林原めぐみの年収は?現在子供はいるの?3月8日公開のエヴァンゲリオンで綾波レイをどう演じるのか?




林原めぐみさんは1967年3月30日うまれ、東京都出身。

家族構成は父親、母親、兄の4人家族。

声優という仕事を知ったのは小学校のとき、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を見ていたときで、それ以降声優という仕事に興味を持つようになりました。

小学校は聖学院小学校。

この小学校時代に「銀河鉄道999」のイベントがあり、メーテル役を演じる機会がありその時一緒にイベントに参加していた野沢直子さんから褒められることがあったそうです。

中学校は女子聖学院中学校・高等学校

高校は女子聖学院

高校のときには父親が病気で倒れたことが会ったため、看護師になることを目指し必死に勉強していました。

当時は声優よりも看護師になるために勉強していましたが、願書を提出するために行った専門学校の受付の態度が悪かったらしく一気に看護師になるモチベーションが下がったんだとか。

イライラしながらの帰り道。

林原めぐみさんは本屋で漫画の立ち読みをしていましたが、あるポスターが目に入りました。

「アーツビジョンの声優無料養成オーディション」

イライラしながらそのテンションに任せて、オーディションに応募したところオーディションの成績は上々。

そのときに何故が持っていたミカンを審査員たちに配り、「ミカンの子」として強烈なインパクトを残したんだとか。

林原めぐみ自身はそのことを全く覚えていないようですが、ミカンを貰った審査員からの印象はとても強かったでしょうね。

ミカンですよ?

たまたま持ってたものを配ったんですよ?

図々しいと言うか肝が座っていると言うか、イライラしていてテンションがおかしくなっていたのか分かりません。

オーディションは無事通過し、アーツビジョン付属日本ナレーション演技研究所の第一期生に特待生の一人として合格しました。

高校卒業後は豊島看護専門学校。

ん?

と思ったでしょう。

林原めぐみさんは豊島看護専門学校を卒業しています。アーツビジョン付属日本ナレーション演技研究所にも通いました。

そう

林原めぐみさんは二つの学校を3年間両立して通ったんです。

才能なのか、根性なのか、無事に看護免許を取得。

一つに絞らなかった理由として、両親の影響がありました。

いまは人気声優として大活躍中で声優業界で一番の年収を貰っていると言われている林原めぐみさんですが、声優として食べていけるかどうか分からない職業です。

もし仕事をもらってデビューして給料を頂いたとしても、それが一生続くとは限りません。

仮に声優として仕事がなかった場合は、看護師として仕事ができるように保険のために看護学校も卒業し免許も取得しました。

デビューのきっかけは、声優養成所在籍中に「めぞん一刻」の1話目に出てくる少女役でした。

その後はアニメのモブキャラクターの声を担当することが多くなり、そこで実力をつけていきましたが、実はそれ以前にテレビのナレーションやCM関連で仕事を受けていたことがあるようです。

デビュー当時は声優の先輩から指導されることが多く、神谷明さんや千葉繁さんらに教えていただいていたそうです。

その後多くのアニメでメインキャラクターを演じました!

そんな林原めぐみの気になる年収を徹底調査しました!!

■プロフィール





本名:林原めぐみ
愛称:めぐさん、めぐ姉、バラさん、閣下、食料大臣
生年月日:1967年3月30日
出身地:東京都
身長:156cm
血液型:O型
職業:声優、歌手、ラジオパーソナリティ、作詞家、エッセイスト
所属事務所:ウッドパークオフィス
活動期間:1986年〜




2021年3月8日 月曜日から映画エヴァンゲリオンの最新作が公開!

2021年3月8日にみんなが待ちに待ったエヴァンゲリオンの最新作が公開されました。

林原めぐみさんの担当するのは綾波レイ。

綾波レイといえばエヴァンゲリオン零号機のパイロット。

生年月日は2002年3月30日

血液型は不明

年齢は14歳

感情を表に出さないクールビューティーなヒロイン。

初めて綾波レイを演じたのは1995年。

当時は同作の女性キャラクターのアスカと比較されることが多かった。

比較というより「もし付き合えるならどっち?」

という思春期男子によくある妄想に出てきていたのだ。

物静かな綾波レイか、明るいアスカか。

皆さんはどっちですか?

