藤本敏史(フジモン)の年収は?離婚の理由は?タピオカ恫喝騒動より以前にマンション内別居していたって本当?藤本敏史の養育費はいくらくらい?


2019年12月31日の大晦日に芸能界一のおしどり夫婦として知られる”フジモン(藤本敏史)&ユッキーナ(木下優樹菜)”の離婚が報道されました!

離婚の原因としては木下優樹菜さんのタピオカ恫喝騒動が挙げられていましたが、どうやら離婚の理由は別にあったようです!

また今回の離婚で2人のお子様を木下優樹菜さんが育て、藤本敏史さんが養育費を支払っていくようですが、給料格差が噂されていた藤本敏史さんには一体いくらの年収があったのでしょうか?

果たして今後も活動自粛を余儀なくされる木下優樹菜さんと子どもたちを支えていくほどの収入はあるのでしょうか?

今回は気になる離婚理由と藤本敏史さんの年収について徹底調査しました!



■プロフィール





名前:藤本敏史(本名)
誕生日:1970年12月18日(2020年1月5日現在49歳)
出身地:大阪府寝屋川市
所属:吉本興業

■離婚の理由は?タピオカ恫喝騒動より以前にマンション内別居していたって本当?





2人の離婚ニュースはスポーツニッポンが報じました。

結婚から9年でピリオドをうったようです。

世間では「タピオカ離婚」と騒がれていますが、木下優樹菜さんのタピオカ騒動があったのは今年の10月くらいで離婚の原因ではないそうです。

というのも、藤本夫妻は実は約1年ほど前からマンション内で別居をしていたというのです!

気になる離婚理由(原因)はスポーツニッポンによると、ある大喧嘩が原因とのこと。

1年くらい前の大喧嘩で藤本敏史が木下優樹菜さんを強い口調で怒ったことにより、夫婦の関係に溝ができてしまい、それ以降修復が困難になってしまったみたいですね。

夫婦で共演しているCMや子供の教育上の関係で、同じマンション内で別の部屋を借りて別居をしていたそうで、ようやく夫婦のCMの契約が切れるこのタイミングで離婚に踏み切ったというのです。

報道によると2人は関係修復に向けて何度も話し合いを重ねていたそうですが、結果、折り合いがつかずで離婚となったそうです。

また2019年10月の木下優樹菜さんの”タピオカ騒動”により活動自粛を余儀なくされた木下優樹菜さん。

このことも藤本敏史さんの離婚の意思が固まった理由となったかもしれません。



■藤本敏史の年収は?





藤本家の月収は500万円と言われていました。

「フジモン頑張ってるね~!」と思いがちですが、実は藤本敏史さんはコンビもピンも冠番組がない上、出演番組も不定期出演が多いため、月収500万円の鍵は木下優樹菜さんが握っていたようです。

木下優樹菜さんも冠番組がかつてはモニタリングだけでしたが、人気ママタレントでSNSのフォロワーも多く、影響力がありました。

つまり、広告収入だけで莫大に稼いでいたようです!

噂によれば、月に広告収入だけで200万円だったとか。

そんな木下優樹菜さんの年収はおよそ4000万円ほどと言われていたので、藤本家月収500万円の内訳は木下優樹菜さんが350万円ほど、藤本敏史さんは150万円であったと予測されます。

というわけで、藤本敏史さんの推定年収は・・約1800万円!!ということでした!

藤本敏史さんも相当稼いでいたようですが、見事に夫婦間の年収格差が生じていましたね!

しかし、恫喝騒動に離婚騒動と今後木下優樹菜さんを取り巻く環境は厳しいのではないかと予想しています。

今回の度重なる騒動でイメージダウンにつながった木下優樹菜さんは広告塔を再び務めることは不可能なのではないでしょうか?

逆にこれまで木下優樹菜さんの尻に敷かれていたイメージの藤本敏史さんは、木下優樹菜さんのタピオカ騒動でも妻に代わって陳謝したりと高感度は上がっているようで、今後持続的に仕事はありそうです。

離婚したとはいえ、今後、藤本敏史さんが収入激減した木下優樹菜さんと娘さん2人を支えていくのではないでしょうか?

というのも一部で「偽装離婚」との声もあがっているからです。 確かに『偽装離婚』、これが1番合点がいくような気がします。

木下優樹菜さんと婚姻関係を続けて夫婦で仕事が激減するよりも、離婚してイメージの良いままの藤本敏史さん一人のほうが仕事がありそうですからね。

真相はわかりませんが、世間では『タピオカ離婚』『偽装離婚』と様々な憶測が飛び交っているのが事実です。



■藤本敏史の養育費はいくらくらい?





娘さん2人の親権は母親の木下優樹菜さんが取るようで、藤本敏史さんは養育費を支払う事になるそうです。

今後仕事への復帰が厳しいとされる木下優樹菜さんですので、娘2人が大好きだった藤本敏史さんは其れ相応の養育費を支払っていくことが予想されます。

養育費の額はもちろん明かされていませんが、養育費の相場は義務者の年収が700万円ほどであれば、子供一人当たり月に10万円~12万円ほどとされています。

藤本敏史さんの年収が1800万円だとすると、年収700万円の養育費想定額の2.5倍。

娘さん2人に対してやはり月に50万円~60万円近くを支払う事になりそうです。

ただ、木下優樹菜さんはインスタグラムで見受けるに意識高い系の方なので、生活水準を落とせないでしょうし、芸能人の子供であるため、一般の学校への入学はさせない事を考えると、さらに養育費の額は高いかもしれません。

それにしても年収1800万円ほどの藤本敏史さんが、あくまで予想ですが月に50~60万円以上の養育費を支払うとなるとエグいですよね・・^^;

それを子供達が無事20歳を迎える時まで支払い続けるとなると、現在49歳の藤本敏史さんは何歳まで全力で働き続けないといけないのでしょうか?w

藤本敏史さんを応援せずにはいられませんw



■まとめ





いががでしたか?

2019年の年末にまさかの2人の離婚報道でしたが、タピオカ恫喝騒動だけが原因ではなかったようですね!

気の強い妻・木下優樹菜さんを、優しさで包み込むんできた藤本敏史さんでしたが、一度生じた溝までは藤本敏史さんにも埋めることはできなかったようですね。

そんな心優しい藤本敏史さんには可愛い娘さん達のためにも今後も芸能界で頑張っていってほしいですね!

コメント