千鳥・大悟の年収は?志村けんさんの愛車「キャデラックエスカレード」を購入した経緯とは?嫁のまどかさんの画像や馴れ初めのエピソードとは




1980年3月25日生まれ、岡山県笹岡市北木島出身。

家族構成は父親、母親、姉2人の5人家族。

小さい時は北木島という小さな島の生まれだったため信号や自販機を観たことがなかったそうです。島に初めて自販機が出来た時は、それを観たくて行列ができるくらい田舎に生まれ育ちました。

初めてマクドナルドが出来た時は父親がスーツを着て来店しました。まるで面接を受ける就活生にようにガチガチに緊張。

頼んだハンバーガーは一番上のパンから食べ始めるというエピソードが有りました。

私自身も田舎の生まれでマクドナルドを初めて食べたのは高校生くらいのときでした。ものすごく緊張してどうやって注文したら良いのか分からなかったからです。

今までは店員さんが注文を聞きに来るか、食券を買って店員さんに渡せばよかったから。

大悟さんの父親の気持ち、なんとなく分かりますねー。

小学校は詳細は分かりませんが笹岡市内のどこかの小学校だと思われます。とっても田舎の学校は生徒が少なくて先生のほうが多いなんてよくありますが、大悟さんの通っていた小学校も同じような感じ。

同級生が6人。

ちなみに漫才師に憧れたのもこの頃で、村祭りの余興で漫才師が来て漫才を披露していました。それをみて漫才師になろうと思ったし、吉本興業に入ろうと思ったそうです。

中学校は岡山県笹原市立北木中学校。

部活は野球をしていて学校内では意外とモテていたようです。

この頃から少しずつやんちゃな行動が増えてきたことにより高校に進学する際、進学先の高校には「鬼が来る」と噂されるほどでした。

高校は岡山県笹岡商業高校。

この高校はバドミントンや陸上部の強豪として知られていますが、当時はヤンキーが多く集まる学校として噂が広まっていました。

入学式当日

大悟さんは「鬼」と恐れられていると知ってか知らずかバチバチに気合を入れていきました。

短ランにボンタン。the・ヤンキースタイル。気合の入ったその風貌には誰も近づこうとしませんし、個人的にも近づきたく有りません。

高校1年生の時は1学期の間は誰も話しかけてこなかったそうです。

しかしここに今後の運命を左右する出来事が。

同じクラスに現在の相方であるノブさんがいて、体育祭をきっかけに意気投合するし仲良く遊ぶようになりました。

二人のタイプは真反対であり、大悟さんは入学式に短ランにボンタンでくるような気合の空回りしたthe・ヤンキー。一方のノブさんは中学時代は生徒会長を務めるほど品行方正なthe・優等生。

しかしふたりは体育祭の応援団を仕切ることになり、大悟さんが応援団を努めノブさんが副応援団長を務めました。

ふたりともお笑いが好きで一緒にダウンタウンの漫才の動画を見ることはありましたが、2人で舞台に立って漫才したことは有りません。

その後高校を卒業しますが大学には進学していません。大阪でたこ焼き屋さんで働きながらお笑い芸人を目指していました。

コンビを組むきっかけは大悟さんからノブさんに連絡し2000年に千鳥を結成しましたがそのやり方が少々詐欺っぽい。

ノブさんに連絡して「わしは大阪で売れっ子の芸人になっている。一緒に漫才やればお前も人気者になれるぞ」的な誘い方をしました。

ノブさんは当時地元のシャープの工場に勤めていて給料で年収300〜400万程もらっていました。田舎でこれだけの給料があれば生活に困ることはないし裕福な方ですよね。

しかしその生活よりもお笑い芸人になる道を選びました。

デビューのきっかけはコンビ結成から3年目の2003年のことで、M-1グランプリで決勝に進んだこと。

全く無名だったのにも関わらず決勝に進むほど面白いなら使いたくなる番組も多いでしょう。その後は大阪を中心にバラエティ番組に出演することが多くなり徐々に人気が出てきて今や全国区の人気者に。

そんな大悟さんはどれくらいの年収を頂いているのか?

気になる年収を徹底調査しました!!

■プロフィール





本名:山本大悟
愛称:だいご
生年月日:1980年3月25日
出身地:岡山県笹岡市北木島
身長:170cm
血液型:B型
職業:お笑い芸人
所属事務所:吉本興業
活動期間:1998年〜
インスタで尊敬する師匠の志村けんさんにふんした姿を披露



これがインスタで投稿されると反応がよく「いいね」が1.6万いいねがつくほど評価されました。

ちなみに、いかりや長介さんは相方のノブさんが努めています。

■今はなき師匠「志村けん」さんの愛車を購入





大悟さんは志村けんさんにとって最後の愛弟子でよく面倒を見てもらっていたからこそ、志村けんが使用していた車「キャデラック・エスカレード」を約500万で購入しました。

