欅坂46平手友梨奈の年収は?どうしてこんなに人気があるの?芸能界に入った理由は「自分を変えるため」だった?!


アイドルグループ欅坂46の絶対的エースであり、不動のセンターである平手友梨奈さん。

人々を惹きつけて止まない圧巻のダンスの他にも女優として活躍するなど、今人気急上昇中です!



そんな平手友梨奈さんの気になる年収を徹底調査しました!!



■プロフィール







平手友梨奈さんは2001年6月25日生まれ、愛知県出身です。

バレエを5歳から始め12歳まで習い、ピアノは4歳から習っていました。

そして中学2年生の時、乃木坂46のファンの兄から勧められアイドル鳥居坂46(現在の欅坂46)の1期生オーディションに応募しました。

すると平手さんは応募総数2万2509人の中から約1000分の1の狭き門をくぐり抜け、見事合格!

お披露目時には1列目の真ん中だったということで、その時既にセンターの最有力候補だったようです!

2016年2月29日放送の欅坂46の番組「欅って、書けない?」にて、欅坂46のデビューシングルで平手さんのセンターポジションが発表され歓喜にわきました。

ところが、2018年1月12日、翌日実施予定の握手会&ミニライブ欠席を発表。

それ以降、ライブ欠席およびテレビ番組不在が続いてしまい、卒業疑惑が浮上します。

しかし7月7日、日本テレビ『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』にて約半年ぶりにテレビパフォーマンスを復帰。

翌8日、横浜アリーナで行われた「JUMP MUSIC FESTA」にて半年ぶりにステージ復帰も果たしました。

それも束の間、12月21日治療に専念のため一部活動休止を発表し、再び卒業疑惑が浮上。

アイドルとしての表舞台から一旦遠のきましたが、2019年1月15日「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞受賞や8thシングル「黒い羊」で再びセンターをこなし、平手さんは無事復活したようです!



■平手友梨奈はどうしてこんなに人気があるの?







さて、欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」や握手会など不在が続いているにも関わらず、平手さんの人気は全く衰えていません。

むしろ、そのミステリアスな雰囲気の平手さんに魅了される人が続出で、人気は増すばかりです。

芸能人では内村光良さん、八代目・市川染五郎さん、SEKAI NO OWARIのFukaseさん、広瀬すずさん、指原莉乃さんなど、平手ファンは数多くいます。

では平手さんはなぜここまで人気が高いのでしょうか?

その理由はやはり平手さんの抜群の表現力にあると思います。

平手さんは最年少ながらも楽曲の中の主人公の気持ちを見事なまでに表現する才能を持っています。その表現力の高さから1stシングルから2019年2月に発売された8thシングルまでの全てのセンターに抜擢されています。

センターに立つということは想像できないほどの重圧で、例えば欅坂46のキャプテン菅井友香さんは「てち(平手友梨奈)の凄さを何もわかっていなかった」と平手さんの代打センター経験後に語っています。

重圧に耐え続けなからも観るものに強烈な感情を与えるダンスをできる平手さん、人気が高いのも納得です!



■芸能界に入った理由は「自分を変えるため」だった?!







アイドル界トップの平手さんですが、実は人見知りで、人と話すことに対して苦手意識がとても強かったそうです。

平手さんが芸能界へ入るきっかけになった理由に、中学2年生の時に人見知りでクラスにも馴染めなくて留学も考えていたところ、たまたまテレビで見た乃木坂46の「制服のマネキン」でセンターを務める生駒里奈さんの表情と眼力の凄さに衝撃を受けたという話があります。

そこで、平手さんはアイドルになりたいというわけではなく、自分を変えるために芸能界に入ることを決めたそうです。

また、平手さんは後に「きっとしゃべれば気の合う人がいる、その人を見つけたいという気持ちもあって。最初の一歩は自分から踏み出さなきゃだなって思って」と語っています。

この事から、平手さんは中学時代は友人が少なかったのかな?と印象を受けます。

また、平手さんの過去の情報というのはほとんど出回っていないこともあり、実は「不登校」だったのでは?という説も出ています。

そんな過去を逆手に取って、平手さんは欅坂46に見事に合格して、今やセンターポジションで大活躍中です!

「自分を変える」というミッションは無事クリアできたようですね!



■平手友梨奈の年収や収入は?







さてそんな平手さんですが、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

グループでは連続センターに選ばれ、映画でも主演で活躍しているので、かなり稼いでいると思われます!!

ということで調べてみると、平手友梨奈さんの年収は・・なんと600万円ということでした!

この数字意外と少なくて驚く方も多いはずです。

実はアイドル運営というのはあらゆるビジネスの中でも儲かりにくいのが実情。

CDの製作費、会場代、ヘアメイク、衣裳代などなどコストがものすごくかかるそうです。

また欅坂46所属のソニーグループはお金にはシビアとも言われています。

なんと歌唱印税は売上の1%ほどしか入らないそうです。

ただ、欅坂46は発足して3年を迎えたこともあり、平手さんはこれだけグループの売上に貢献している中心的存在ですので、そろそろ乃木坂46の先輩のように年収2000万超えを実現できる日も近いかもしれませんね!



■平手友梨奈の近況は?







最近、平手さんは初主演映画「響 -HIBIKI-」で圧倒的な文才を持つ現役女子高生役を好演しました。

すると平手さんは女優デビューでありながら、2018年12月28日「第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞」で新人賞を獲得!

さらに2019年1月15日には「第42回日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞しました!

授賞式では西田敏行さんから「僕はあなたのお芝居が好き。心の中に青白い炎が萌えていた」と絶賛され話題になりました。

また欅坂46の8thシングル「黒い羊」のMVでは平手さんの名演が話題になり、ファンを始め各界から多くの評価を得ています。

アイドルとしても、また女優としても快進撃を続けている平手友梨奈さん。

17歳という年齢を考えても、まだまだ伸び代が沢山ありますので、今後はドラマやモデルなど多方面でも活躍してくれることを期待しています!



コメント