羽生善治の年収は?初の永世七冠達成!?妻は元女優!?




羽生善治さんは1970年9月27日に埼玉県所沢市で生まれ、幼稚園に入る頃から東京都八王子市に移り住んでいます。

小学校1年生の時に、近所の同級生から将棋の駒の動かし方を教わりました。

2年生の夏、お母さんが将棋に熱中する羽生さんを見て、将棋道場「八王子将棋クラブ」の「第1回夏休み小中学生将棋大会」に出場を申し込み大会デビューするも、 1勝の後2連敗で失格しています。

それがきっかけで、同年10月28日から毎週末に同道場に通うようになりました。

その後、力が急速に向上し、翌年の小学3年生の時に初段、4年生10月に四段、5年生の10月に五段になり、いわゆるアマ強豪のレベルになりました。

家でも将棋を指し、両親と妹の3名による連合軍と対戦して、連合軍が不利になった時は将棋盤を180度回転して指し継ぐという家族内ルールがありました。

1979年、3年生で4級の時に、日本橋東急デパートの「よい子日本一決定戦、小学生低学年の部で準優勝をし、翌年も関東各地のデパートの大会で準優勝や3位入賞をしました。

1981年1月7日「第1回小田急将棋まつり小学生大会」でデパート大会で初めて優勝を果たしました。

同年5年生になると、8月には東京の4つの小学生大会で優勝しています。

5年生のとき奨励会への入会を志し、道場の師範代である中嶋克安指導棋士に相談したところ、「小学生将棋名人戦で優勝すること」という厳しい条件を付けられますが、 6年生の春に見事優勝し条件をクリアします。

同年奨励会入会試験に合格。

1年あまりで6級から初段に昇段し、四段に昇段してプロに昇格。

加藤一二三氏、谷川浩司氏に続く、史上3人目の中学生棋士になりました。




史上3人目の中学生棋士に!
そんな羽生善治さんの気になる年収を徹底調査しました!!




■プロフィール





本名:羽生善治(はぶ よしはる)
生年月日:1970年9月27日
出身地:埼玉県所沢市出身
血液型:AB型
職業:将棋棋士
活動期間:1985年12月18日-


■羽生さんは欠点のないオールラウンドプレーヤー!





1986年、プロデビュー初年度には全棋士中一位の勝率0.741(40勝14敗)を記録し、将棋大賞の新人賞と勝率一位賞を受賞。

1988年度のNHK杯戦では大山康晴氏、加藤一二三氏、谷川浩司氏、中原誠氏と当時現役の名人経験者4人をすべて破って優勝します。

1989年、竜王戦でタイトル戦に初登場。

研究会「島研」の恩師の島朗氏との熱闘を4勝3敗で制し、当時最年少記録の19歳で初タイトル獲得。

棋界で名人位と並んで序列トップの竜王位に就きました。

1996年2月に将棋界で初の7タイトル独占を達成(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖)。

2017年12月には永世竜王の資格保持者となり、初の永世七冠を達成。

2018年2月13日安倍晋三首相より、囲碁棋士の井山裕太氏と共に、将棋棋士として初の国民栄誉賞が授与されました。

さらに名誉NHK杯選手権者の称号を保持しており、合計8つの永世称号の保持も史上初。

十六世名人の中原誠氏は、羽生善治さんを「オールラウンドプレーヤーで欠点がない。歴史上初の棋士。」と評し、谷川浩司氏(引退後に十七世名人)は「羽生さんはあらゆる戦法を指しこなせる棋士。オールラウンドプレイヤーで変幻自在のため、どう指してくるのかわからない。攻めも受けも強い。こだわりが全くないのが特色。棋風がない。」と述べています。

妻は元女優でNHK連続テレビ小説『京 ふたり』のヒロイン役を務めた畠田理恵さん。

挙式は1996年3月28日。

女の子二人をもうけています。

■才能とは、情熱や努力を継続できる力!





羽生善治さんには、いろいろな名言があります。

いくつか見てみましょう。

何かに挑戦したら
確実に報われるのであれば、
誰でも必ず挑戦するだろう。
報われないかもしれないところで、
同じ情熱、気力、モチベーションをもって
継続しているのは非常に大変なことであり、
私は、それこそが
才能だと思っている。


ただ一局一局を大切に、
そこにだけ集中して指してきた。

自分自身を裏切らない努力の姿勢が未来の結果として現れてくる。

さすが永世七冠になる人は、言うことが違いますね。

ためになります。

羽生善治の名言・格言


■羽生善治さんの年収は?





羽生善治さんの年収はいくらくらいでしょうか。

将棋棋士の年収は、賞金、対局料からなっています。

参考のため、タイトルの賞金は次の通りです。

竜王 4320万円
名人 3500万円
叡王 2000万円
王位 1000万円
王座  800万円
棋王  600万円
王将  300万円
棋聖  300万円

羽生善治さんの場合、各タイトル戦などの賞金、対局料が年間約1億円

将棋連盟から支払われる給与が年1500万円。

その他に、印税や講演やテレビ出演などの収入があります。

羽生さんにはたくさんの著書があります。

代表的なベストセラーは『決断力』(52万部)、『大局観』(18万部)、『直感力』(10万部)。

それらの印税だけでも約6000万円にのぼると推測されます。

以上から羽生善治さんの推定年収は2~3億円程度になると思われます。

■まとめ





いかがでしたか?

天才と言われる棋士でも、才能とは努力を継続する力だと言っています。

何事かを成し遂げる人は、やはり継続する力を持っているのですね。

見習わなくてはと思います。

これからもますますのご活躍をお祈りしています。

(出典 ウィキペディア)
(出典 癒しツアー)
(出典 Carat Woman)

コメント