渡辺美優紀(NMB48)の年収は?釣り師って本当!?理想のデートが面白い!?





渡辺美優紀さんは1993年9月19日に奈良県に生まれています。

兄弟はなく、ご両親と3人家族でした。

しかし渡辺さんが幼少の頃にご両親は離婚して渡辺さんはお母さんに引き取られ、母子家庭で育っています。

「美優紀」という名前の由来は、21世紀に向かって美しく優しい女の子になってほしいという気持ちが込められています。

幼稚園の頃からモテモテでした。

「お母さんが言うには、男の子に囲まれて、どっか連れて行かれそうになってたって」。

小学校の低学年の頃、モーニング娘。に憧れてあんな風になりたいと思い、「ダンススクールに行きたい」と言ったが、お母さんに反対されてしまいます。

初めて芸能人と握手したのはモーニング娘の吉澤ひとみ。

お母さんが吉澤のファンで、一緒にディナーショーに行き、そこでサプライズで握手と写真を撮ってもらいました。

小学5年生の頃、やっとわがままが通りダンススクールに通わせてもらえる様になりました。

それからは純粋にダンスが好きになりました。

渡辺美優紀さんの出身中学校は上牧町立上牧第二中学校です。

中学時代はダンススクールに週6日も通っていました。

当時のダンススクールの先生から将来ダンスの道を勧められたほどです。

小2から中学校までずっと同じ子に片思いしていました。

「告白したんですよ、その人に。手紙を書いて、『いつも野球をしている姿がカッコいいですね』みたいな」

小学6年生が人生のモテ期。

毎週のように告白されていて、2人の人に、『どっちも(渡辺のこと)好きやから選んで』とか言われたりしていたそうです。

しかし『どっちも無理です』って言って振ったりしていました。

お母さんとは仲が良く、たびたび二人きりでご飯に行ったことを報告しています。

AKB総選挙のランクインスピーチでは、お母さんに感謝を伝える場面も。

小さい頃、渡辺さんが「お肉が食べたい」というとお母さんがパンを食べて自分のお腹を満たしてから焼肉屋に行っていたというエピソードを披露。

今度は私がお母さんに焼肉ご馳走します、という感謝を伝え、ファンの胸を打ちました。

高校は奈良県平城高校に進学しています。

高校2年生の時にNMB48の第1期生のオーディションがあることをクラスの担任や同級生に教えられ、担任の勧めもあってオーディションに参加しています。


子どもの頃から人懐っこく、笑うのが大好き!
そんな渡辺美優紀さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:渡辺美優紀(わたなべ みゆき)
愛称:みるきー
生年月日:1993年9月19日
出身地:奈良県出身
血液型:B型
職業:歌手、女優、アイドル
活動期間:2010年-2016年
     2018年-


■特技は書道と、どこでも寝れること!







2010年9月20日『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7256名、最終合格者26名)。

10月9日AKB48のライブ「東京秋祭り」にて、NMB48第1期研究生26名の一人としてお披露目され、活動を開始します。

グループ入り後は活動しやすいように大阪薫英女学院高校に転校して、卒業しています。

2011年1月1日、NMB48劇場グランドオープンの公演で、劇場公演デビュー。

3月10日NMB48第1期研究生25名の中から16人のうちの一人としてチームNのメンバーに選出されました。

7月20日に発売されたNMB48のデビューシングル「絶滅黒髪少女」では初センターを務めます。

5月25日発売のAKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」で、山本彩さんとともにNMB48から初めて選抜メンバーに選ばれました。

2012年3月24日AKB48チームBの兼任となります。

6月6日第4回総選挙では第19位。

11月20日ファースト写真集『みる神』発売。

同日には山本彩さんのファースト写真集『さや神』も発売され、スシローのCMへの出演権をかけた両者の売り上げ対決が行われました。

同年12月3日付のオリコン週間本ランキングで、渡辺さんが上位となり、CM出演権を獲得しました。

2013年6月8日第5回総選挙で第15位となり、総選挙シングル表題曲で初めて選抜メンバーに選ばれます。

2014年2月24日「AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~‎」において、AKB48の兼任解除、NMB48チームBIIへの異動、SKE48チームSとの新規兼任が発表されます。

