本田望結の年収は?実家はお金持ちなの?!本田望結の現在の姿が太ってヤバいって本当?!


大人気だったドラマ『家政婦のミタ』で大ブレイクを果たし、一躍、人気子役首位踊りでた本田望結さん。

子役業とは別にフィギュアスケートにも力を入れている本田望結さんは、現在はスケート選手としても活躍しています。

女優にフィギュアスケートと大忙しの本田望結さんは、一体どれほどの年収があるのでしょうか?

気になる年収を徹底調査しました!!



■プロフィール





本田望結(ほんだ みゆ)さんは2004年6月1日生まれ、京都府出身です。

血液型はO型です。

4歳の頃からCMに出演し、7歳で大ヒットドラマ『家政婦のミタ』で大ブレイクを果たします。

2013年、9歳になり米倉涼子や剛力彩芽といった有名な女優やモデルが多く所属する芸能事務所「オスカープロモーション」へ移籍し、その後は映画やドラマなどに多数出演し、日本で一番忙しい小学生として話題になるほど!

また、本田望結さんの一家はご両親と5人兄弟の大家族であり、しかも家族揃ってフィギュアスケート一家というで有名です。

一般人の長女以外の4人兄弟は皆フィギュアスケートを習っており、大会にも出場しています。

お父さんが元フィギュアスケーターだったこともあり、本田望結さんもスケートを始めた3歳の頃はお父さんに教わっていたそうです。

スケート以外にも、本田望結さんは足も速く、幼稚園の年少組の時に、年長組の子供達も交じった徒競走で1位になる等、かなりスポーツ万能なようです。

フィギュアの練習の一環として、ヨガ、バレエ、新体操、水泳のレッスン等の英才教育も受けているんだとか・・。

女優にフィギュアスケーターといった両立については「どちらかを嫌いになった場合には、どちらかでは無く、両方辞めると決めている」と発言してます。

嫌いで辞めない限りは両刀続けていくなんて、なんてまさに新進気鋭の人物といっても過言ではないでしょう!



■本田望結はお金持ちなの?!本田望結一家を支える資金源は?





本田望結さんのご兄弟は4人共フィギュアスケートを習っています。

実はそのフィギュアスケートを習うためには多額の費用がかかることをご存知でしたか?

トリノオリンピック、フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さんは「幼少期からオリンピック優勝までにかかった費用は2億円」と告白しています。

確かに通常の習い事に比べて、スケートリングのレンタル料が必要ですし、衣装や道具、コーチ代などとにかく費用がかかる種目であるようです。ちなみに本格的にやっていくとなると海外遠征費なども入ってくるので、年間に数百万かかると言われています。

本田望結さんのご兄弟は4人でされているので、年間に1人あたり100万円かかるとすると4人で400万円、仮に年間200万円かかるとすると800万円と一般家庭ではほぼ年収か、年収を超える金額になってしまいます。

そうなると、本田望結さんのご実家は金持ちである可能性が出てくるのです。しかし、父親の竜一さんは元フィギュアスケーターでしたが、現在は会社員で母親は専業主婦だそうです。

共働きでもなく、父親が1人会社員をやっていて、年間に数百万円とう多額の資金を子供達のスケートに費用を出し続けることは不可能ではないでしょうか?

そこで、もう一つ出てきた資金源はというと、本田望結さんなのです!

おそらく本田望結さんの女優業での収入が本田家のフィギュアスケートを支えていたのではないかと推測されます。

そうなると気になってくるのは本田望結さんの収入です!



■本田望結の年収は?





本田望結さんは2013年にテアトルアカデミー事務所から女優ゴリ押しのオスカー事務所へ移籍しています。

一般的に子役の出演料は女優と比較すると少ないのですが、オスカー事務所は破格の待遇があるようで、子役の本田望結さんも当時高待遇を受けている可能性があります。

オスカー事務所では、なんと給料のほかに、家賃やエステ代などは事務所が全額負担しているんだとか。

また事務所と本人が話し合い、必要と判断されたのものは事務所側が負担してくれているそうです。

そんな本田望結さんの年収を調べてみたところ、推定年収は約3,500万円!! ということでした!!

子役は一般的に女優より出演料などは安いのですが、今後この知名度を保ったまま本田望結さんが女優となれば、子役時代の数倍の収入を得ることも可能でしょう!

さらにオスカー事務所で高待遇を受け、様々な支援を事務所から受けているのであれば、わざわざ女優業を捨てて、フィギュアスケート1本に絞るという選択肢はなかなか厳しいものがあるかもしれませんね。

そして、この高い年収獲得こそ本田望結さんの兄弟達が安定したフィギュアスケート生活を送れる理由であり、本田望結さんが望んでか望まないでかはわかりませんが、フィギュアスケート1本に絞れない理由だと推測しています。





■本田望結の現在は?「太った」「ヤバい」の真相は?





2019年9月現在、本田望結さんは15歳になりました。

ところが現在の本田望結さんに「顔がパンパン」「太ってヤバい」と話題があがっているのです!

調べてみましたが・・

2019年5月11日の本田望結さん。顔がパンパン?いえ、全くですね!


2019年7月13日の本田望結さん。とっても可愛いですね!!


2019年6月17日。子役の鈴木福くんと。本田望結さん、可愛らしい!!


こうして、写真をみるとパンパンに太ったという事も全く無くて、身長も伸び、むしろ顔は幼い頃の丸い顔がスッと細身をおび、大人っぽくなったように感じます!

顔の形が丸顔なので、「太った」などと言われやすいのかもしれませんが、とてもシャープな顔だと思います。

そして、ますます美人になっていて、子役時代の面影がありませんね。



■まとめ





いかがでしたか?

15歳になり、ますます美人になってきた本田望結さん。

演技力もあり、女優としてもフィギュアスケーターとしてもとても将来のご活躍がますます楽しみです。

そして今後、女優であり続ける限り、年収はうなぎ上りかもしれませんね!

コメント