黒柳徹子の年収は?年齢は?実はオペラ歌手になりたかった!?徹子の部屋のギャラがやばすぎる!


黒柳徹子さんは1933年8月9日東京都港区乃木坂で、ヴァイオリニストの父黒柳守綱さんと母黒柳朝さんのもとに生まれました。

父親の黒柳守綱さんはNHK交響楽団のコンサートマスターをしています。

母親の黒柳朝さんは著書『チョッちゃんが行くわよ』で自身と家族を描きNHK連続テレビ小説でドラマ化されています。

男兄弟は全部で3人いますが、兄は夭折。

弟の黒柳紀明さんは父の後を継いでヴァイオリニストになり、フロイデフィルハーモニーで第二ヴァイオリニストのトップを務めています。

妹の真理さんは元バレリーナ、エッセイスト、美容家で、ボリショイ・レニングラードバレエ団でプロのバレリーナとして活躍。

黒柳徹子さんは子供の頃は注意欠陥、多動性障害、学習障害であったと言われています。

トモエ学園から香蘭女学校を経て、東京音楽大学声楽科を卒業。

オペラ歌手になることを希望していましたが、夢が叶わず、1953年に6000人集まった『NHK放送劇団』の俳優募集のオーディションを受け、採用された13人のうちの1人に残りテレビでの女優第一号になりました。

面接では家族のうちでも両親から「そんなみっともない仕事をするのか」とか「そういう世界は騙そうとする人が多い」などと言われたことを暴露しましたが、見事に合格しました。

音楽の道から女優へ。

そんな黒柳徹子さんの気になる年収を徹底調査しました!!




■プロフィール





本名:黒柳徹子
愛称:とっとちゃん、ちゃっく
生年月日:1933年8月9日
出身地:東京都港区乃木坂出身
血液型:A型
職業:女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使


■さまざまなキャラクターを演じ、『徹子の部屋』で主婦の人気者に!





初めは独特の個性が邪魔をして仕事に恵まれませんでしたが、劇作家の飯沢匡(ただす)氏と出会ってから個性を活かして才能を開花させました。

1954年NHKラジオ第1で放送されたラジオドラマ『ヤン坊ニン坊トン坊』で三男のトン坊役を演じて一躍有名に。

以降も『チロリン村とくるみの木』『ブーフーウー』などに出演し、さまざまなキャラクターの声を演じました。

1958年25歳の若さで第9回NHK紅白歌合戦の司会に選ばれました。

この最年少記録は今も破られていないそうです。

1961年には第1回日本放送作家協会・女優賞を受賞。

1971年からは1年間アメリカ、ニューヨークのメリー・ターサイ演劇学校に留学。

1976年には『徹子の部屋』の放送が開始。

同年「主婦が選んだテレビパーソナリティーNO.1」に初めて選出され、1989年まで14年連続で選出されました。

1978年からは久米宏氏とともに最高視聴率41.9%を記録する大ヒットとなったTBSの音楽番組『ザ・ベストテン』の放送が始まり、1989年までの11年間続きました。



■『窓ぎわのトットちゃん』が大ベストセラーに!文化功労者にも選ばれる!





1981年自身の子供の頃を描いた『窓ぎわのトットちゃん』が出版され、累計で800万部を数える大ヒットを記録し、35か国で翻訳されました。

戦後最大のベストセラーで大ブームを巻き起こしました。

それにより1982年園遊会に出席した際には、昭和天皇に『窓ぎわのトットちゃん』について部数と翻訳国数を交えた説明をしたところ、「たいそうお売れになって」と言われたエピソードがあります。

『窓ぎわのトットちゃん』の日本語版の印税で社会福祉法人トット基金を設立。

プロの、ろう者の俳優の養成、演劇活動、手話教室などに力を注いでいます。

1986年にはTBSで『世界・ふしぎ発見』が放送を開始。

初回からレギュラー解答者として毎回出演しています。

2010年に「放送ウーマン賞」の日本女性放送者懇談会40周年特別賞を受賞。

同年には平成27年文化功労者に選ばれました。

2015年5月27日には『徹子の部屋』が放送開始40年になり放送回数10,000万回を達成。

また2011年4月27日を迎えた段階で同一の司会者による番組の最多放送回数記録としてギネス世界記録に認定されました。

2017年にはこれまでの活躍が評価され、名誉都民に選ばれています。

アメリカのテレビ番組、ジョニー・カーソンの『ザ・トゥナイト・トリビューン』など多くのアメリカのテレビ番組に出演。

タイム、ニューズウィーク、ニューヨーク・タイムス、ヘラルド・トリビューン、ピープルなどに日本の代表女性として紹介されています。

日本で初めてのトーク番組『徹子の部屋』は45年目をむかえます。

またユニセフ(国連児童基金)親善大使としてアフリカ、アジアなどを訪問。



■黒柳徹子さんの年収は?『徹子の部屋』の出演料が凄すぎ!





以前『窓ぎわのトットちゃん』が大ヒットした時の黒柳徹子さんの年収は13億円を超えていたそうです。

『徹子の部屋』の一回の出演料が150-200万円と言われていて、『徹子の部屋』だけでも3億6000万円になります。

その他テレビのバラエティー番組の出演料をいれると推定年収は5億円を超すものと思われます。

他にも印税などを含めたら、もっとあるかもしれません。 さすが日本を代表する女性だけあって、年収も破格ですね。

すごいですね。



■まとめ





いかがでしたか?

2020年現在、86歳の年齢を過ぎても『徹子の部屋』の記録は更新されています。

そんなバイタリティーはどこから来るのでしょうか。

黒柳徹子さんは『窓ぎわのトットちゃん』の印税を社会福祉法人の設立のために使う人格者でもあります。

その屈託のない個性あふれるパーソナリティーが世界でも広く認められているようです。

幅広い活動でさまざまな記録をお持ちの徹子さん、これからもお元気でますますのご活躍を期待しております!

(出典 黒柳徹子公式ホームページトットちゃん)
(出典 Men’s Modern)
(出典 ウィキペディア)

コメント