矢部浩之(ナインティナイン)の年収は?嫁・青木裕子との馴れ初めは??兄が“生みの親料”要求?!


お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当、矢部浩之さん!

お笑い界ではすでに不動の地位を築いておられます!

そんな矢部さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になるギャラを徹底調査しました!!



■プロフィール







矢部浩之さんは1971年10月23日 生まれ、大阪府出身です。

1990年、大阪府立茨木西高等学校卒業後、甲子園大学、花園大学、仏教大学、大阪経済法科大学を受験するも全て不合格。

大学進学を諦めた矢部さんが高校サッカー部の先輩岡村隆史さんを誘いナインティナインを結成しました。

1991年、吉本の若手コンビ6組で構成されるユニット「吉本印天然素材」に加わり東京進出。

1992年には第13回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞し、頭角を現しました。

程なくして、当時人気番組であった『ねるとん紅鯨団』の芸能人大会にコンビで出演した頃から人気・知名度が急上昇していきました!

東京本格進出1年目の1994年には『ナインティナインのオールナイトニッポン』『ぐるぐるナインティナイン』『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』と3つのレギュラーになり、1995年に『森田一義アワー 笑っていいとも!』のレギュラー、『めちゃ2モテたいッ!』が放送開始。

1996年に『めちゃ2イケてるッ!』が放送開始。

このうち、『ナイナイのオールナイト』『ぐるナイ』『めちゃイケ』の3番組については以後15年以上続くロングランの番組となっています。

そんな矢部浩之さん、プライベートも絶好調です!!



■嫁・青木裕子との馴れ初めは??







そんな矢部さん、プライベートでは2013年に元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子さんとゴールイン!!

二人の馴れ初めは、2008年にかけ数回放送されたテレビ特番『人生最大のサプライズ プロポーズ大作戦!』(TBS系)で青木さんと共演したこと。

そこで意識しだし、同番組のディレクターを介して連絡を取り合うようになり、ふたりで食事に行った際に矢部さんから交際を申し込んだそうです。

その時の様子について矢部さんは、

「僕が『付き合おうか』って。ただ、『ちょっと待ってください』ってなりました。でも、『今決めよう』って言ったら、返事をくれた。イチかバチかだった」

と語っていました。

結婚に踏み切った理由としては、

「僕は今まで“フラフラ病”があったけど、それをなくせばいいんだ、ぽんぽんいってしまったほうがいいんだ、と思ったから」

と明かしていました。

今では男の子2人も誕生!!幸せな家庭を築いておられます!!



■兄が“生みの親料”要求?!







そんな矢部浩之さんには、元お笑い芸人で現モデル事務所経営者であるお兄さんがいらっしゃいます。

お名前は、矢部美幸さん!

もともと、弟の浩之さんに先駆けてお笑いの道へ進んだ美幸さん。

ナインティナインの結成について

「僕が高校卒業後、吉本のNSCに行って芸人を目指した。それを見た弟が『お兄ちゃん、オレも漫才やるわ!』と、高校卒業後に「岡村さん誘って漫才やるわ!』とやったのが、ナインティナインになるわけです」

と経緯を説明していたことがありました。

さらに「僕がルーツですよね」と、“ナイナイ矢部”誕生の功績は自分にあるとアピール!!

「(自身がいなければ今のナイナイは)まあないでしょうね」と言い切っていました。

芸能界のトップクラスまで登り詰めた弟はセレブな生活をしているわけですが、この点についても

「弟が六本木に住んでるんですよ。やれロレックス、ベンツ、おまけに、嫁が女子のアナウンサー、『はぁ!?』ですよ」

と、弟ばかりが欲しいものを手に入れたことが不満な様子だったそうです。

そのため「もともとね、ルーツは僕なんですよ」と念押しし、「“生みの親料”というのをね、2%くらいでいいんで、毎月もらえないか」と希望を語っていました!

う~ん、お兄さんもなかなかユニークで一筋縄ではいかない感じの方のようですね!!



■矢部浩之の年収や収入は?







さて、では矢部浩之さんは一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

現在、コンビではテレビ番組『ぐるぐるナインティナイン』(23年9ヶ月)という長寿番組のレギュラーを持っています。

他にもスペシャル番組などにも頻繁に出演しています。

また矢部さんピンで、バラエティ番組に出演することも多いですよね!

ということで調べてみると矢部浩之さんの年収は・・なんと3億7,000万円ということでした!

現在の活躍ぶりから考えれば納得の数字でしょうか・・?!



■矢部浩之の近況は?







そんな矢部さんですが、実はお父さんのダメエピソードが多くて有名!!

お父さんは、知人の保証人になりまくったせいで借金を背負い、おまけに本人は働きたくないために詐病を使っていたことがあったそうです。

そのため結果的に矢部家は貧乏になり、岡村さんから「弁当のおかずが毎日同じで卵焼きと赤いソーセージだった」「水に砂糖と生姜を溶かした特製ジンジャーエールを喜んで飲んでいた」と暴露されるなど、比較的裕福な家庭で育った岡村さんにとって衝撃的な生活を送っていたそうです。

矢部さんが芸人で売れてもまだ貧乏であったため、よくお金を要求するファックスや留守電が実家から矢部さんに送られてきたそうですよ!

なかなかお父さんも強烈なキャラを持っておられるようですね!

努力して現在の地位を手に入れてきた努力家の矢部浩之さん!

これからもますます頑張って活躍してほしいですよね!!



コメント