横山由依(AKB48)の年収は?高橋みなみの指名を受けて総監督に!?超努力家!?





横山由依さんは1992年12月8日に京都府木津川市に生まれています。

家族構成はご両親、3歳年上のお姉さん、由依さんの4人家族です。

幼少時は、やんちゃで野生児でした。

田舎育ちのようで小さいころは外で遊ぶことが好きで、幼い頃の横山由依さんは、真っ黒な女の子だったそうです。

初恋は幼稚園の時で、皆が憧れる男児を好きになりましたが、片想いに終わっています。

音楽が好きになったキッカケは、3歳年上のお姉さんの影響です。

幼稚園年少組からお姉さんと一緒に音楽教室に通ってエレクトーンを学んだことから、音楽に興味を持ったそうです。

小学校2年生からドラムを学んでいます。

SPEEDが好きで、特に今井絵理子さんが好きでした。

横山由依さんの出身小学校は、木津町立高の原小学校です。

小学校の頃は学業成績は良く、体育と音楽が得意でした。

体育では走るのが好きで、陸上大会のリレーに出場し、町内駅伝大会では常に優勝か2位でした。

小学校4年生まで自分のことを「ゆいちゃん」と呼んでいます。

小学校4年生の時に大阪城ホールにおいてCHEMISTRYのコンサートを観賞してから芸能界に興味を持つようになりました。

横山由依さんの出身中学校は木津川市立木津第二中学校です。

中学時代は、あまり勉強をしなかったそうです。

そのかわりに、部活動のバスケットボールに熱中し、3年生の時に体育大会で優勝しています。

そして、横山由依さんが本格的に歌手を目指し始めたのは中学2年生の時のこと。

中学2年生から横山由依さんはボイストレーニングに通い始めます。

中学生の頃から100を超えるオーディションを受けますが、全て落選しています。

中学卒業後、横山由依さんは京都府立西宇治高等学校に進学します。

高校2年生の時に西宇治高校は統合により、京都府立城南菱創高等学校と改名されます。

高校時代の横山さんは軽音部に所属し、バンドのボーカルを担当していました。

高校入学後も横山由依さんは歌手になるためにオーディションを受け続けます。

SKE48第2期生(チームKII)オーディションを受けますが落選。

その後第8期研究生オーディションも受けましたが落選してしまいます。

しかし、諦めずにAKB48第9期オーディションを受け、みごと合格を果たします。


オーディションに100回落ちても負けない!
そんな横山由依さんの気になる年収を徹底調査しました!


■プロフィール






本名:横山由依(よこやま ゆい)
愛称:ゆいはん、ゆい
生年月日:1992年12月8日
出身地:京都府木津川市出身
血液型:B型
職業:歌手、女優、アイドル
活動期間:2009年-


■AKB48グループ総監督に!







横山由依さんは2009年にAKB48の研究生候補となりました。

平日は学校とアルバイト、週末は東京へ行きレッスンを受けるという生活を3ヶ月ほど続けました。

その後、セレクション審査に合格し、正式なAKB48の研究生となり上京。

なお、芸能活動に専念するために、大学へは進学しませんでした。

2010年10月10日『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』においてチームKに昇格(9期生初の昇格)することが発表されました。

2011年1月21日『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』において、大島優子さん・北原里英さん・指原莉乃さんとともに新ユニット『Not yet』を結成することが発表されました。

3月16日『Not yet』として、1stシングル「週末Not yet」でデビュー。

5月25日発売の21stシングル「Everyday、カチューシャ」で初めて選抜メンバー入りを果たします。

6月9日に日本武道館で最終結果が公表された『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙「今年もガチです」』では、1万6455票を獲得して19位となり、AKB48の22ndシングルの選抜メンバーとなりました。

2012年7月19日(7月18日深夜)自身初の単独冠番組『横山由依(AKB48)がはんなり巡る 京都・美の音色』を関西テレビで放送開始。

9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』では3位となり、選抜メンバー入りを果たします。

2014年12月8日この日行われた『AKB48劇場9周年特別記念公演』において、1年後をめどにグループからの卒業を発表したAKB48グループ総監督高橋みなみさんより次期(2代目)総監督に指名されました。