■子供は娘が一人いて大きくなっている





林原めぐみさんは31歳のときに3歳下の一般男性の方と結婚されています。

噂によるとアニメの脚本家の「あみやまさはる」さんではないかと言われていますが、実際のところはどうなのか分かりません。

子供が一人いて結婚してから6年後の2004年に妊娠、出産を発表されています。

2004年に生まれたので、現在2021年では17歳の高校生。

現在何をしているか詳細はわかっておりませんので、表舞台に立つ仕事はしていないようです。

今は高校生活をエンジョイして、しっかり勉強して手に職つけて生活していけるように頑張って欲しいですね。

■出演作品とキャラクター一覧



現在も多くの作品に出演している林原めぐみさん。

出演したキャラクターがこちら↓↓↓

・スレイヤーズ リナ=インバース
・名探偵コナン 灰原哀
・らんま1/2 早乙女らんま(女)
・魔神英雄伝ワタル 忍部ヒミコ
・ポケットモンスター ムサシ
・シャーマンキング 恐山アンナ
・魔法のプリンセス ミンキーモモ
・うしおととら 白面の者
・おそ松くん トド松
・平姓天才バカボン バカボン
・幽☆遊☆白書 少女幻海
・ワンピース レベッカ

■林原めぐみさんの年収は?





林原めぐみさんの年収は 最高約7000万円

声優業界ではナンバーワンの高年収であり、次に年収が高いのはドラゴンボールの悟空の声優を務めている野沢直子さんと言われています。

しかし野沢直子さんの最高年収は4000万と言われており、2倍近い差が生まれています。

その原因は

「歌」

林原めぐみさんの年収がダントツに高いのは、1990年代でした。

エヴァンゲリオンの綾波レイ、名探偵コナンの灰原哀、ポケットモンスターのムサシを務め始め、声優として一気にブレイクしたと同時に、歌手としても活躍していました。

いまでは声優さんが歌手活動するのは珍しくありませんし、音楽をテーマにしたアニメも増えて、キャラクターが歌い、実際にライブが行われるほどになりました。

しかし当時はまだまだ専門職感が強い声優さん。

林原めぐみさんも歌を出し始めた当初はランキング圏外も多かったが、出演するアニメが人気になるにつれて歌の売れ行きも急上昇してきました。

さらにCDを出すスピードも早く、1年間に5枚のCDを発表することもありました。

そのため一気に年収が上がったと言われています。

とはいえその他の年でも仕事はたくさんありましたし、声優業を長く勤めれば務めるほど単価が上がるので現在でも年収1000万は超えてくるでしょう。

■まとめ





小学校の時から声優に憧れていた林原めぐみちゃん。

声優さんが出演するイベントに参加し、声優としての片鱗を見せつけた林原めぐみさん。

高校生になると親が倒れたことをきっかけに看護師を目指しましたが、願書提出先の専門学校の対応にイライラして、その勢いのまま声優オーディションを受けた林原めぐみさん。

オーディションは見事合格したが、親の意向で看護学校も同時に卒業した努力家で根性のある林原めぐみさん。

その後は小さい仕事をこなしつつも着実に声優としてのレベルを上げていき、人気アニメの主要キャラクターを演じ人気声優の仲間入り。

そして1995年。

新世紀エヴァンゲリオンで綾波レイの声優を担当し、同時期にポケットモンスターのムサシ、名探偵コナンの灰原哀を演じトップ声優の仲間入り。

さらに歌手活動も精力的に行い、CDの売上も右肩上がりになりトップアーティストとしても大活躍しました。

現在も多くの作品に出演し、見る人を楽しませてくれる林原めぐみさん。

現在17歳になる娘さんも何処かでしっかり結果を出して頑張って欲しいですね。

記事が面白いなと思ったら友達に教えたり、シェアしてくれると嬉しいです。
最後まで『芸能お金図鑑』を読んでいただいてありがとうございました。

出典
Wikipedia
漫画とアニメ情報局
AIKRU

コメント