2人が初めて共演したのは2016年のこと。

「志村けんのバカ殿様」がきっかけでしたが、この時は深い交流はなかったそうですが一気に二人の距離が近づいたのが翌年の2017年のこと。

2017年3月放送の「志村けんのだいじょうぶだぁ」のへんなおじさんについて、大悟さんが熱弁していたところから2人の師弟関係が出来上がりました。

志村けんさん自身にとっても「へんなおじさん」は長年やっているため思い入れが強くあるでしょうし、その思い入れのあるキャラクターについて熱弁された志村さんは大悟さんのこと気に入り、お互いにお酒が大好きでよく飲みに行くようになったんです。

一時期週8で飲みに出歩くほど大好きだった師匠がなくなった時はかなりショックだったでしょうし、辛い思いをしたかも知れませんが今回、志村さんの愛車「キャデラックエスカレード」購入することで、今までの思い出や気持ちを整理できたのかも知れませんね。

500万という高額にもかかわらず購入することに対しての称賛の声が上がる一方で心配事がひとつ。

大悟さんは免許証を持っていません。

だれか運転手雇うんでしょうかね?

■嫁のまどかさんの画像や馴れ初めのエピソード



結婚したのは2010年2月

美人と話題にあがることが多いですが例えるなら木村カエラさんに似ているんだとか。その画像がこちら



奥さんは美人ですがなかなか肝の座った方。

大悟さんは昔からお酒と女性が大好きで結婚したあとでも女遊びがやめられず何度か浮気していました。

普通なら激怒して怒鳴り散らすか、離婚を突きつけるくらいの事件だと思います。

1度目は2016年にヒョウ柄の茶髪美女で2度目が金髪美女のダンサー。1度目と2度目の間が3ヶ月しか空いておらず、嫁のまどかさんが大吾さんに放った言葉は

「はやぇー」

そんな肝っ玉母さんへ一直線であろうまどかさんとの馴れ初めは、共通の知人の紹介でした。

2人は出会ってすぐに意気投合してすぐに付き合うことに。当時大悟さんが25歳、まどかさんが23歳だったので2005年に出会っていることになります。

売れない芸人と分かっていながら付き合っていたまどかさん。最初は温厚な正確でしたが、売れずに毎日酒を飲んでダラダラしている大悟さんを注意しているうちに強くなってきて今では恐妻家と言われるほど強くなった。

プロポーズはシンプルに

大悟さん「結婚しようか」

まどかさん「はい!」

6年付き合った末の結婚。2010年の時。

生放送番組の「せやねん!」で結婚発表されました。

また二人の間にはお子さんが二人いて、一人目は2010年生まれの女の子で二人目は2013年生まれの男の子。

仕事もレギュラー番組が増えて楽しそうにしている大悟さんがいると家族としても安心じゃないでしょうか?

浮気癖が収まればの話ですけどねー

■大悟の年収は?





そんな大悟さんの年収は

約4500万円

年収の内訳として

レギュラーのテレビ番組出演11本 × 1月単価50万 × 12ヶ月 =年収 6600万

CM出演6本 × 単価3000万 =年収1800万

合計で年収は8400万になりますが、コンビなので折半しているでしょうか年収4200万。

その他ラジオ出演やゲスト出演など多方面で活躍されているので、このくらいの金額の年収はありそうですね。

最近ではインターネット番組やネットフリックス、アマゾンプライムなどのオリジナルコンテンツが増えてきているので、そこに上手く乗ることが出来れば年収はもっと上がるかも知れません。

■まとめ





岡山の小さな島に生まれ育った大悟さん。

ある日の村祭りで観た漫才に憧れた少年時代。

中学の時はやんちゃで「鬼」と呼ばれていた。

高校1年生の1学期は周りから怖がられて孤立していたが、ノブさんと運命的な出会いを果たす。

体育祭で一緒に汗を流した2人は高校卒業後は別々の道を歩んだが2000年にコンビ結成し今や全国区の人気者に。

大悟さんは志村けんさんのことが大好きで一緒に飲みに行くようなこともありました。

人見知りが強くてあまり人と飲みに行くのが好きじゃない志村さんの懐に入る数少ない人間の1人だった大悟さん。

2020年に志村けんが亡くなったあと、愛車の「キャデラックエスカレード」を500万という高額で買い取ったダゴさんには称賛の声が上がりました。免許証もないのに。

嫁のまどかさんとは売れない頃から一緒に寄り添っていて結婚しお子さんも2人。

幸せな家庭を作りながら、これからも一層仕事の方も頑張って欲しいですね。

とにかく酒で体を壊さないように気をつけてほしいです。

記事が面白いなと思ったら友達に教えたり、シェアしてくれると嬉しいです。
最後まで『芸能お金図鑑』を読んでいただいてありがとうございました。

出典
Wikipedia
芸能人の嫁まとめ情報
Yahoo!ニュース
芸能人有名人学歴偏差値.com

コメント