本木雅弘の年収は?義父母は内田裕也と樹木希林!?息子はパリコレモデル!?




本木雅弘さんは1965年12月21日埼玉県桶川市で15代続く農家に3人兄弟の次男として生まれています。

実家は旧家で裕福な富豪農家だそうです。

お父さんの昭さんは本木さんが幼い頃は教師をしていて、その後農家を継ぎました。

本木さんの幼少期は女の子と「おままごと」をして遊ぶのが好きだったとのこと。

小学2年生の頃の夢は、喫茶店のマスターになることでした。

それが埼玉県民栄誉賞を受賞する俳優になるなんてわかりませんね。

デビューのきっかけは、中学3年生の頃自らジャニーズ事務所に履歴書を送ったことでした。

1981年TBSドラマ『2年B組仙八先生』でデビュー。

1982年アイドルグループ「シブがき隊」のメンバー「モックン」として布川敏和(フックン)、薬丸裕英(ヤックン)とともに歌手デビュー。

浦和学院高等学校1年在学中の途中から明治大学付属中野高等学校定時制に編入するも、2年の途中で中退。

1988年シブがき隊を解散後、俳優として活動を始めます。




内田也哉子さんに猛アタックでゴールイン!
そんな本木雅弘さんの気になる年収を徹底調査しました!!




■プロフィール





本名:内田雅弘(うちだ まさひろ)(旧姓本木)
愛称:モックン、すばる
生年月日:1965年12月21日
出身地:埼玉県桶川市(旧・北足立郡桶川町)
血液型:A型
職業:俳優、司会者、元歌手
活動期間:1982年-


■アカデミー賞外国語映画賞受賞!





1991年篠山紀信氏撮影でヘアヌード写真集『white room』を出版。

1992年第43回NHK紅白歌合戦で井上陽水氏の「東へ西へ」でソロとして初出場。

その時コンドームを首からぶら下げた衣装やお尻を見せたパフォーマンスで物議をかもしました。

しかし、これはエイズ撲滅のメッセージが込められていたそう。

1995年内田也哉子さんと結婚。

本木さんの海外の映画賞を取材する番組で、内田さんが通訳として同行して出会ったのがきっかけ。

その後、映画『シコふんじゃった。』、大河ドラマ『徳川慶喜』などに主演しヒットします。

企画を自ら持ち込んで主演も務めた『おくりびと』が2009年アカデミー賞外国語映画賞を受賞。

この活躍により2009年3月20日に埼玉県民栄誉賞を受賞。

■内田家に婿養子!





本木さんは内田也哉子さんと結婚して、義父がロックミュージシャンの内田裕也さん、義母は女優の樹木希林さんになりました。

お嫁さんのご両親が有名人で、芸能界でも後ろ盾があって心強いでしょうね。

本木さんは内田家に婿養子に入り、本名が内田姓になっています。

樹木希林さんが内田姓を残したいと希望しそうなったそうです。

樹木さんってよっぽど内田裕也さんのことを愛していたのでしょうね。

本木さんは次男なのでちょうど良かったですね。

内田也哉子さんは、子供の頃インターナショナルスクールに通っていました。

インターナショナルスクールというのは無認可の学校なので日本の義務教育に認定されていません。

内田也哉子さんは義務教育を修了していないとされ、役所で保護者である樹木希林さんが注意を受けたそうです。

その時は素直に義務教育を受け直させますと答えたそうです。

本当に義務教育を受け直させたかは不明です。

高校から小学校に入り直したかどうかはわかりません。

内田也哉子さんは高校2年の時にスイスのジュネーブのインターナショナルスクールに留学しています。

本木さんがプロポーズしたのは、内田也哉子さんが17歳の時です。

きゃぴきゃぴの若さに魅了されたのでしょうね。

その時の言葉が次の通りです。

「私には白髪のあなたが想像できるしそういうあなたが愛おしいと思える気がする。今すぐじゃなくても、いつか結婚という選択肢が現れたとき私もそこに入れてください。」

ぐっとくる言葉ですね。

内田さんは一旦は断ったものの、本木さんが猛烈にアタックしてめでたくゴールインとなったわけです。

1997年に長男雅樂(うた)さん、1999年に長女伽羅(きゃら)さん、2010年に次男玄兎(げんと)さんの3児を儲けています。

長男の雅樂さんは、UTAの名義でパリコレモデルデビューを果たしています。

身長が195㎝もあるそうです。たかーい!

雅樂さんは高校の時にスイスのル・ロゼという名門校に留学しています。

それからアメリカに渡り、カリフォルニア州の大学に在学していてバスケットをやっているそう。

日本語、英語、フランス語を流暢に話すとのこと。

内田伽羅さんは映画『奇跡』などに子役として出演しているほかモデルとしても活動しています。

本木雅弘さんは、家族に関して次のようなことを述べています。

「妻は19歳、私は29歳で
結婚した当初は、
彼女はまだ
青春真っただ中なのに
私は落ち着きを求め、
ソリが合わないことも
あったけれど、
お互い自問自答を
繰り返して達観し、
本当の意味で今いい
スタートに立てている気がします。
育児でも、以前は
神経質に接しがち
だったけれど、
「待つ」「一度させてみる」
ことができるようになりました。」

■本木雅弘さんの年収は?





本木雅弘さんの正確な年収は分かっていないのですが、推定で5000万円くらいだそうです。

本木さんは子供の教育のためもあって内田也哉子さんとイギリスに住んでいます。

伽羅さんがイギリスの全寮制の中学に通うことになって、長期休暇の時に自宅に帰りやすいようにイギリスに滞在することになったそうです。

日本に仕事がある時は日本に来ますが基本的にイギリス在住で、日本での仕事も少なくなっているようです。

しかし日本での人気は健在です。

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』の中で斎藤道三役で娘婿をお茶で毒殺するシーンがあり、その熱演ぶりが話題になりました。

伊右衛門で毒殺したとネットで騒がれ、風評被害にあったサントリーですが、ツイッターで「昨晩は、主人が熱演のあまり、皆さまをお騒がせしましたようで、すみません。まずは心を落ち着け、茶などをお召し上がりください、妻より」というメッセージを発信しました。

何かと話題になる本木雅弘さんは、何をしても世間の注目を浴びるのですね。

■まとめ





いかがでしたか?

本木雅弘さんはその迫真に迫る演技力と端正な顔立ちで、日本のメディアには欠かせない存在になっていますね。

ロマンチックな出会いで仲の良い内田也哉子さんとも、どうぞお幸せにお過ごしください。

お子さんたちの活躍も、これから楽しみですね。

ひそかに応援しています。

(出典 ウィキペディア)

コメント