木下優樹菜の年収は?独特な子育て方法に非難殺到?!ついに芸能活動継続に危機到来?!その理由とは・・


2010年にお笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史さんと結婚し、2012年に第一子、2015年に第二子を出産し、ママモデル、ママタレントとして大活躍中の木下優樹菜さん。

インスタグラムのフォロワー数は209年10月現在で5300万人ととんでもない数字です!

そんな、大人気の木下優樹菜さんは一体どれほどの年収があるというのでしょうか??

気になる年収を徹底調査しました!!



■プロフィール





本名:木下優樹菜
生年月日:1987年12月4日(2019年10月時点32歳)
出身地:東京都葛飾区
血液型:A型
身長:168cm

木下優樹菜さんは両親が中華料理屋を営む家に、3人姉妹の末っ子として誕生しました。

安室奈美恵さんに憧れてアクターズスクールのオーディションや、モーニング娘。のオーディションを受けたことがありますが、「協調性のなさ」で落選してしまっています。

この挫折がヤンキーの道へと走ったきっかけであることも語っています。

元ヤンキーであることはテレビ番組などで自ら公言しており、、中学時代には副番長を務めていたといいます。

1対1、いわゆる「タイマン」でトーナメントを勝ち上がり、優勝すると番長になれるというローカルルールのもとで番長決定戦が行われたそうですが、本人は決勝で負けたために副番長となっというエピソードがあるようですw

2006年に渋谷でスカウトされ、三愛水着イメージガールに抜擢後はグラビアを中心に活動。

その後、ファッション誌のモデルになり、テレビ「クイズ!ヘキサゴン」ではおバカタレントとして人気が急上昇しました。

2009年に共演していたFUJIWARAの藤本敏史さんとの熱愛がスクープされ、本人達が認めたことにより全国に知られるカップルになり、2010年8月入籍しました。



■独特な子育て方法に非難殺到?!





累計部数27万部を突破している『ユキナ婚。』『ユキナ産。』『ユキナの飯。』といったユキナシリーズ本に続き『ユキナ育。』を出版するなど、今や人気ママタレの地位を確立している木下優樹菜さん。

ママタレとして活躍するに至った最大の武器は『インスタグラム』です。

木下優樹菜さんは結婚後の2012年5月25日にインスタグラムを開始しました。

当初はモデル仲間との写真が多かったですが、次第にプライベートの写真を投稿しはじめます。

2014年に入ると、長女と親子コーデを楽しむお洒落な木下優樹菜さん親子を真似をしたいという人が続出しました。

育児をしている姿が見たいと人気のアカウントになり、2014年12月には、フォロワー数が爆発的に増えていきます。

さらにかつて木下優樹菜さんは「理想の母親を芸能人に例えると?」という質問で、2位の辻希美さん、3位の北川景子さん、同率4位の安室奈美恵さん、観月ありささん、篠原涼子さんらを大きく引き離してダントツの1位になった経歴の持ち主でもありました。

しかし、実はこういった結果に対しネット上では批判的な意見が続出しているのです。

それというのも木下優樹菜さんの独特な育児方法に理由があるようです。

2012年10月に木下優樹菜さんは当時2カ月の長女の夜泣きに悩んでいるとブログに記し、さらに「イラつきすぎていつもよりちょっと強めに揺らすとゆう」などと投稿していました。

これに「強めに揺らすって虐待?」「揺さぶられ症候群って言葉、知らないのか」などと非難の声が相次いでしまいしました。

翌年には動物園を訪れた際、木下優樹菜さんがチンパンジーの檻に娘さんを近づけて、娘さんは泣き顔になっていたそうです。

それを通りすがりの人から「夜泣きするからやめなよ」注意されたのですが、「うちの子、んなことでいちいち夜泣きしないんだなーww」と反論したという木下優樹菜さん。

その後、「その後またすれ違った時、その人、ムスメを迷子にしたらしく、すんごい焦ってましたが」「他人の子育てとやかく言う前に まず自分ちだなーって 勉強になりやしたーーー」と投稿していたそうです。

これにネット上では「仕返しとばかりの文章」「性根の悪さがにじみ出てる」などと批判が集中しました。

そして、ある番組で、木下優樹菜さんが出演した際、子育てのモットーを語ったのですが、「子供が度を越した悪さをしたら泣かせてでも言い聞かせる」だと明かし、娘のワガママが一線を越えたときは「お前マジでふざけんなよ。こっち来い」などと声をかけるというものでした。

これにプロの保育士が「それだとお母さんが怖いから悪いことをしないだけになってしまう」「悪いことをしていると認識させることが大切」と諭しましたが、木下優樹菜さん「でもやっぱり泣かせないと気が済まないんですよ」明かしていました。

実際のところ、木下優樹菜さんの自由でラフな育児に注目が集まり人気がある一方、ヤンキーキャラの育児に批判も多数あるようです。



■木下優樹菜の年収は?