2015年2月5日、初のソロ写真集『ゆいはん』発売。

2月16日付オリコン週間「本」ランキングの写真集部門で1位を獲得。

2月24日地元である京都府南部15市町村の観光をPRする「京都やましろ観光大使」に就任。

12月8日AKB48劇場オープン10周年の記念特別公演において、AKB48グループ総監督の職を高橋みなみさんから正式に継承します。

2016年12月31日『第67回NHK紅白歌合戦』に出演。

番組企画として実施された「夢の紅白選抜」で8位に選出されました。

2017年5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』では7位となり、選抜メンバーに選出されます。

2018年12月8日AKB48劇場13周年特別記念公演において、AKB48グループ総監督を退任することを発表。

次期総監督にチームAの向井地美音さんを指名しました。

2019年3月31日AKB48グループ総監督を正式に向井地美音さんに譲り、退任。





キャッチフレーズは、2015年12月8日以降、「京都から来ました。金閣寺よりも輝きたい、AKB48総監督の横山由依です」です。

横山由依さんの好きな男性のタイプは、スポーツができ、夢を持っていて、いい声の人が良いとのこと。

「ゲームができる人(クレーンゲームとかでも可)、夢があって、人生を楽しんでる人で、私より頭が良い人」とも話しています。

横山由依さんの性格は、はんなり(落ち着いたはなやかさを持つさま。上品に明るいさま)に見えて、実はとてもストイックな体育会系です。

負けず嫌いで、男らしい性格。

真面目でサバサバしているが頑固な部分もあり、雰囲気とは違ってせっかちで短気です。

周りからは天然ボケだと言われていて、たまに天然を発揮する事がありますが、本人は「天然と言われたことがない」と発言しています。

高橋みなみさん曰く「超努力家」。

篠田麻里子さんからも「本当に努力家」と評されています。

私服がイマイチで、2016年2月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)内の企画「私服センスなし女 決定戦!!」では、なんと不名誉な1位に輝きました。

私服が駄目でもすっぴんは評判が良いようです。

2017年1月横山由依さんが愛猫・ビスとともに映った写真を投稿すると、ファンからは、「すっぴんやん!可愛い!」「スッピンも可愛すぎるよ」「ほんまにすっぴんかわいすぎる」などと、すっぴんを絶賛されていました。

横山由依さんの趣味は、カラオケ、東京探索、音楽鑑賞です。

特技は立ったままブリッジから一回転する事(オーディションでは逆立ちと側転を特技としていました)。

横山由依さんの特技は、ドラムです。

好きな食べ物は牛丼と餃子。

嫌いな食べ物はグリーンピース、干し葡萄、お酒はシャンパンが苦手。

憧れるアーティストとしてCHEMISTRY、いきものがかりを挙げています。

また、SEKAI NO OWARIが好きでもあり、好きな楽曲は「スターライトパレード」です。

調剤事務管理士の資格を保有しています。

総監督として300人以上にのぼるメンバーをまとめなければならなかった横山由依さん。

メンバーから彩りの悪い弁当に対する苦情が上がった際には、自らスタッフに改善を打診することもあったそう。

メンバーから『横山さん、これは…』って言われて、スタッフに『もうちょっと良い感じのお弁当にしてください』って言ったりとかしていたとのこと。


■横山由依さんの年収は?






横山由依さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

推定年収は1800万円だそうです。

ちなみに、AKB48の研究生時代は月給5万円だったそうです。

その頃から比べたら格段に高くなっていますね。

これからも幅広い活動で年収も増えていくことでしょう。





いかがでしたか?

カリスマだった前総監督・高橋みなみさんと自身を比較し、横山さんは自己嫌悪に陥ることもあったそうです。

しかし、真面目で、負けず嫌いで、超努力家の横山由依さんは、さすが総監督に指名されるだけのことはあるといった性格だと思います。

見習いたいですね。

リーダーシップがあって、人を引っ張っていく力のある横山由依さんですから、これからもいろいろなことに挑戦できるでしょう。

がんばってくださいね。

(出典 ウィキペディア)
(出典 トレンドニュースどっと東京)
(出典 タレント辞書)
(出典 SHOW HOLIC)

コメント