北島三郎の年収は?紅白歌合戦の出場回数は?与作やまつりでファンの心わしづかみ!愛馬のキタサンブラックは菊花賞で優勝!?


北島三郎さんは1936年10月4日北海道上磯郡知内村(現:知内町)に生まれています。

北海道函館西高等学校に進学。

高校時代、海で溺れた小学生を救助し、函館新聞にも掲載されました。

高校在学中に函館で開催された『NHKのど自慢』に出場しましたが、鐘は2つでした。

司会の宮田輝氏から「良い声をして学生さんですか?お上手でしたのにねえ…」と優しい声をかけられ、「歌やれば歌手の道があるかもしれない」と思うようになったそうです。

1954年17歳で高校を中退後、18歳で東京の親族を頼って上京。

東京声専音楽学校に入学。

しかし歌謡曲をやりたかったので、渋谷を拠点に流しの仕事をしながらデビューを目指しました。

この頃に下宿していたアパートの大家の娘の雅子さんと結婚。

1960年流しの仕事をしていて声をかけてきたのが日本コロムビアの芸能部長で、新橋の喫茶店に呼び出され、引き合わせられたの作曲家の船村徹でした。

これを契機に船村門下生となりレッスンの日々となります。



流しから船村門下に入りデビューを果たす。

そんな北島三郎さんの気になる年収を徹底調査しました!!




■プロフィール





本名:大野穣(おおのみのる)
愛称:サブちゃん
生年月日:1936年10月4日
出身地:北海道上磯郡知内村出身
血液型:O型
職業:演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家、馬主


■「与作」が大ヒット!紅白出場「まつり」でトリに!





1961年船村氏から「なみだ船」の譜面を渡され、レコーディングも行われました。後に最初のヒット曲となります。

1962年「北海道(北島)生まれの三郎」という由来のもとに北島三郎と命名、デビューが決定。

同年6月に日本コロムビアから「ブンガチャ節」でデビューするが不発に終わりました。

セカンド・シングル「なみだ船」がヒットなりました。

1963年NHK紅白歌合戦に初出場。

1965年「兄弟仁義」「帰ろかな」「函館の女」をリリースし、3曲大ヒットとなり演歌歌手としての人気を確立。

1978年「与作」(NHK『あなたのメロディー』で公募)が大ヒットし、ファンの幅を広げました。

1980年以降『腹が丈夫』であったことをシャレにして自ら原譲二というペンネームをつけ、作詞や作曲、演出を手掛けるようになってきました。

1986年「北の漁場」で第28回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。

1989年4月21日1月8日の改元により制定された年号「平成」にちなんで「平成音頭」を発表。

約16万枚を売り上げました。

1998年テレビアニメの主題歌(NHK『おじゃまる』の主題歌「詠人(うたびと))を歌い、新しいジャンルにも挑戦。

2006年10月4日古希と『芸道45周年』を祝うパーティーの席上、一番弟子の山本譲二を2007年に「のれん分け」のかたちで独立させることを発表。

2006年に発表の「あの日時代」がオリコン演歌・歌謡チャートで1位を記録。

2010年放送文化の向上に功績のあった人物を表彰する「第61回日本放送協会放送文化賞」を受賞。

同年3月29日には「北島三郎特別公演」の名古屋御園座公演千秋楽で「座長公演4000回」の大記録を樹立。

2013年第64回NHK紅白歌合戦で史上初の50回出場を達成するが、この回限りでの勇退を宣言。

史上最多の13回のトリで『まつり』を披露。


5年後の2018年・第69回NHK紅白歌合戦において、特別枠で弟子のユニットである北島兄弟(北山たけし・大江裕)とともに出場し、7度目の『まつり』を歌い上げました。



■愛馬のキタサンブラックが菊花賞で優勝!豪邸は36部屋!?





北島三郎さんは、演歌歌手としてだけでなく、JRAの馬主としても知られています。

1963年から馬主として活動しています。

北島さんが馬主としての活動を始めたのは、先輩歌手だった春日八郎さんに勧められたためのようです。

春日八郎さんもまた馬主として活動をしていました。

2015年には北島三郎さんの愛馬キタサンブラックが菊花賞で優勝。

これまでのキタサンブラックの獲得賞金は6億4279万円。

今までに所有していた馬の数は約170頭。

馬主は所有馬を預ける厩舎や生産牧場に預託料を支払わなければならず、これまで10億円の預託料を支払っています。

北島三郎さんの馬は30億円近い賞金を獲得しており、競馬の賞金は馬主が80%、調教師が10%、騎手と厩務員5%ずつの取り分になっているので、北島さんの取り分は24億円にのぼります。

預託料の10億円を差引くと、約14億円儲けていることになります。

すごい金額ですね。

東京都八王子の豪邸は、三郎の語呂合わせで36部屋もあるそうです。

弟子も住まわせ面倒を見ているようです。

テニスコートもあり、八王子の夜景と富士山がとてもきれいに見えるそうです。

36部屋もあるなんて、旅館並みですね。



■演歌界のドンの年収は?





わかっている北島三郎さんの年収は、2004年の時点で2億6200万円です。

それから納税額が公表されていないので、現在の年収はわかっていません。

キタサンブラックが優勝した時は、もっと年収が高くなっていると思われます。

それにしても凄い額ですね。



■まとめ





いかがでしたか?

歌ばかりでなく、作詞家、作曲家、馬主とその幅広い活動範囲には驚かされます。

さすが演歌界の大御所と言える年収でしたね。

どうぞこれからもお体お大事に、活動を続けてファンを楽しませてください。

(出典 ウィキペディア)

コメント