4月23日AKB48チームBの兼任終了。

4月25日SKE48チームSの兼任開始。

6月7日第6回総選挙では第18位。

7月30日SKE48の15thシングル『不器用太陽』で、SKE48のシングル表題曲選抜メンバーに初めて選ばれます。

9月17日第5回じゃんけん大会で優勝。

12月24日『やさしくするよりキスをして』でソロデビュー。

2015年3月26日「春の人事異動」において、AKB48チームBの兼任(SKE48チームSの兼任解除)が発表されます。

5月21日チームS 5th Stage「制服の芽」公演(「渡辺美優紀を送る会」)をもって、SKE48での活動終了(兼任終了)。

6月6日第7回総選挙では第12位。

12月26日チームB 7th Stage「ただいま恋愛中」初日公演に出演。

2016年4月13日NMB48からの卒業を発表。

7月4日神戸・ワールド記念ホールにおいて卒業コンサート『最後までわるきーでゴメンなさい』を開催。

8月9日NMB48劇場で卒業公演(NMB48およびAKB48としての活動を終了)。

2018年7月12日に芸能活動の再開を発表し、公式サイトおよびファンクラブを開設。

9月19日にZepp Tokyo、同21日になんばHatchにおいてソロライブツアー『1st LIVE TOUR 2018 〜Milky Landだよね〜』を開催しました。





渡辺美優紀さんの性格は、超ポジティブでいつも明るく前向きです。

常に笑顔でいる、とメンバーからの評価が高いです。

子供の頃から人見知りをしません。

初めての人と話すのはちょっと緊張しますが、すぐに自分を出せてしまうという。

「小さい頃から人懐っこく、明るく、笑う事が大好き」

今まで、大激怒したことはなく、兄弟がいないため、ケンカの仕方も分からないそうです。

怒った時は泣きます。

マメな性格ではなく、メールなどは(仕事などの重要なもの以外)返信しません。

友達の中でも、メール返ってこないランキング1位。

「メールのこと考えると、『イーッ』ってなる」

心配性なので、東京に来る時などはバッグを3つぐらい持って来ます。

長所は、いつも笑顔で前向きで明るい。

負けず嫌い。

短所は、ちょっぴりわがまま。

渡辺美優紀さんの好きな男性のタイプは優しくて大らかな人。

優しくて、よく笑う、私のことがめっちゃ好きな人。背筋が鍛えられてる人。上半身がキレイな人。

インタビューでは、最低限の清潔感や、気遣いやエチケットを守っている人で、近くにいてもいいなと思える人が良い。と回答しています。

理想のデートは、「富士急ハイランドに行って、世界一怖いで有名な御化け屋敷に入って、男らしくリードされてみたいです」「朝9時半に集合なんですよ。まずダーリンの自家用ジョット機で、家の上まで迎えに来て貰うんですけど、停める所が無いじゃないですか。なんで上からロープをつるしてもらって、キャッチするんですよ。で、ダーリンに上げてもらう」

自信が恋愛すると、好きな人にはまっすぐ直球でいくタイプで、片思いなら少し駆け引きしてしまうかも、という渡辺さんらしい小悪魔的な部分を見せています。

愛されキャラの渡辺さんですが、男性に甘えるのは苦手です。

お父さん世代の相手なら甘えられるが、同性代の男性には自分から甘えることはできないと話しています。

趣味はウインドウショッピング、ダンス、グルメ巡り、寝ること、映画鑑賞。

特に寝ることは大好きで、お肌のため・健康のためにと睡眠時間はたっぷり取っています。

食べることが大好きで、特にメンバーと焼肉に行ったというSNSの投稿が多いです。

過去に、好きな映画は「告白」と答えています。

休日は一人で映画館に行ったり、自宅でDVDを見ることもあるそう。

特技は、六年間習っていた書道とどこででも寝れること。

書道は小中学生の部の最高位の8段を取得していて、美術館で表彰されたこともあります。

NMB48のファーストシングル『絶滅黒髪少女』のミュージックビデオでは、冒頭に得意の書道を披露しています。

また様々なバラエティ番組でも、たびたび書道の腕前を披露しました。


■渡辺美優紀さんの年収は?






渡辺美優紀さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

推定年収は1200万円だそうです。

NMB48を卒業して、幅広い活動を始めることでこれからの年収も期待できそうですね。





いかがでしたか?

子供の頃から人見知りせず人懐っこく、誰にでもすぐに近づいていける明るい性格の渡辺美優紀さん。

握手会では、どんなファンも虜にしてしまう釣り師と言われています。

ファンに「釣ってください。」と言われたこともあるほど。

渡辺美優紀さんはみんなに愛される天性のアイドルと言えるでしょう。

NMB48を卒業しても、その愛されキャラでいつまでもアイドルでいてください。



(出典)
(ウィキペディア)
(SHOW HOLIC)
(エケペディア)

コメント