生田絵梨花(乃木坂46)の年収は?ロドリゲスみたいな顔がいい!?ピアノは天才級!?





生田絵梨花さんは1997年1月22日にドイツのデュッセルドルフで生まれています。

お父さんは当時は大手電気通信会社(KDDI)に勤務しており、裕福な家庭に育ちました。

ちなみにお父さんは一橋大学卒のエリートで、お姉さんは東京大学に合格していると言われています。

5歳の時に帰国して、東京の文京区に住んでいます。

ドイツにいた頃3歳の時からピアノを始め、4歳の時から本格的に習い始めます。

その他にもクラシックバレエや書道、水泳、英会話など数多くの習い事をしました。

絵に関しては小学校時代に交通安全のポスターコンクールで受賞した経験があります。

また書道でも中学校時代に書道展で金賞を受賞しました。

小学校時代に観た舞台「アニー」に感動して、ミュージカル女優に憧れました。

小学校4年生でミュージカルの舞台「ココ・スマイル5」で子役女優としてデビュー。

この舞台は主要キャストのほとんど一般公募オーディションで起用しており、生田さんは主人公のココ役を務めました。

生田さんの出身中学校は、文京区立音羽中学校です。

中学校時代も数多くの習い事をしていて、月曜日は数学、火曜日はクラシックバレエ、水曜日は書道、木曜日は英語、土曜日はピアノ、日曜日は再びクラシックバレエと、放課後はとても忙しかったようです。

学校では学級委員を務めるなど模範的な生徒でした。

中学3年生の時に父親からグランドピアノを買い与えられ、将来は音楽の道に進もうと考えていた時に、乃木坂46のオーディションを知って、ミュージカルと同じでステージに立つという共通点を見出して応募します。

中学3年の8月に乃木坂46のオーディションに合格しました。

その年の11月には全国大会である日本クラシック音楽コンクールのピアノ部門で入賞を果たしています。

生田絵梨花さんの出身高校は、東京音楽大学付属高校です。

高校2年生の時に女優デビューして、映画「超能力研究部の3人」に秋元真夏さんと橋本奈々未さんとともに主演しました。

高校3年生の6月から9月まで大学への内部進学のために学業に専念して芸能活動を休業しています。

大学は東京音楽大学に内部進学しました。


特技のピアノが天才級!
そんな生田絵梨花さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:生田絵梨花(いくた えりか)
愛称:いくちゃん
生年月日:1997年1月22日
出身地:ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、東京都出身
血液型:A型
職業:歌手、女優
活動期間:2007年-      


■写真集の売り上げがオリコンランキングで1位に!







2012年2月22日乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューします。

2012年9月『16人のプリンシパル』(PARCO劇場)公演で観客による投票の結果、全9公演のうち6公演で主演・アリス役に選ばれました。

2014年6月15日『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇し、3年連続全公演2幕出演を達成しました。

その後、芸能活動を一時休業しましたが、10thシングルから芸能活動を再開し、同年10月に開催されたミュージカル『虹のプレリュード』では主演を務めます。

2014年10月8日発売の乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」で初めてシングル表題曲のセンターを務めました。

2015年1月14日『残念な夫。』(フジテレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演。

2015年1月23日『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に乃木坂46として出演し、「君の名は希望」でピアノ伴奏を披露しました。

2015年11月に東京、12月に大阪で上演された『なかよし60周年記念公演 ミュージカル「リボンの騎士」』では、主人公・サファイア役を務めます。

2016年1月21日に初のソロ写真集『転調』が発売され、オリコン週間ランキングでグループで初めてBOOK総合・写真集の2部門で1位を獲得しました。

2017年1月から3月にかけて、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でジュリエット役、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『レ・ミゼラブル』でコゼット役を務めました。

同年6月12日ミュージカル女優として評価され、第8回岩谷時子賞奨励賞を受賞します。

2018年5月から6月にかけてミュージカル『モーツァルト!』でモーツァルトの妻・コンスタンツェを演じます。

2019年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、1909年創業の講談社における女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となりました。

2019年4月には、『モーツァルト!』のコンスタンツェ役、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のナターシャ役の演技が評価され、第44回菊田一夫演劇賞を受賞。

同年11月6日には、写真集『インターミッション』により第1回野間出版文化賞特別賞を受賞しました。

2020年3月には、ミュージカル『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜(英語版)』にヒロインのスワロー役で出演しますが、同公演は新型コロナウイルス感染症の流行の影響で、大幅な日程変更を強いられました。





生田絵梨花さんの性格としては、とても負けず嫌いで努力家で真面目です。

番組の楽屋で学校の勉強をしたり、紙ピアノの鍵盤でピアノの練習をしたりしています。

そして、気が強い性格だから好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとハッキリしています。

しかし、メンバ-からの生田さんへの意見は「変人」「天真爛漫」などです。

生田さんは夜10時過ぎになるとテンションが異常に上がるそうで、番組終了後やライブ終了後にバス移動をしている時に、一人テンションが高くバスの中で一人ライブを行って、メンバ-にリクエスト曲を聞いてくるそうです。

それも、メンバ-は疲れ果てて寝ている状態での行いであるそうです。

そして、生田さんは誰にでもメンバ-もスタッフも関係なく分からない事は尋ねていくらしい。

ある日、齋藤飛鳥さんに「人はいつか死ぬのに、どうして今という時間があるのだろう」と聞いてきたそうで、その問いに齋藤飛鳥さんは「それも含んで人生じゃない」と答えたそうです。

生田さんは分からない事は分かるまで追求しなさいと教育されたからだとのこと。

生田絵梨花さんの好きな男性のタイプは、サッカ-選手のハメス・ロドリゲスみたいな目、ハメス・ロドリゲスみたいな鼻、ハメス・ロドリゲスみたいな短髪、安定した職業、趣味が料理と言っています。

顔がハメス・ロドリゲスで仕事では真面目にコツコツと働いてくれる男性。

そして、生田さん自身が料理が不得意だから男性に料理をして欲しい、一緒に作って欲しいようです。

生田さんは草食系男子ではなく、肉食系男子が好みのタイプのようです。

趣味は音楽鑑賞、ミュ-ジカルです。

ミュ-ジカルは幼少期に「アニ-」などのミュ-ジカルをよく観に行っていたそうで、それが原因で舞台女優の憧れが強くなったそうです。

カラオケも好きで、生田さんとカラオケに行くと、独自の世界観を発揮するとのこと。

生田さんの得意な曲は数多く、GLAYの「誘惑」、石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」、松田聖子さんの「夏の扉」、「天使のウィンク」などを好んで歌います。

番組内でGLAYの「誘惑」を熱唱して司会のバナナマンやメンバ-を驚かせ、拍手喝采を浴びています。

■生田絵梨花さんの年収は?






生田絵梨花さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

推定年収は1200万円だそうです。

ミュージカルに出演したり、写真集がヒットしたりと、ますます活動の幅が広がって、これからも期待できそうです。





いかがでしたか?

負けず嫌いで、真面目な性格の生田絵梨花さん。

小さい時から始めたピアノで天才と言われ、なんでもコツコツと努力してものにしていく生田さんは、子どもの頃の夢であるミュージカルでも実力を発揮して多くの舞台で主役を演じています。

愛らしい外見と、なんでもこなす多才なところから、多くのファンが魅了されています。

これからも幅広いご活躍を期待しています。


(出典)
(ウィキペディア)
(タレント辞書)
(トレンドニュースどっと東京)
(SHOW HOLIC)

コメント