かつてはバラエティに引っ張りだこの木下優樹菜さんも、現在のレギュラーは「モニタリング」のみです。

そんな木下優樹菜さんの年収ですが、調べてみるとなんと推定年収・・・ 4,000万円という驚きのものでした!

レギュラー1本しかないのに、では、一体その年収はどこから?と思いませんか?

そこで、気になる噂を発見しました!!

それは、木下優樹菜さんの収益源はブログやInstagramといったSNSだというものです。

というのは、木下優樹菜さんは人気タレントでフォロワーも多く影響力があるため、広告収入だけで莫大に稼げるということなのです!

噂によれば、月に広告収入だけで200万だとか!!

芸能人がSNSを頻繁に更新する理由がわかりますね・・。



■ついに木下優樹菜の芸能活動継続に危機到来?!その理由とは・・





そんな順風満帆のような木下優樹菜さんですが実は現在窮地に陥っているというのです。

 事の発端は、木下優樹菜さんの実姉が働く2019年7月にオープンしたタピオカドリンク店を、木下優樹菜さんがInstagramで宣伝したことでした。

店の女性オーナーがこの木下優樹菜さんの行動をよく思わなかったようで、すかさず木下優樹菜さんは2019年10月6日に自身のインスタグラムに次のように投稿したのです。

「お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝した事がよほど ご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給料明細までもらえず、、、人間不信のようになってしまぃました」

家族思いの木下さんが、ある姉が店のオーナーから受けた仕打ちをこのように告発したことで事態は収まるかと思いきや、オーナーの関係者と思われる人物が、木下優樹菜さんがオーナーにツイッターのダイレクトメールで送ったとされる文面を晒し問題が発覚しました。

それは

「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの色々言われてたみたいだけどさー」

「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」

「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うし、ばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ」

「んで、給料明細出すの常識な。色々頭悪すぎな」

「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー もーさ、やめなあ?覚悟決めて認めなちゃい おばたん」

「んでさーいい大人がさー LINEスルーとかやめよーよー」

 一般の方を相手にかなり過激な発言をしてしまっていますね、木下優樹菜さん・・。

その後10月9日、インスタに謝罪投稿しますが、これにより上記のダイレクトメールの内容は木下優樹菜さん本人が送信したと確信的になってしまったのです!

この個人的な問題に全く関係が無い所属事務所を恫喝の共犯に仕立て上げてしまい、木下優樹菜さんは事務所から怒られたそうです。

それもそうでしょう、菜々緒さんや中村アンさんをはじめ、ドラマなどにも出演する女性モデルを多数抱えている事務所はたまったもんじゃないですからね。

厳重注意で済めばいいのですが、イメージをガタガタにされてしまえば、事務所も黙ってはいないと思います。

さらに恫喝DMの文面は本当にシャレにならないレベルなようで、テレビ局内では木下優樹菜さんが映る映像はカットするなり、使用を見合わせる動きも出ているそうです。

芸能人の自覚が木下優樹菜さんはあまりに足りなかったようですね・・。



■まとめ





いかがでしたか?

恫喝騒ぎ以来、インスタグラムは更新されていません。

またその投稿へのコメントはなかなか厳しい意見が書かれており、収束の兆しは見えていないようです!

インスタグラムでインフルエンサーとして高額な年収を得ている木下優樹菜さん。

今後はこの件で夫婦共に収入が減っていく事が予想されます。

可愛いお子様達のためにも、なんとか芸能活動を再開し、これまで以上に言動は気を付けてまた活躍されるように応援するばかりです・・。



↓↓木下優樹菜さんのインスタで公開されている謝罪文がこちら↓↓
この投稿をInstagramで見る

この度は、私の自己中心的な発言により、 相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、 誠に申し訳ございませんでした。 私の発言は いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。 相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、 本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました。 改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。 今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、 発言には十分注意していきたいと思います。 そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。 2019/10/09  木下優樹菜

yuuukiiinaaaさん(@yuuukiiinaaa)がシェアした投稿 –

コメント