桐谷美玲の年収は?80年代風ボディコン姿は可愛すぎた・・!モデル時代の人生設計・ 27歳で結婚&出産??


2018年7月、ドラマ『好きな人がいること』で共演した俳優・三浦翔平さんと結婚したことを報告して大きな話題になった桐谷美玲さん!!

今、人生で最も幸せな時を謳歌しているでしょう!

そんな桐谷美玲さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になるギャラを徹底調査しました!!



■プロフィール







桐谷美玲さんは1989年12月16日生まれ、千葉県出身です。

高校1年生のとき、「千葉のナンバーワン美少女」としてスカウトされ、映画『春の居場所』でデビュー。

2006年、連続テレビドラマ『吉祥天女』に出演。

その後も『東京少女』、『怪談新耳袋』などに立て続けに出演。

この時、女子中学生・高校生向けファッション雑誌『SEVENTEEN』第16号から専属モデルにもなりました。

2010年、『音楽人』で映画初主演、『女帝 薫子』で連続ドラマ初主演を果たしました。

2012年からは、『NEWS ZERO』の火曜日キャスターを務めています。

女優やモデル以外の分野にも積極的に挑戦し続けていますよね!

2016年7月スタートの『好きな人がいること』では、フジテレビ「月9」初主演!!

女優としても着実にキャリアを重ねる一方で、その美貌にも世界中から注目が集まっています。

アメリカの映画サイトTC Candlerが毎年恒例で発表する「世界で最も美しい顔100人」ランキングでは、2012年、12位に初ランクイン。

2013年には46位、2014年には日本人最高位の8位にランクインしました!

また2016年12月、講談社の美容雑誌『VoCE』の選ぶ「2016年最も美しい顔」を受賞!

そんな桐谷美玲さんは、テレビCMにも引っ張りだこです!



■80年代風ボディコン姿は可愛すぎた







2016年に公開された「Y!mobile」CMの新バージョン「スカート1/3」。

CMの中で、1980年代のディスコクラブに迷い込んだ桐谷さん。

桐谷さんはボディコンワンピースを身につけてはしゃぎ、音楽に合わせてダンス!!

桐谷さんのスレンダーなスタイルがよくわかる衣装でした!

これを見た人からは「桐谷美玲は何着ても可愛い」「ほそ!」「かわいいは正義」との声が多数寄せられました。

ファン垂涎もののCMでしたね!



■モデル時代の人生設計・ 27歳で結婚&出産







そんな桐谷美玲さん、雑誌セブンティーンに、かつて自分が寄せた“人生設計”に驚いたことをインスタグラムで語ったことがありました。

桐谷さんがアップした紙面によれば18歳の時は、27歳で結婚するつもりだったようです。

18歳の時に明かした人生設計表によると、18歳のうちに大恋愛をして、19歳で大学生活を満喫。

20歳でひとりぐらしをスタートし、25歳で運命の人に出会う。

そして27歳で結婚し、子供が生まれている予定だったようです。

「そんな私は今年27w」と語り、なかなか人生は計画通りに行かないようだという感じだったそうです!

しかし、実際に28歳で結婚!!ほぼ計画通りにいってますよね!!



■桐谷美玲の年収や収入は?







幸せ絶頂の桐谷美玲さん!一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

映画やドラマへの出演はもちろんのこと、CM出演も多い!!

CM契約数は8社と他の女優さんと変わりませんが、キャスターとしてレギュラー番組もあるため、ギャランティーはかなりのものと思われます。

ということで調べてみると桐谷美玲さんの年収は・・1億3,000万円ということでした!!

公私ともに絶好調ということですね!!



■桐谷美玲の近況は?







そんな桐谷美玲さん。結婚発表後、初の公の場として『東京ガールズコレクション』のコラボステージに登場しました。

ランウェイのトップバターを務めた桐谷さんは大きな旗を持って登場。

左薬指に指輪はありませんでしたが、幸せオーラ全開の桐谷さんがさっそうとランウェイを歩くと、観客から「かわいい!」と大歓声が!!

桐谷さんも笑顔で応じていました。

観客はもちろん、通りすがりの一般人からも「桐谷美玲ちゃんだ!」「かわいい」という声も。

大歓声を受け、華々しくステージを開幕させました。

フィナーレでは野外で直射日光が照りつける中、約1時間半におよぶイベントを観覧していたファンに、「みなさん、大丈夫ですか? 盛り上げてくださってありがとうございました。とても楽しかったです」とやさしく呼びかけていました!

結婚して、女性としての魅力も増してきた桐谷さん!

これからも女優としてモデルとして、そして一人の女性として輝き続けてほしいですよね!!



コメント