松坂桃李の年収は?GReeeeNの名作誕生秘話では歌声を披露?!『娼年』での究極の濡れ場は必見?!


丹精な美男子で、最近はより多彩な役柄に向き合い進化を続けている松坂桃李さん!

若手の中でも、演技派の実力派俳優の一人でしょう。

そんな松坂桃李さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??気になるギャラを徹底調査しました!!



■プロフィール







松坂桃李さんは1988年10月17日生まれ、神川県茅ケ崎市出身です。

「桃李」の名前は、中国の歴史家司馬遷の『史記』に書かれた言葉および中国の故事「桜梅桃李」の2つの由来があるそうです。

2008年、友達に誘われて応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞。

雑誌『FINEBOYS』専属モデルで芸能活動を開始しました。

2009年に、「スーパー戦隊シリーズ」第33作『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビュー。

同時にテレビドラマ初主演を飾りました。

2010年4月から2011年3月まで、『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』にレギュラー出演、バラエティ番組のレギュラー初出演を果たしました。

また、2011年公開の映画『アントキノイノチ』、『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

演技派俳優へのキャリアを着実に積んでいます。

最近では、枠にとらわれない役にも挑戦し、演技の幅と深みが増しているようです!



■GReeeeNの名作誕生秘話では歌声を披露?!







そんな松坂さん、2017年に公開された、人気ボーカルグループ・GReeeeNの名曲「キセキ」誕生秘話を描いた映画『キセキ ―あの日のソビト―』では、ジン(GReeeeNのプロデューサーJIN)役を演じ、劇中では歌声も披露しました!

今まで歌う芝居はNGにしていたぐらい歌が苦手だったという松坂さん!

それでも。ジンがステージで歌うシーンはすごく様になっていました。

これについて松坂さんは

「今作のお話をいただいたときに「ジンはプロデューサー役なので」と聞いてお受けしたんです。準備稿には歌うシーンが無かったはずなのに、決定稿を読んだらハイスピードのライブシーンが追加されていて驚きました(笑)。

でも劇中で歌うのは今作が最初で最後かもしれません(笑)。」

と語っていました。

もしかしたら超レアものになるかもしれない松坂さんの歌唱シーン!

これは永久保存版かもしれませんね!



■『娼年』での究極の濡れ場は必見?!







このようにどんどん進化を遂げる松坂さんですが、2018年公開の映画『娼年』ではついに濡れ場に挑戦!

役者が一糸まとわぬ姿で演じる激しい性描写が話題となった舞台版に続き、松坂さんが再び主役を演じ全裸で激しい濡れ場に体当たりで挑んだことで話題になりました。

映画が始まっていきなりの激しい濡れ場に、度肝を抜かれる本作。

過去にあった同じ様な映画なら、性描写の一番激しい部分や、かっこ悪い部分を省略して、事が終わった後のベッドの中の二人の描写に切り替えるなど、もっとイージーな内容になっていたはず。

ところが本作では、原作小説のイメージをこれでもかと膨らませ、観客に対して「濡れ場の千本ノック」を挑んで来るのです!!

松坂さんの男女を問わない濡れ場への挑戦は大きな見どころとなっています!

これは見ないという手はありませんよね!!



■松坂桃李の年収や収入は?







さてそんな松坂桃李さんは、一体どれほどの年収を稼いでいるのでしょうか??

テレビドラマや映画への出演は途切れることがありません。

さらに、CMや舞台などでも活躍しています!

ということで調べてみると松坂桃李さんの年収は・・5,000万円ということでした!

一つ一つの役を大切に演じていく松坂さん。

自分のペースを大切に仕事されているのでしょうね!!



■松坂桃李の近況は?







そんな松坂さんですが、なんと友達がとても少ないんだそうです!

意外ですよね~

そのため1人で映画館やカラオケ、焼肉を食べに行くことも全く抵抗はないそうです。

さらにそのような性格のためか、漫画を読むのも大きな趣味!

何と言っても大の『ONE PIECE』ファンだそうで、他にも『SLAM DUNK』も好きで、その影響を受けて中学時代はバスケ部に入っていたそうです!

外見からだけでは分からない奥深さを感じますね~!!

あらゆる世代の人を惹きつけてやまない松坂桃李さん!

これからも、さらに活躍の場を広げて輝き続けてほしいですね!!



コメント