母親の「思い出に残るように」という理由で子役デビュー。

CM(サントリー「緑水」、旭化成など)や雑誌を中心に活動していました。

本格的に女優業を始めたのは1997 – 1999年頃からです。

映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999年)でした。

その後、ピチレモンのモデルとして毎月レギュラーで登場し人気を得ました!

2001年、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。

2002年には、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しました。

2003年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』で声優初挑戦。

その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど、声に関わる仕事もしています!

2005年、中島美嘉さんとダブル主演を務めた『NANA-ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒットとなりブレイクのきっかけとなりました。

2006年、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』ではヒロインを務めました。

2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じ好評を得ました。

大女優としてのキャリアを積む一方で、2007年6月に、10代の頃から交際していた俳優の高岡蒼佑(現・高岡奏輔)さんと結婚。

しかし2011年には離婚を発表。

宮崎さんは結婚の翌年に、映画で共演した岡田准一さんと不倫関係になっていたと言われているのです。



■不倫から「略奪婚」強行







高岡さんとの結婚について芸能関係者は、

「結婚当時、すでに人気女優としての地位を確立していた宮崎と、ポツポツとテレビドラマに出る程度の活動ぶりだった高岡の“格差”は否めず、さらに高岡の素行の悪さを心配する声もあったため、宮崎の所属事務所は結婚に大反対でした。しかし、宮崎は当時から事務所の稼ぎ頭でもあったため、あまり強く反対することで宮崎の気分を損ねるわけにもいかず、結婚を渋々認めざるを得ませんでした。」

と言います。

しかし、事務所の反対を押し切ってまで強行した結婚は、長くは続きませんでした。

「一部でも報じられていたように、宮崎は結婚翌年に映画で共演した岡田と不倫関係になり、その決定的証拠を掴んだ高岡は、宮崎と岡田の前でそれを突きつけ、岡田に“落とし前”を着けるよう迫ったといわれています。結局、11年に不倫が週刊誌に報じられた直後に宮崎と高岡は離婚しましたが、その後も宮崎と岡田の交際は続いていました」

とのこと。

ジャニーズ事務所と言えば、タレントの結婚には厳しいことで知られています。

そのため岡田さんは、堂々と宮崎さんと二人で食事や旅行に行き、たびたびツーショット写真が週刊誌などで報じられることで交際を既成事実化していったそうです。

宮崎さんも、今度こそは幸せになってほしいですよね・・



■英語でスピーチを披露?!







そんな宮崎さんですが、2016年の第41回トロント国際映画祭では流暢な英語でスピーチを披露したとして話題になりました!

実は宮崎さん、トロントには14年ほど前に語学のためにホームステイしたことがあったそうです。

「私にとって、ホストファミリーと一緒に過ごした特別な街。ここに帰ってくるのが夢で、それを実現してくれた李監督やキャスト、スタッフの皆さんに感謝したい」

とキレイな英語で話していました。

大変流暢な英語だったので、大きな話題となったのですね!!



■宮崎あおいの年収や収入は?







そんな宮崎あおいさんですが、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

映画やドラマでは、今や欠かせない存在となっています。

そして何と言ってもテレビCM!!

化粧品のCMや、一眼レフカメラのCMなど、透明感のあるイメージで、つい商品をかってしまう!という女性も多いそうです。

ということで調べてみると、宮崎あおいさんの年収は・・1億6,000万円ということでした!!

これほど大活躍されているのですから、当然?の額かもしれませんね!!



■宮崎あおいの近況は?







さて、宮崎あおいさんが現在妊娠中という事が5月18日判明しました。

出産予定日は秋頃と言われています。

宮崎さん、岡田さん2人とも両親が離婚した苦い経験を持っているだけに、温かな家庭への憧憬もひと一倍強いそうです。

そして「生まれてくる赤ちゃんのために」と気をつけるようになったのが毎日の食生活だそうです。

二人の知人曰く

「特にオーガニックや添加物の少ない食材を選んで購入しているそうで、それが高じて、ベランダに家庭菜園を作ったそうです。」

とのこと。

穏やかな気持ちで出産を迎える準備が着々と進んでいるようです。

新しい家族も増えて、ますますの活躍を楽しみにしたいですね!



コメント