假屋崎省吾の年収は?どうしてあんなに奇才なの?!假屋崎省吾の母親こそ「成功」のキーパーソンだった?!噂の豪邸が凄すぎる!!


假屋崎省吾さんは才気溢れる華道家として世界展などの話題で知られている一方、多数のバラエティ番組でも大活躍中です!

そんな假屋崎省吾さんは、一体どれほどの年収があるのでしょうか??

気になる年収を徹底調査しました!!



■プロフィール







假屋崎省吾(かりやざき しょうご)さんは1958年12月17日生まれ、東京都出身です。

血液型はAB型です。

假屋崎省吾さんの父親は区役所勤務の公務員で、母親は元OLの専業主婦で実はごく一般的な家庭に生まれました。

幼い頃からとても内気だった假屋崎さんは図工や音楽、家庭科などが非常に得意で、家でよく絵を書いたり母親の料理を手伝ったりしていたと言います。

また運動がとても苦手だったということで、この頃から通常男の子が興味を示すものへの興味が無かったようです。

そして小学校に上がってから間もなく人生の転機が訪れます。

その頃、ご両親がされていた園芸に興味を持ち、見よう見まねで園芸を始めてみたところすぐにのめり込んでしまい、花の品種改良をする研究者を志すようになります。

大学入学時、テレビでやっていた生け花の講座を見た時に、生け花をやってみようと興味を持ち始めたようです。

早稲田大学を卒業後はアルバイトをしながら生け花に専念し、「草月工房」に入社します。

草月工房に入社してからは草月新人賞やディスプレイデザイン賞などの数々の賞を総なめにしていきます。

その後、草月流師範会理事や本部講師を歴任するなど、草月流で昇進を続け、1992年には独立を果たします。

現在は自らの主催する生け花教室での指導や個展開催、生け花での空間デザインなど、華道家兼フラワーアーティストとして第一線で活躍されています!

また、華道家にとどまらず、現在までタレント活動など幅広く活動されています!



■假屋崎省吾さんはどうしてあんなに奇才なの?!







假屋崎省吾さんのご両親は公務員、専業主婦といたって一般的な家庭で育っています。

実家は4畳半と6畳、トイレと台所、お風呂はなしといった小さな借家でした。

しかもご両親は非常に多趣味で、旅行や外食、音楽、映画鑑賞、美術館巡り、園芸などにお金を惜しまなかったようで、貯金はほとんどしていなかったそう。

父親は建築を学び、役所での担当も都市計画だったためか、旅行先も神社お城などの歴史的建造物を巡ることが多かったようです。

また母親はクラシック音楽好きで、家事をしながらシューベルトの曲を口ずさむほどの愛好家だったようです。

そこで假屋崎さんがピアノを習い始めると、4畳半の狭い部屋にすぐにピアノを用意してくれたのだそうです。

こういった芸術性の高い趣味を持ったご両親でしたので、假屋崎さんの芸術性的センス、美的感覚はご両親の賜物なのでしょう!



■假屋崎省吾の母親こそ「成功」のキーパーソンだった?!







ところが、假屋崎さんの父親は假屋崎さんが在学中に亡くなり、卒業後は母親と二人でカツカツの生活を送っていたそうです。

それでも卒業後はアルバイトをしながら生け花を続けていた假屋崎さんは、個展を開きたいと考え始めます。

お金がないと半ば諦めていたのですが、なんと母親が「これを使いなさい」と老後の蓄えを100万円出してくれたそうです。

そして、28歳で初個展を開き見事成功します。

以後、美術誌などから高い評価を受けた假屋崎さんは生け花を使った「空間デザイン」の仕事も次々と依頼されるようになります。

「生け花」で大成功を果たした假屋崎さんは母親への恩返しのために、念願の大豪邸を建てることにしましたが、引っ越し前日に母親は急逝されたそうです。

とても悲しいエピソードですが、母親は豪邸を建てれる程の華道家になられた假屋崎さんがさぞかし誇らしく嬉しかったことでしょう。

そしてもし、あの時母親の支援がなく初個展を開けなければ、假屋崎省吾さんは現在のようにはなっていなかったかもしれませんね!



■假屋崎省吾の年収や収入は?







さて、そんな假屋崎省吾さんですが、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

假屋崎さんの住む豪邸は、地下2階、地上3階建て、外装はベネチア風で内装はヨーロッパを基調に作られています。

周辺の坪単価は1500万円、90坪で13億5000万円で建物が4億円、計17億5000万円に諸経費入れて20億円だそうです!

華道家というのはそれほど儲かる仕事なのでしょうか?

ということで調べてみると假屋崎さんの推定年収は・・3億円超ということでした!!

華道家で成功するとこんなに儲かるんですね!



■假屋崎省吾の近況は?







假屋崎さんの腕前はすでに華道家の枠を超え「空間芸術」になっています。

皇室関係の式典や国内外の有名ホテル、外国大使館、世界の美術館やファッションショー、著名人の披露宴など、超VIP空間を華道を活かし空間デザインを施し、国内外から高い評価を受けています。

あまりの芸術センスの高さから仕事の幅はますます広がり様々な分野のでデザインも手がけています。

最近では棺桶や骨壷のデザインもしているそうで、こちらも人気があるそうですよ!

日本を誇る「華道家」假屋崎省吾さんは今後、どの域まで行き着くのでしょうか?

今後の活躍にも期待しています!

コメント